とうとう学校給食法が「食育」イデオロギーの装置へと

■おそかれはやかれ、こうなるとはおもっていたが、やっぱりでました「学校給食法」の改訂問題。■「「早寝、早起き、朝ごはん」?〔『おそい・はやい・ひくい・たかい』〕」の続編。■とりあえずは、『中日新聞』紙面にのった共同通信の記事。 

「食育」重視へ目的転換 
学校給食法初の大改正へ
『中日新聞』2007年11月25日 17時08分

 小中学校で実施されている給食をめぐり、文部科学省が主要目的を従来の「栄養改善」から食の大切さや文化、栄養のバランスなどを学ぶ「食育」に転換する方針を固めたことが25日、分かった。目的の転換やこれに沿った栄養教員の役割などを盛り込んだ学校給食法の改正案を、早ければ来年の通常国会に提出するとしている。

 学校給食法の大幅な改正は1954年の施行以来初。当初は戦後の食糧難を背景に不足しがちな栄養を給食で補うことを主目的としたが、食糧事情が改善された上、子どもの食生活の乱れが指摘され2005年に「食育基本法」も成立し、学校給食法も実態に合った内容にする必要があると判断したとみられる。

 改正では、目的に関し教科外の「特別活動」とされている給食を、子どもの栄養補給の場とするだけでなく、食材の生産者や生産過程、流通や食文化などを学ぶ場と明確に位置付ける。


(共同)
続きを読む

「終身刑」再考

■トラックバック(といっても、無関係な記事へだが)がとどいた『無期懲役刑に関する誤解の蔓延を防止するためのブログのホームページ』。■主張を位置づけるために、とりあえずウィキペディアの「終身刑」を転載〔一部リンク割愛〕

終身刑
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2007年8月20日 (月) 14:54; 221.185.246.174 (会話) による版
(差分) ←前の版 | 最新版を表示 (差分) | 次の版→ (差分)

終身刑しゅうしんけい)とは、刑の満期が存在せず、受刑者が死亡するまで刑の執行が続く刑罰である。無期刑と呼称されることもある。刑種には、懲役禁固がある。

……

概説
終身刑には、仮釈放("parole")の可能性のあるタイプと仮釈放の可能性のないタイプがある。ただし、日本においては、仮釈放のないタイプのみが終身刑と呼称されることが多い。
続きを読む

先行者にして継承者としての教育者(内田樹氏の教育哲学)2

■前便の補足的なことをいくつか。

■こういった師匠自体が自己変革(OSバージョンアップ)過程で、過去の師匠群のあとおいをしているという物語=教育的関係の制度化は、やはりエリート的な空間にかぎられるとおもわれる。■「試行錯誤過程と整理」でのべたこととかさねるなら、あらたな山頂をめざし、最短ルートをほどなく発見する能力を次第に水準としてあげていくといった、「達成感の水準上昇」は、それほど大衆的には成立しえないだろう。■とりわけ、「正答」があらかじめ確定しているパズルにだけ終始しようといった、公教育にありがちな教員層(「科学」や「学問」とは無縁な)が、うえにあげたような達成感・感動を あたえられるはずがなかろう。■それは、レベルのひくいゲーム(パズル)に プレイヤーが早晩あきてしまって、OSのバージョンアップといった次元の向上などがありえないと同質である。■こういったことが可能なのは、公教育空間や予備校などでは例外的な名人芸でしかなく、大学院あたりなら、少々あたりまえになるといったところではないか?
■「正答」があらかじめわかっていない、「最適ルートを自力でさがしだす、再帰的なゲーム」「最適ルートが局面によってかわりうるという意味で、複数の最適ルートをさぐる探検ゲーム」のような創造的な空間でだけ成立するものだからである。
続きを読む
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ