郷田マモラ「モリのアサガオ」(読書ノート補遺1

■ほかにネタがないんではないけど、ここのところかいたことをふりかえると、補足が必要におもえたので、数件追記することにする(分量的に、きょうのわくには、おさまらないかもしれないから、そのときは、あすにもちこす予定)。

■死刑制度の是非については、『アクション』というコミック誌に、郷田マモラ「モリのアサガオ」という作品が連載中であるとわかった。■そのうち一部が単行本化されていて、書評が何点かでている。そのうちの3つを紹介。

続きを読む

岡本浩一『権威主義の正体』(読書ノート3)

■きのうの2冊をよみおわれていないにもかかわらず、つぎの本数冊に手をだす。そのひとつは、岡本浩一 『権威主義の正体』PHP新書)。Amazonの書評でも、なかなか好評のようだ。それにしても、この先生、実用書たくさんかいてるね。ちょっとあやしげ(失礼。笑)。   続きを読む

森岡正博/荷宮和子新刊(読書ノートその2)

■きのうにつづいて、なかなかかんがえさせる本の紹介で、お茶をにごすことにする。■「いつかこのヘンのことをかく勇気ある人物がいるんじゃないか」と、ふんではいたが、「おお、とうとう、やりましたか?」と、いう2冊(まだ、よみきれていないが)である。 続きを読む
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

haranatakamasa

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ