2005年02月

死刑制度について(その1)

NIKKEI NET:社会ニュース(2002/02/20)から

死刑「やむを得ない」、最高の81%・内閣府世論調査
 
続きを読む

殺人ほか、少年犯罪周辺追記

■内閣府調査で、死刑制度容認8割強というデータがでたとのことで(『朝日新聞』2005/02/20朝刊面)、きょうからは、死刑制度に議論をうつそうかなとおもったが、きのうの続報をもうちょっとひっぱることにする。  続きを読む

わかものの「殺人率」

■先週は、基本的に教育問題を論じてしまったが、はなしのでだしは、少年犯罪というリスクだった。■そこでは、?「少年犯罪の凶悪化・激増化・低年齢化」という三題ばなしが悪質な神話であること。?ぞっとするような凶悪犯罪は数十年まえもかなりあったこと、?ここ20年ぐらいは、少年やわかい男性による凶悪事件は非常にすくないこと、?神話を一所懸命強化しているメディア、神話の虚像性にきづきながら放置しているらしい法務・警察当局の姿勢などについて、指摘した(ましこ・ひでのり『あたらしい自画像』三元社2005年)。 続きを読む

財源の配分原理からかんがえる教育政策

■教育について連続してかきすぎたので、これで一応くぎりをおくことにする。■今回は教育政策について整理したい。
続きを読む

学力低下問題(その2)

■教育についてばかりかく意思はなかったのだが、いきおいでつづけることにする。
■世でいう「学力低下」について、つねづね疑問におもっていることがある。それは、「低下」したことが、そんなにタイヘンな事態なのかという点である。 
続きを読む
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

haranatakamasa

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ