2006年05月

こうの史代『夕凪の街 桜の国』2

こうの史代『夕凪の街 桜の国』の紹介を先日したが、もう少々補足しておく。
■このマンガは、被爆者および被爆2世の心象風景をえがいた作品にはとどまらない射程があるという点だ。■たとえば、被爆後10年後がえがかれる「夕凪の街」の主人公平野皆実のモノローグだけでも、あきらかな反戦文学の本質をもつ。高名な長編マンガ『はだしのゲン』のような大河ドラマではなく、小品ではあるが。
続きを読む

カタカナ語の語尾長音記号の有無

Wikipedia エレベーター」から一部転載。

表記について
この機器は、「エレベーター」と表記されたり「エレベータ」と表記されたり、表記が一貫していないが、JIS(日本工業規格)では「エレベータ」と表記している。

JISでは
JIS の中には、用語や記述記号についての定めもある。

一般には、外来語で、英語の語尾が「-er」「-or」「-ar」の場合、長音符号で表記する。従って「エレベーター」となる。しかし、JISでは、学術用語や別の規格がある場合はそれに従うが、それ以外の場合、その言葉が3音以上であれば、長音符号を省くのが原則となっている。従って、JISでは、エレベーターを「エレベータ」と表記するのである。 これらは、どちらが正しくてどちらが誤りというわけではない。但し、製造メーカーでは、JISにより「エレベータ」と表記することが多いようである。

同様のことは「エスカレーター」「プリンター」など、多くの単語に見られる。
続きを読む

転載:監視カメラの功罪(その3)=よく分かる!!廃棄物問題(第39号)

先日紹介した 元産廃Gメンの行政書士、尾上雅典(おのえ まさのり)氏のメールマガジンの最新号を転載【冒頭部の口上、省略】。
■産廃処理の巨視的・微視的状況が、非常によくわかる解説。

【シリーズ転載】「転載:監視カメラの功罪(よく分かる!! 廃棄物問題 第37号)
(その2)=よく分かる!!廃棄物問題(第38号)
_________________________

よく分かる!!廃棄物問題(第39号) 2006.5.25 発行
_______________________
続きを読む

転載:名護市長に公開質問状=比嘉康文の沖縄通信

■毎度、たよりにしているインターネット新聞『JANJAN』から、「比嘉康文の沖縄通信 」の最新号を転載。

名護市長に公開質問状 新沿岸案合意は「選挙公約違反」  2006/05/27

--------------------------------------
 米海兵隊基地・普天間飛行場の代替施設として、島袋吉和(しまぶくろ よしかず)名護市長と額賀福志郎防衛庁長官が新沿岸案で基本合意したことに対して名護市内の市民団体「ティダの会」は24日午後、名護市役所を訪れ、島袋市長に選挙公約や市政方針演説と基本合意との整合性などをただす公開質問状を提出した。

 公開質問状の提出で名護市役所を訪れたのは「ティダの会」共同代表の大城敬人(おおしろ よしたみ)さんや喜屋武治樹(きゃん はるき)さんら25人。市長の代わりに応対したのは末松文信助役。質問状提出後に辺野古で10年間にわたって座り込みを続けている島袋ヨシさん、宮城清子さん、島袋文子さんの3人のお年寄りたちが発言し、市長の合意について反対を表明すると共に住民への直接の説明を求めた。
続きを読む

転載:“水俣”から始まる持続可能な社会と第二のチッソ

■ここのところの、水俣シリーズの一環。■先日のインターネット新聞『JANJAN』からの転載。■ハラナが、おせっかいなリンクを補足してある。■末尾の「関連記事」の質がたかい。

“水俣”から始まる持続可能な社会と第二のチッソ 
?BeGood Cafe Tokyo『水俣病公式確認50年』(2006/05/24)


 5月21日、BeGood Cafe Tokyo Vol.89『水俣病公式確認50年』(主催:NPO法人 ビーグッドカフェ・特別協力:NPO法人水俣フォーラム・協力:ASADA(Airlab))が東京代官山のボール・ルームで開かれた。

 このBeGood Cafeは「素敵ないいことを始めよう」をテーマに「みんなと語るカフェ」であり、1999年から毎月1回開催されているカフェ型サロンの草分である。
 全国各地で行われているBeGood Cafeは持続可能性をメインテーマとしており、今回のBeGood Cafe Tokyoは『水俣病公式確認50年』をテーマに行われた。
続きを読む
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

haranatakamasa

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ