2007年03月

東電「78年事故は臨界」 福島第一原発(河北新報)

■「福島原発臨界 日誌異常記載なし 東電、隠ぺい調査(河北新報)」の続報。 

東電「78年事故は臨界」 福島第一原発
2007年03月30日金曜日
 電力不正総点検を進めてきた東京電力は30日、福島第一原発3号機で1978年に起きたトラブルについて「原子炉は臨界状態だった」との見解をまとめた。さらに同原発で新たに84年の緊急停止隠しと98年の制御棒トラブルを確認、これらを含む調査結果を同日午後、国に報告する。

 原発で臨界事故が起きていたことが確認されたのは北陸電力志賀原発(石川県)に続いて2件目となる。さらに緊急停止の隠ぺいは、東電福島第二原発1号機、同柏崎刈羽原発1号機(新潟県)、東北電力女川原発1号機(宮城県)に続き4件目となった。

 東電によると、緊急停止を隠していたのは福島第一2号機。84年に原子炉の起動準備中に炉内の中性子量が増大し、原子炉が一時的に、核分裂反応が続く臨界状態になったため、緊急停止信号が出たとみられる。周辺環境や作業員に影響はなかったとしている。このトラブルについて、国には報告していなかった。

 報告ではこのほか、98年に福島第一4号機で、制御棒34本がそれぞれわずかに抜けたトラブルも報告している。臨界には達しなかったという。
続きを読む

能登半島地震で断層次々発見(朝日)=志賀原発運転停止命令はでたが8

■「原発は容易に確認できる活断層から充分はなれて立地?=志賀原発運転停止命令はでたが7」の続編。


能登半島地震で断層次々発見


2007年03月28日20時56分
 能登半島地震で動いた断層の一部を、金沢大学、東京大地震研究所、独立行政法人産業技術総合研究所活断層研究センターが28日までに、それぞれ確認した。最も被害の大きかった石川県輪島市門前町の4カ所で見つかり、本震を起こした断層との関係はまだはっきりしないが、今回の地震と関連する断層が地表で確認されたのは初めて。
img20070331.bmp 金沢大の石渡明教授(地質学)が見つけた断層は、門前町の中野屋地区と近くの安代原地区の2カ所。中野屋地区では道路を斜めに横切るようにひび割れが入り、約8センチの横ずれがあった。同地区の南西約1キロの安代原地区の道路表面でも約5センチの横ずれがみられた。





石川県輪島市門前町道下地区の近くで、断層と
見られるひび割れが、川を横断するように見つかった
  続きを読む

第2回 第2次・先住民族の国際10年記念ワークショップ

■「転送:先住民族研究・支援活動における責任と義務」で紹介したもよおしの1年ぶりの続編。
■以下、転載する。

*************************************************
第2回 第2次・先住民族の国際10年記念ワークショップ
「日本」から先住民族を問い直す
*************************************************

2004年の国連総会は、2005年1月から2014年12月を「第2次・世界の先住民族の国際10年」とする決議を採択しました。これからの10年では、こうした研究者や支援者の拡大によって、世界の先住民族をめぐる状況を確実に前進させていくことが重要です。しかし、多くの場合、部外者である研究者や支援者は、どうすれば権利の促進に貢献できるのでしょうか。
本ワークショップでは、先住民族について学ぶ学生や、先住民族を支援するNGO活動にこれから参加したいと思っている人を対象として、国連人権システムと先住民族の権利保障の視点から先住民族問題の基礎を学びます。そして、「アイヌ文化振興法」成立10周年を迎える2007年の日本社会に住むわたしたちにとって先住民族問題がもつ意味を、アイヌ民族、政府開発援助(ODA)、琉球/沖縄民族といった多様な切り口から参加者全員で討論していきます。みなさまのご参加をお待ちしています。

<日時> 2007年3月31日(土)午後14時?午後17時(終了後懇親会あり*)
4月1日(日)午前10時?午後15時30分
<場所> 大阪経済法科大学 東京麻布台セミナーハウス
  (アジア太平洋研究センター)
     〒106-0041 東京都港区麻布台1?11?5
        TEL:03?5545-7789
http://www.keiho-u.ac.jp/research/asia-pacific/access.html

※東京メトロ神谷町駅より徒歩5分
      都営地下鉄赤羽橋駅より徒歩15分

<参加費・資料代>1500円(2日分)(*懇親会は別料金・1人1000円程度を予定)
続きを読む

安倍首相のおひざもと「あるかぽーと」問題が全国区ネタにならないのは?

■「安倍っちは、「相関図」の周辺=おひざもとから倒壊か」と、威勢のよいことをかいたが、12月上旬から、一連の下関ネタをふってきたのに、全然全国紙などのキャンペーンなどにのらない。■もちろん、この日記の「宿題」と化している、「従軍慰安婦」問題やら、松岡センセーほか多数の失言大臣ならの続出で、選挙区の話題なんぞ、ザコという位置づけなのかもしれない。■しかし、国際化した「従軍慰安婦」の軍の関与の否定問題はともかくとして、噴出した閣僚スキャンダルなんぞよりも、いわゆる「相関図」のヘリの方に位置する下関スキャンダルの方がずっとネッコは深刻なはず。

■ま、とりあえず、「下関市議会が「あるかぽーと」売却案を否決」で、現況をおってほしい。■「下関「あるかぽーと」用地売却問題は安倍首相に飛び火する可能性も」って、ハラナもかんがえていたが、一向に、全国紙などがうごかない。■週刊誌は、うごいているのにね。ここには、アパ問題同様、メディアが「かなしばり」にあっているって気配が感じられてならない。  
続きを読む

町長後継者いまだゼロ 「大物」との比較嫌う? 福島・矢祭(河北新報・福島版)

■「矢祭町(取捨選択版Wikipedia)」の続編。

町長後継者いまだゼロ 「大物」との比較嫌う? 
福島・矢祭


退任宣言撤回を迫る町議会に対し、「出処進退は
さわやかにしたい」と決意を語る根本良一福島県矢祭町長
7c490217.jpg
 
 「合併しない宣言」で知られる福島県矢祭町の根本良一町長(69)が、14日の定例町議会で7選不出馬を表明してから2週間が経過した。町長選の告示が来月17日に迫る中、次期町長に名乗りを上げる陣営はまだ現れない。カリスマ町長の手腕に町民が安住し、後継者を育ててこなかったツケとも言えるが、町内外から「行財政改革のトップをひた走る町の行く末はどうなるのか」と案じる声が上がっている。(白河支局・野村哲郎)
続きを読む
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

haranatakamasa

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ