2007年07月

「集団自決」修正/全国地理研も決議(沖縄タイムス)=検閲機関としての文部科学省15

■前便・前々便の関連記事。■「検閲機関としての文部科学省」シリーズの一環。前回は「慙愧に耐えない(なごなぐ雑記)=検閲機関としての文部科学省13

2007年7月30日(月) 朝刊23面

「集団自決」修正/全国地理研も決議
 地理教育研究会は二十八日、石川県金沢市で行った第四十六回全国大会で「沖縄戦の教科書記述に対する不当な検定の撤回を要求する決議」を了承した。同会は全国の小・中・高校・大学の地理教育研究者が参加している。
 決議は、高校歴史教科書の沖縄戦記述から「集団自決(強制集団死)」への軍関与が削除されたことを、「歴史的事実の抹消」と糾弾。四月以降の、県内全市町村議会や県議会の二回にわたる検定撤回を求める決議にも触れ、速やかな検定結果の撤回を求め、住民虐殺・「集団自決」記述の恒常化を要求している。

 大阪地裁で行われている岩波・大江裁判にも言及し、九月十日、渡嘉敷の「集団自決」生存者・金城重明氏の証言のために福岡高裁那覇支部で開かれる出張法廷の審理を公開するよう大阪地裁に求めている。

 決議は文科省や大阪地裁などに送付する予定。

--------------------------------------------
■せっかくだけど、表題は、少々まずいとおもう。■石川県で第46回全国大会をひらいたのは、「地理教育研究会(地教研)」であって、「全国地理教育研究会」とは、別組織のはず。
続きを読む

糸数氏圧勝 返り咲き/参院選(沖縄タイムス)

■前便続報。『沖縄タイムス』から詳報。まずは1面から。

2007年7月30日(月) 朝刊1面

糸数氏圧勝 返り咲き/参院選
 参院選沖縄選挙区(改選一)は二十九日投票され、即日開票の結果、野党統一候補で無所属の元職、糸数慶子氏(59)=社民、社大、共産、民主、国民新党推薦=が全県選挙で最高得票となる三十七万六千四百六十票を獲得。自民公認で前職の西銘順志郎氏(57)=公明推薦=に十二万七千三百二十四票の大差で返り咲きを果たした。
 糸数氏は、年金問題や歴史教科書検定問題などで安倍政権批判を展開し、「沖縄から政治を変えよう」と与野党逆転を訴え、「平和の一議席」を奪還した。

 西銘氏は六年間の実績を訴えながら「自立への一議席」を掲げ、県政・国政との連携をアピールしたが、年金問題などの「逆風」で苦戦を強いられ、二期目の鬼門を突破できなかった。県知事選、参院補選を連勝した自公態勢にとっては手痛い敗北で、国政与党の退潮の影響を受け、県内政局が流動化する可能性も出てきた。
続きを読む

糸数氏が2度目の当選、自民現職・西銘氏下す…沖縄(読売)

■昨年の沖縄県知事選で現知事にやぶれた糸数さんが、参議院選挙でかえりざいた。■まずは、全国紙『読売』『朝日』両紙の報道を。

糸数氏が2度目の当選、
自民現職・西銘氏下す…沖縄

 沖縄選挙区(改選定数1)では、前参院議員の糸数慶子氏(59)(無所属=民主・共産・社民・国民新推薦)が、現職の西銘順志郎氏(57)(自民=公明推薦)を破り、2度目の当選を果たした。

 糸数氏は、米海兵隊普天間飛行場の県内移設反対を訴えたほか、年金記録漏れ問題などで与党批判を展開。この3年で全県選挙が3度目という知名度の高さに加え、文部科学省が沖縄戦での集団自決の記述を修正した教科書検定問題も追い風となり、昨年11月の知事選、今年4月の参院補選と続いた野党候補の連敗に歯止めをかけた。

 西銘氏は、経済界や仲井真弘多知事の全面的な支援を受け、徹底した組織選挙を展開したが、1期目の実績のアピールが最後まで浸透せず、与党への逆風も克服できなかった。


(2007年7月29日21時24分 読売新聞)


野党推薦の糸数慶子氏が当選 
沖縄選挙区

2007年07月30日00時44分

 沖縄選挙区で野党が推す無所属元職の糸数慶子氏(59)が、自民前職の西銘順志郎氏(57)を退け、当選した。

当選を確実にし、カチャーシーを踊って喜ぶ
糸数慶子氏=29日午後9時8分、那覇市で
148fa014.jpg

 糸数氏は沖縄社会大衆党副委員長。県議から転じて04年の参院選で当選したが、06年の沖縄県知事選に出馬して落選した。今回は民主、共産、社民、国民新の各党の推薦を得て、各党支持層への浸透を図った。

 沖縄戦での住民の集団自決を巡る記述から「日本軍の強制」が削られた教科書検定に関しては、反対の立場だった。

続きを読む

運用上「ザル」だろう選挙管理

■ひっこしてから はじめての国政選挙。当然、投票所がかわる。■当然、各選挙管理委員会の運用面での配慮・気合の差がわかる。

■ハラナの現在の居住地ちかく
(南関東郊外住宅地)の小学校が会場だったが、やる気のなさが、各所に…。
■会場の係員のひとびとの愛想がいいのは、とてもよい。■しかし、「投票所」という掲示があまりに地味。警備員や誘導係にあたる要員も配置されていない。■弱視など、めがわるいひとびとは、投票をすませてかえるひとたちに、こえでもかけないかぎり、たどりつけないだろう。とりわけ、日没後はね。
■もっともおどろいたのは、「案内状」となづけられた有権者の個人証明証にあたる紙片のあつかい。■「○○さんですね」という確認のこえをかけるだけ。免許証をださせるとか、生年月日をいわせるといった本人確認を事実上しないも同然。■これでは、これらが「うりかい」されるなど選挙違反を誘発するようなものだろう。
■地域によっては、さまざまな手法によって、実質的に地域の住民が「謀反」をおこせないよう、実質的な非「秘密選挙」=反「自由投票」になっていることが、なかば公然とかたられる地域もあるときく。■ハラナの現住所ちかくが、そうではないだろうとはおもうが、選挙管理には、もう少々緊迫感というか、不正をゆるさない気迫と制度が不可欠だとおもう。

安倍首相パロディ画像集(なごなぐ雑記)

08154fc8.jpg
■前便「コミュニケーションが…若者8割「安倍退陣」望む(ZAKZAK)」の続編。
■毎度おなじみ『なごなぐ雑記』の秀逸なパロディ画像を転載。

Lame Duckアベに引導を!投票に行こう!」→

■これらは、みな参議院選挙がおわっても、そして安倍政権がおわっても、半永久的に歴史的資料となるははずだ。

「誰が首相に相応しいか」問うたのはアベシンゾウ、あなただ。
846f7581.jpg


主権は国民!さらばKY。
756a7a02.gif


アベ政権による“自爆テロ”=詭弁考(追記あり)
4af25d98.jpg
続きを読む
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

haranatakamasa

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ