2007年10月

驚愕! 防衛省からの回答 ?「駆け付け警護」発言について?(鳥居正宏のときどきLOGOS)

■『鳥居正宏のときどきLOGOS』のすごい記事を、一部転載。

驚愕! 防衛省からの回答
?「駆け付け警護」発言について?」


以下が、佐藤正久氏による「駆け付け警護」発言についての、防衛省としての見解を示した、防衛省からの返信の内容です(原文そのままの転載です。ただし私のメールアドレスだけは伏せています)。


------------(ここからが防衛省からの返信)------------
Subject: RE: 元イラク先遣隊長・佐藤正久氏の発言について(伺い)
Date: Thu, 18 Oct 2007 17:58:25 +0900
From: イラク関連 メール
<infoiraq@mod.go.jp>
To: Masahiro Thorii <**************>


防衛省 広報課です。



佐藤参議院議員の発言につきましては報道された
範囲において承知しておりますが、当該発言は
佐藤議員個人の思いを述べたものと理解しております。


なお、「自衛隊の部隊が法令を遵守して活動すべきことは
当然のこと」との答弁につきましては、特段異論ありません。


=======================
  Ministry of Defense Public Affairs Dev.
      防衛省大臣官房広報課
    Mail : infomod@mod.go.jp
=======================


------------(ここまでが防衛省からの返信)------------
続きを読む

政商 山田洋行と ズブズブ防衛省

山田洋行1億円引き出し 
米国子会社元社長が関与

2007年10月27日08時01分(asahi.com)

 軍需専門商社「山田洋行」(東京都港区)の元専務(69)が昨年、子会社の米国法人から約1億円を不正に引き出した疑いが持たれている問題で、子会社の元社長(70)がこの引き出しに関与していたことが関係者の話でわかった。元社長は、訪米した防衛省関係者らへの接待で中心的な役割を果たしていたとされる。この子会社が、山田洋行本社と同様に役員報酬名目で捻出(ねんしゅつ)した裏金数億円を接待費などに使っていた疑いも新たに浮上した。

山田洋行米国子会社をめぐる資金の流れ
313727ee.jpg
 元専務が約1億円を不正に引き出した疑いが強まったとして東京地検特捜部は、元専務らを業務上横領などの容疑で立件する方針で調べている。この1億円のうち少なくとも約3000万円を他に流用した疑いも持たれている。この元専務は、前防衛事務次官の守屋武昌氏(63)に自衛隊員倫理規程に違反するゴルフなどの接待を繰り返していたことが判明している。
続きを読む

「農林水産省東海農政局に対する回答書の提出」(赤福)

■しにせ和菓子屋赤福の「消費期限及び製造日、原材料表示偽装事件」については、2007年10月18付けニュースリリースとして「「農林水産省東海農政局に対する回答書の提出」について」という文書が公開されている。■ここには、赤福という企業の体質が、「かたるにおちる」かたちで露呈している。



2. 名阪便での回収品の冷凍保管について
(事実認否)
 社内調査の結果、名阪便において、名古屋営業所に回収した店頭売れ残り当日商品を、店頭に出さず配送車内に残った商品とともに、冷凍保管の上、「まき直し」を行っていた事実が判明いたしました。
 本来、同ルートにおいては、店頭に出さず配送車内に残った商品については、名古屋営業所の冷凍庫で保管すること。既に店頭にならべた商品の内で余剰商品に関しては名古屋方面の売店へ再配送を行うこと。最終的に店頭で売れ残った商品に関しましては本社工場で処理・処分を行うことになっておりました。(本社工場に持ち帰った残品の処理・処分方法は3項で述べます。)
 しかしながら、現場においては、配送員に出荷商品と未出荷商品の区分をするよう指示がなされておらず、店頭売れ残り当日商品も冷凍保管されることが行われておりました。
続きを読む

ようやく2000本に到達

■以前もかいたとおり、この日記をかきはじめて ほぼ1年間は、毎日1本ずつ新記事をかいて更新し、その後、日産2?3本ペースがつづいてきた。■そして、とうとう この記事で2000本に達することがわかった。
■記事のとおし番号は、すでに2100番台に達していたが、なにぶん休眠記事がたくさんあって、とおし番号と公開された記事数とにはズレがあった。「いずれ2000をこえる記事をかくだろう」との予想は、そのとおりになった。■また、「1000日≒2年9か月という蓄積が、みえてきた」ともかいたが、それも来月なかばにせまった。

■「カテゴリアーカイブ」のなかには、休眠中で、長期間ほとんどふえていない分類もあるが、10本に達していないのは、「この日記について」だけなので、おおくの分野は、それなりの分量が蓄積されたとおもう。さすがに2000本あれば、それなりの本数と分野になるものだ。特に200本をこえた分野が3つもあるのは、満足できる。■ま、ちょっと記事ごとの連携がいまひとつで、とりわけ、複数の要素をかかえた記事同士が 別個の分類にはいってしまって 相互の関連がわかりづらいとか、少々問題もある。■だから、すくなくとも シリーズ記事は、過去記事をリンクするようにこころがけている。しかし、カテゴリーは、やっかいだ。
続きを読む

浜岡原発差し止め認めず 静岡地裁判決(静岡新聞)

「志賀原発」については、比較的まともな判決がでたので、「柏崎刈羽原発」の騒動もあったし、さすがに ながれがかわるんじゃないかとおもったら、さにあらず。

浜岡原発差し止め認めず 
静岡地裁判決
2007/10/26

「不当判決」と書かれた幕を手に飛び出す原告側と厳しい
表情の関係者=26日午前11時7分、静岡地裁

87e7636b.jpg
 中部電力浜岡原発1―4号機(御前崎市佐倉)は東海地震の発生時に十分な安全性を確保できないとして、市民団体が運転差し止めを求めた訴訟の判決で、静岡地裁(宮岡章裁判長)は26日、原告の請求を棄却した。争点となっていた想定東海地震の規模や原子力施設の安全性、経年変化(老朽化)について、いずれも「原告らの生命、身体が侵害される具体的危険があるとは認められない」とする判断を下した。同時に申し立てていた運転差し止めを求める仮処分申請も却下した。原告側は同日、控訴し、仮処分決定に対しても即日抗告した。
……
続きを読む
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

haranatakamasa

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ