三重県という地方自治体をまるめこんで、大規模な産廃アウトローをくりかえしていた石原産業というトンデモ大企業は、いくつもあるようだが、これもひどい。■やっぱり、「○○組」とながつく建設会社の社長は、「組長」とよぶべき本質をもつのかもしれない(笑)。■インターネット新聞『JANJAN』の先日の記事から。

これも利権の構図?千葉県佐倉市の谷津田 2006/06/20

 佐倉市(千葉県)は東京都心から電車で約1時間。里山と言われるなだらかな丘陵が連なり、その谷間に谷津田と呼ばれる水田が広がる。とんぼや蛍が舞う恵まれた環境であるが、逆にそこは埋め立てて開発する業者に狙われやすい。また、産業廃棄物の埋め立て場所としても利用されかねない。地下水を上水道として利用している市民にとっては油断がならない土地でもある。昨年6月からそこでこんなことが発生している。

 大手ゼネコン大林組は佐倉市下志津畦田地先に、将来の宅地開発目的のために、谷津田と山林合計約35ヘクタールを保有していた。山林原野部分は14ヘクタールで、国の「特別土地保有税制度」によって税金を免れていた。
 「特別土地保有税制度」では、土地の有効利用が目的とされる保有について、税金が免除される。しかし、10年の間に有効な土地利用の方策がなく過ぎると、税金が課せられることなっている。つまり土地の無為な保存を禁じる方策なのだろう。

 大林組の佐倉市下志津畦田地先の土地保有は、この2005年7月で10年になる。開発を行えるような経済情勢ではないため、このままでは1億数千万円の税金が課せられることになるので「この土地を佐倉市に寄贈するから谷津田を買わないか」と持ち込んできたらしい。谷津田の価格は4億5千万円だという。

 谷津田は20ヘクタールあるが、圃場整備もしていないので、地元での売買は1億円くらいではないかという。高く見積もって2億円だという人もいる。そんな谷津田を4億5千万というのは高すぎないか。大林組は山林部分は寄贈だといって税金逃れをする。未納税金分も含めれば実質6億円で佐倉市に買えと言っている
のだ。

 大林組の言い値の4億5千万円は「佐倉市内の農業生産法人がその値段で買いたいと言っているから」ということだった。その農業生産法人は、まだ農業委員会の認可を得ていないが、産廃埋め立てなどで不評な人物が社長になる組織だといい「買い取って埋め立てて牧草地にするのだ」という。

 農業生産法人に買い取られ埋め立てられると、土壌が汚染すると脅してきた。木更津市の元国会議員から、市役所へ市長につなげと電話してきたらしい。反対する議員にも買ってやれと電話をしてきた。しかも市長は市に電話があった報告の事実を否定している


 地元の千葉日報紙によると、土地譲渡については2年前から大林組と佐倉市で、話し合っていたという。値段の折り合いがつかなかったらしい。市の希望は当初、1億円程度だったらしい。それがぎりぎりになって4億5千万円で議会に提示された。

 その後、佐倉市も大林組もそれぞれ土地鑑定士の鑑定に持ち込んだが、大林組は4億9千万円の鑑定を出し、佐倉市は3億9千万円の鑑定を得ている。しかし佐倉市が鑑定に出した条件は、買い取って自然公園にするという計画を基にして鑑定をさせている。あたかも佐倉市の必要性から購入するという形式の鑑定だから高い鑑定額がでる

 4億5千万円の債務負担の期限が切れる本年3月末、渡貫佐倉市長は脇村大林組社長とトップ会談を行ない、3億8千5百万円でこの土地を購入することで仮契約を結んだという。この6月議会ではそのことが審議される。

 しかし、佐倉市財政が困窮しているこの時機に、どうして不要不急の土地を高額な金額で購入しなければならないのだろうか。それも産廃埋め立てを匂わせる駆け引きによって時価の3倍もの価格がつくことに住民は納得しないだろう

(佐々木裕)

     ◇

関連サイト
yoisakura blog
さくら・市民ネットワーク通信
下志津畔田用地購入に関する陳情(議会文書 陳情の詳細情報)佐倉市

-----------------------------------------
■これみるかぎり、大林組って組織は、民暴そのものだね。■これが、「スーパーゼネコン」5社のひとつだというんだから、あきれて ものがいえない。
■それと、地方自治体のホコリってのは、こんな水準ですか? おっと、「ホコリ」は、自尊心と無縁な方ね(笑)。市民のみなさん、こういった首長をえらんだ投票行動を反省しつつ、批判を展開しましょう。■それと、株主のみなさんは? ■石原産業もひどいけど、まともな株主さんは、いかっているようですよ〔「◆石原産業、合同捜査本部の動向。株主総会のこと。 」〕。大林組の株主さんたちは?
■ちなみに、この建設会社、先日「2006年(平成18年)5月11日 防衛施設庁談合事件にからむ不正入札に関して、国土交通省から30日間の営業停止命令が下りる」って、全国区レベルでの不祥事で紙面をにぎわしたことも、念のためつけくわえておこう。


【関連記事】「これも利権の構図?千葉県佐倉市の場合 その2

【株価情報】「大林組」「石原産業
〔ブログ情報などは、どう収集しているのか、いまひとつ方針が不明〕