事故対応に200億円 パロマ、人員削減も
 パロマ工業(名古屋市)が製造したガス瞬間湯沸かし器で相次いだ一酸化炭素中毒事故で、同社の小林敏宏社長と親会社パロマ(同市)の小林弘明社長らが31日午後、愛知県清須市の同社工場で会見し、一連の事故の対応に200億円を超える費用がかかることを明らかにした。

 敏宏社長は、パロマ工業の国内の生産態勢を縮小する方針を示した上で「(従業員の)一部は辞めてもらうことになる」と述べた。

 会見で両社長はあらためて謝罪。パロマ会長も兼ねる敏宏社長は「次の決算期には両方の職から去りたい」として、07年3月ごろまでに引責辞任する意向を明らかにした。弘明社長は辞任の可能性を否定した。
〔『東京新聞』(共同)2006年07月31日〕

--------------------------------------------
■なにか、カンちがいしてるよな。きっと。■「社長は辞任の可能性を否定」「(従業員の)一部は辞めてもらうことになる」って、なんで?
■200億円の損害=会社への損害をあたえたのは、経営陣でしょ?■その経営責任は?■会長さんも、「引責」じゃすまないよね。JR西日本の福知山線脱線事故とかと、ちがうんだよ。■これって、当時の経営陣の個人資産から返済すべきものでしょ?■まあ、公開してないわけだから、株主は外部には、ほとんどいなんだろうけど。すくなくとも、従業員の生活不安をうめるために、当然だよね。
■ということで、「(従業員の)一部は辞めてもらうことになる」って、なんでシャアシャアと、ぬかすの?■「国内の生産態勢を縮小する方針」はいいとして、それは社員の責任じゃないわな。うえに報告しなかった(死亡事故は全部、役員会にあがっていたらしいけど)中間管理職だって、そのせめをおう必要なんかないでしょ。■責任おうのは、全部当時の役員、それと部長クラスなんじゃない?

■こういうカンちがいの基盤って、やっぱり同族経営で、私物化してきた(本人たちも、「個人商店」の延長のつもり)企業体質の必然的産物なんじゃない?■いつになったら、社外からの第三者調査チームつくるの? いつまでも「みうち」のなかでけで、デタラメつづけるの?

■年配の社員さんには気の毒だけど、こういった企業体質におぶさってきたのは、みからでたサビです。■こういうのを、自己責任っていうんだね。