■別処珠樹さんの『世界の環境ホット!ニュース』のバックナンバーから転載【リンクは、ハラナによる追加】。■シリーズ第23回。■いつもどおり、ハラナがかってにリンクをおぎなっている。

【シリーズ記事】「転載:枯葉剤機密カルテル1」「」「」「」「」「」「」「」「」「10」「11」「12」「13」「14」「15」「16-7」「18」「19」「20」「21」「22



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
世界の環境ホットニュース[GEN] 608号 05年09月21日
発行:別処珠樹【転載歓迎】意見・投稿 → ende23@msn.com     
枯葉剤機密カルテル(第23回)     
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
枯葉剤機密カルテル          原田 和明

第23回 人体実験の目的

当時明らかにされなかった実験の目的を推理するには、まず実験が行われたタイミング、そして実験内容を吟味することから始めましょう。

PCP245Tに関わる事故の続発は三井東圧化学大牟田工業所だけではありませんでした。三井東圧化学の子会社三西化学(福岡県久留米市)では60年の創業当初からPCPなどの漏洩が凄まじく、熊本大学・野村らのいわゆる官製の調査が数度に亘って行われたにも拘わらず、いずれも許容範囲内との結論が出され、一向に改善されないままでした。その官製調査の結果と住民の実体験との差に住民は納得できず1972年5月、高橋晄正(東京大学医学部)らに検診を依頼しました。

自主検診には工場周辺住民134名が参加、検診の結果、皮膚症状(かぶれ、ブツブツ、しみ、色が悪いなど)、視力低下、結膜炎様 症状、鼻・咽頭症状、神経精神症状(不眠、熟眠困難、嗅覚障害など)、自律神経 症状、胃腸障害などが多数存在することが認められました。さらに、微血尿、コリンエステラーゼ活性値の低下、心電図異常も認められています。これらの項目は三井東圧化学の人体実験の内容と類似していました。こうして検診を進めるうち、高橋はあることに気付いたのです。これらの他覚的異常者は井戸水飲用者に多いということに。それまでの官製調査では大気中の農薬濃度ばかりが検討されていたので画期的な指摘でした。

高橋らの指摘によって72年9月に井戸水が分析され、三西化学の下流域でPCP、BHCなどが検出されました。そこで住民らは12月に、三西化学の証拠保全を申し立てるとともに、愛媛大学 農学部教授 立川涼に土壌の分析を依頼しました。その結果、PCP,BHCの他にも68?69年の間だけ使用されていた排水路からPCBまでもが検出されました。その内容が三西化学にもたらされると工場幹部はそれまでの知らぬ存ぜぬとの態度を一変させ、何やら動きが慌ただしくなったことを住民は特に印象深く記憶していました。そしてついに、2月1日に住民が三西化学を水質汚濁防止法違反、毒劇物取締法違反で告発したのです。問題の人体実験はこの2週間後に行われています。

従って、このタイミングでの人体実験は、近い将来、三西化学並びに三井東圧化学が提訴された場合の裁判戦術にとって重要なデータ取りだったのではないかと推測される
のです。

では、どのようなデータを必要としていたのでしょうか? 私はここで大胆な仮説をたててみました。野村が知っているPCP中毒は「ダイオキシン濃度が高いPCP(あるいは245TCP)」によるもので、三井東圧化学が人体実験に用いたPCPや245TCPは「極限までダイオキシン濃度を減らしたもの」だったのではないか、という仮説です。つまり「従来のPCPまたは245TCP中毒の原因はダイオキシンか否か?」を確認するためだったのではないかと推理しました。

三井東圧化学がPCP、245TCPでは既に多くの被害者を出しているにもかかわらず、新聞社の取材に対し、ことさらに「薬品は無害」と言い立てている背景には、会社側に「純粋のPCP」の毒性は極めて低いのではないかという確信、あるいは期待があったのではないかと思われます。「かぶれるはずがない」との過信さえあったかもしれません。被験者にばれることはなかろうという希望があったからこそ「被験者に無断で」やってしまったのだと考えられます。しかし、結果は期待に反して「発症」し、実験の存在が明らかになったのです。

この仮説の必要条件としては少なくとも、三井東圧化学に「自社除草剤中のダイオキシン濃度を知り、なおかつ減らせる」技術がなければなりません。

三西化学農薬裁判は最高裁まで争われた結果、99年2月に 多数の物的証拠がありながら住民原告敗訴で終わりました。ところがその翌月、「三井東圧化学は自社除草剤中のダイオキシン濃度を知っていて減らしていた」と主張する大学教授が現れたのです。

----------------------------------------------
■ここにも、またポチ裁判官が権力犯罪にてをそめていることがたしかめられる。■こういった判事たちは、実名を記録しておく必要があるんじゃないか?

■もっとも、ドキュメンタリー映画『蟻の兵隊』でとりあげられていた裁判では、判決文をかいた判事が、とおくに転勤したので署名ができないままになっている、という、不可解な事実がでてくる。■奥村さんたちは、懸命に資料あつめ、ききとり調査はおこなうが、けっしてテロなんぞに、てをそめたりはしない紳士ぞろいだ。■しかし、きわめて不明朗な判決文しかかけないポチ判事は、原告たちがこわくてしかたがなかったんだろうね。トンヅラこいてしまった(笑)。■だから、新聞報道などで裁判長名がさらされるようなケース以外は、どんどん公表がさけられていくといった事態も懸念されるね。

■ともかく、充分な説明と同意がないかぎり、絶対に人体実験がゆるされないような体制づくりと、市民意識の向上がかかせない。■それと、卑怯なヘリクツ判決文をかくポチ判事をバンバン批判して、はずかしめるような運動もね。■国会での偽証罪などとおなじような位置づけで、あきらかにゴマカシの論理をまじえて(誤認とかでなく)判決文をかいた判事は刑事罰を課すといった法制化も必要なんじゃないか?