「必修科目の履修漏れ」その2」の続編。


倫理教科書買わせ偽装
2006年10月27日

 進学指導重点校の都立八王子東高校(北沢好一校長)でも26日、3年生の半数以上が卒業に必要な科目を履修していないことが明らかになった。本来、履修させなければいけない「倫理」の教科書を生徒に買わせるなどして発覚を回避していた。学校側は「進学のため」と説明するが、そのつけは補習という形で生徒たちにのしかかる。

 「履修不足」がわかったのは都内では初めて。

 問題となったのは公民科。学習指導要領では、「倫理」と「政治・経済」をセットで履修するよう定めている。同校では2年時に全員に「政治・経済」を履修させたが、3年時は「倫理」を「日本史」「世界史」「地理」とともに選択科目にしていた。このため、3年生320人のうち181人が「倫理」以外の教科を履修していた。

 同校はこうした「履修不足」を隠すため、履修科目を記して都教育委員会に毎年提出する教育課程届で、「倫理」を全員の必修科目と虚偽の記述をしていた。

 さらに、履修しているかどうかにかかわらず、3年生全員に倫理の教科書を購入させ、通知表の「倫理」の成績欄には、実際に選択した別の科目の成績を記載していた。こうしたつじつま合わせは、少なくとも00年度から続けていたという。
 この日、都庁で記者会見した北沢校長は「生徒の進路希望をかなえるためにやった。結果として生徒や保護者に不安を与え、失望を買ってしまい、申し訳ない」と謝罪した。

 卒業には70時限の「倫理」の補習が必要で、放課後や土日に実施する方向で具体策を検討する。

 会見に同席した都教委の担当者は「書面の確認で、適正に実施されているものと思っていた。再発防止策を検討したい」と話した。都教委が26日までに291の全都立高校に電話で実施した聞き取り調査では、同校以外で問題は見つかっていないという。

■「学校は少しずるい」
 「問題になると予感」

 八王子東高では26日の授業終了後、臨時の職員会議で教師らが対応策を検討。生徒には教師が分担してホームルームを開き、事情を説明した。

 下校途中の3年生の女子生徒は「『倫理』を受けずに『世界史』をとっている。受験には必要なことかもしれないが、学校は少しずるいことをやっている」と話した。

 「現代社会」を履修していることにして、実際は「政治・経済」の授業を受けているという2年生の男子生徒。「今年の4月ごろ、社会科の教師が『うちの教師は頭がいいから(カリキュラムを)工夫している』と自慢げに話していた。いつか問題になるかもしれないと思った」と話した。

 同校では27日の全校集会で、改めて生徒に事情を説明する。また、保護者への対応も検討する。

----------------------------------------------
■「社会科の教師が『うちの教師は頭がいいから(カリキュラムを)工夫している』と自慢げに話していた」とは、その「頭」のよさの程度がしれるが、これはなにも、この学校の先生たちが突出してヘンなわけではない。■「(大学進学実績をあげるために)やりたい」という心理的圧力がかかる空間では、どこでおきてもフシギでない普遍的構図だったってこと。

■でもって、「倫理」というのは、理科系で「地理/歴史、公民科系は実質パス」ってかんがえている私立受験組はもちろんのこと、国立の重量級試験で負担感をもっている層にとっても、「軽視」されている典型的な科目だ。前者にとっては、ホント授業をうけているフリで、単位だけとれればいいって意味でであり、後者にとっては、ほかの地/歴、公民科目とちがって、ゴマカシがきく、唯一の社会系「楽勝」科目として(笑)。■皮肉でもなんでもなく、「人生って、なんだろ?」「はたらくって、自分にとっての意味は?」とか、テツガクしてしまう、きまじめな層以外にとっては、「不要」な科目の典型だ。
■だからこそ、つぎのような木村先生の指摘の意味がみえてくる。

……
 木村は進学校で、教養科目のプロになりたいと考えています。木村の「倫理」だけは受けたい、その限りにおいては受験科目じゃあないが受けたい、あの角度は聞いてみたい、と。
 そういう意味で進学校に売り込みをしたいと、そして勝算ありと、少なくとも、やってみなければわからない、と考えています。私は、しかし、そんなことはいわゆる進学校でなければとてもじゃないができないと考えています。進学校だから出来るのです。非進学校では私の能力では無理です。そして、(ここからはうぬぼれ100%とかんがえてください)静岡県で木村以外で「倫理」で進学校の生徒に自発的に選択させることは不可能だと考えています。それくらいに熟練がいります。勉強しなければいけません。
 上の先生のブログのコメントにこのようなものがありました。


 「「一昨年F高校卒業生」さんと同様、私も自分の調査書を見たことがあります。合格した某国立大学に入試の成績開示を申請したところ、入試の点数だけでなく、自分の調査書のコピーも入手できたためです。
私は理系として某F高を卒業させていただきましたが、この調査書を見た結果、
・教科書を買わされたのに授業が無かった「倫理(2単位)」が履修扱い
・教科書さえも買わなかった「世界史A(2単位)」が履修扱い
となっていることが確認できました」

 この学校で一般教員が公民科の教員になったとしましょう。そして、来年から組織の反対を押し切って実際にねじ込んで倫理の授業を行うとします。その方はまちがいなく次の年、左遷の転勤をさせられます。それくらい、倫理を読み替える圧力が受給関係として強く存在しているのです。それが、現在の教養科目の位置づけないしは意味づけなのです。教養科目の意味はない。生徒は見向きもしない。受験のただ邪魔になる。生徒も拒否。提供者側の教員としても提供する意志/能力がない、こうなるのです。これが実態なのです。だから、死にものぐるいで売り込み、私は戦いとりたいと思うわけです。そのくらい、学校側と生徒保護者側のニーズはぴったりだってことです。学校社会全体の圧力なのです。一校長が自由にできるとか、そういう問題ではありません。だから、校長は「騒ぎになった責任」だけを感じているのであって、当該の責任は何も感じようがないのです。「ついてねえ」って思っていると思いますよ。それは責任じゃないでしょ?

……


■ちなみに、木村先生、「必修」の「世界史」についても、当然、きびしいツッコミ(笑)。

……
 じゃあ、履修不足にいたらしめたそのカリキュラムに彼らは不満だったか?
 世界史が必要ない生徒がきっちり日本史もやり世界史もやる、倫理も受ける、政治経済もうける、となったとき、どうだったか?そこには不満が噴出していたにちがいないのです。そうです。そこには、共通した認識があったということです。
 受験以外には学校の授業は興味がないということです。意味もない。受験というものがかろうじて関心をつなげていたのだ、という事実です。だから、学校側の履修不足のカリキュラムは彼らにとって好都合だったということです。それが証拠に、この卒業問題と補習問題が発覚しなかった前の世代の人たちでこの問題を問題にした人がいましたか?世界史を自分は習ってないといって問題にした人がいましたか?
……
 この問題はたんに指導要領通りにやればいいという問題ではありません。今朝の番組でデーブスペクターがいってましたが、下手な世界史の授業をうけるのだったら「世界不思議発見」でも見せた方が100倍マシなんです。

……


■当然、今回の事態にも、ひややかな視線(笑)。


今回の問題の問題

 したがって、よく考えてみると、この問題をバラしたヤツがもっとも問題なんですね。生徒も学校もこの点については多分一致しているはずです。文部科学大臣の遺憾の発言も、校長の謝罪も、マスコミの学校の不祥事という扱いも、実は本当の問題を形成していません。それにしても不思議です。だれがバラしたのかしら?
 まともな人がバラしたとしたら今頃「大変なことになってしまった」と後悔していると思いますね。そして、変質者ならニヤニヤ笑っています。
 マスコミの「やるべきものを教えないで公文書偽造」だの、「不祥事がまた発覚」などという発言は白けますね。だって君たちはそうやって今の地位に就いたんじゃないの?だから、森前総理あたりの「穏便に」というあたりがじつは、今回の学校と受験生の共通の有り難い落としどころなんでしょうね。だって変質者なんですから(笑)、発火元が(決めつけているなあ!いかん)。
 そして、最後の結論はみえています。やがてマスコミも騒ぎに飽きて、森前総理の落としどころあたりで落ち着きます。そして、木村の問題提起も葬られるのです。喉元すぎれば、元通りの読替です。私にはだからあまりこの問題は興味がないのですよ。だれか、責任とって首を飛ばされることさえないでしょうね。公文書偽造なのに。その程度のことです。現場では。

-------------------------------------
■どうです? ■教育関係者、保護者のみなさん、ご感想は?

■それにしても、大学受験がからまないと、興味がもてない。すべては大学卒業後の就職を念頭においた勉強に集中。なんともはや、ユトリのないこと、ココロのまずしいこと(笑)。■いや、それは一発試験受験組だけのハナシなんかじゃない。かたちばかりの「優等生」ぶりを演出する推薦入試組/就職組も、高校の成績や学力が関係ない、専門学校進学組も、そしてドロップアウトしていく中退組もね。■イヤイヤ公教育のカリキュラムにつきあっているという次元では、みんな一緒(笑)。

■何度もいうようだが、受験や就職の不安がなくなったとき、そして制度上必修がはずされたとき、いきのこれる公教育の科目がいくつあり、何割の先生方がいきのこれるだろうか? ■それは、公務員組織という「お武家様」集団はもちろん、「公共工事」ほか行政・司法・立法組織に「出入り」している業界全体にもあてはまる、病理なのである。

■ちなみに、今回の全国での大スキャンダルは、うえは文部科学省から、したは高校・大学双方の入試関係者全体が「共犯者」だし、そこまで問題がつかめていない層にとっても、すくなくとも高校生にとっては、すぐれて強烈な「かくれたカリキュラム」として作用したはずだ。功罪両面でね。■?こういった巨大な官僚組織の偽善的/欺瞞的体質の実態。■?制度の表裏(タテマエ/実態)のゲーム論的なリスク問題。■?スキャンダルの発生メカニズムと終息過程という一連のシナリオ。……。
■「反面教師」としてコヤシにするか、「よわたりじょうず」とよばれる現実主義者にそだつかは、個人の資質と周囲の環境の合作だろうが。


【シリーズ項目】
託児所としての公教育シリーズ

「ムダ」とは なにか?シリーズ
「ムダ」とは なにか? 1」「」「」「」「」「「たかがスポーツ」のはずが:「ムダ」とは なにか? 6」「差別論ノート17:「ムダ」とは なにか?7」「補強版Wikipedia:美容外科=:「ムダ」とは なにか?8」「無意味な読書とは=「ムダ」とは なにか?9」「惑星の定義がナンボのもの?4=「ムダ」とは なにか?10」「徳山ダム問題=「ムダ」とはなにか11