■驚異的な情報収集力をほこる『カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの虚業日記』の最新記事から。


■[国防]海外に同盟者をつくることを全くしようとしない亡国的日本政府/それはまるで王莽王朝のような 03:56

内田樹の研究室」から


http://blog.tatsuru.com/2006/11/29_1116.php

〔略〕翻って、わが国政府はこれまでそのような広報・文化交流のための機関を設立するために何をしてきたのであろう。私は寡聞にして「国際松下村塾」とか「適塾インターナショナル」とか「漱石インスティチュート」とかいうものがあることを知らない。あるいは文科省はすでにそのような海外機関を設置しており〔略〕広報活動を全世界的に展開しているのかもしれない。いや、当然、そういう活動があるに違いない。なくては困る。単に私ひとりがその名称も活動内容も知らなかっただけであろう。

だが、私が知らなかったということは、たぶん日本人の80%くらいは、そのような広報機関の活動について十分な知識を持っていないということである。自国民の80%にその機関の活動について周知徹底させることのできない広報機関が外国民に対してのみ選択的に活発な広報活動をしていると推論することは困難である。
日本政府は日本文化や日本の国際関係論的立場について海外の方々に理解していだくことにははあまり(ぜんぜん)熱意がないようである。だが、海外の若い世代への教育投資はきわめてコスト・パフォーマンスのよい「国防」戦略なのである。ジェット機一機、イージス艦一隻を買う金があれば、アジアの全域に「日本語日本文化を学ぶ機関」を設立することは可能である。そこで育った日本語を読み、日本文化に親しみ、日本に知己を持つ人々の世代が将来の外交関係にどれほどのメリットをもたらすか、そういう計算に日本の政治家たちも官僚もまるで興味がないようである。

この点ではイギリス、フランス、ドイツといったかつての帝国主義国家の植民地経営の「狡猾さ」には歯が立たない。台湾、朝鮮、インドシナ、南太平洋での植民地経営の経験から日本人は何も学ばなかったのである。

中国人は1840年から110年にわたる帝国主義列強による国土の植民地化経験から、いくつかの重大な歴史的教訓を得た。この差はおそらく私たちが考えている以上に大きい。それは「アセッツ」というものの力の評価の差である。中国人はかつて「買弁資本家」というかたちで植民地宗主国の「アセッツ」となった売国奴たちによって国力を致命的に殺がれた。その恨みは骨身にしみているはずである。だから中国に親和的な「アセッツ」を全世界に配備することにどれほど戦略上の重要性があるか、彼らは熟知している。

かつて中国はロシア社会主義圏と世界各国の「毛沢東主義者」という巨大な同盟者を持っていた。それがどれくらい強力な支援者であったのか、そのようなものを持ったことのない私たちには想像がつかない。現に私たちは「天皇陛下(あるいは安倍晋三)の名において自国政府の対日政策を批判する中国人」というものを決して想像することができない。だから、私たちは「毛沢東」がどういうイコンとして中国人の眼に映っていたのかを構造的に想像することができないのである。中国人は毛沢東と社会主義圏の同盟者を失った。それに代わるものを再構築しなければならない。「孔子学院」はその「新しいタイプのアセッツ再構築戦略」の一環であると私は思っている。

日本政府はこのような戦略の重要性をほとんど理解していない。それは日本が本当の意味での「同盟国」も「自国政府よりも日本を支援する海外盟友」も持ったことがないということにたぶん関係している(アメリカは「同盟国」ではない、「宗主国」である)。このビハインドはアジアにおける日本と中国のヘゲモニー争いに致命的な影響をもたらしつつある(というか、もう勝負はついているのかも知れないが)。しかし、そのことを真剣に憂慮している政治家を私は知らないし、メディアもほとんど関心を示さない。



 内田樹氏のこの言説は、私の「国防論」http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20050129#1107020504と全く合致する。日本は国内の情報統制にだけ病的に熱心であり、国外へのメディア戦略は全く幼児のごとき痴呆である。日露戦争以降の日本の為政者は痴呆ぞろいだったようだ。安倍晋三の痴呆ぶり売国ぶり亡国ぶりはわけても群を抜いているが。

日本の為政者達は日露戦争とはつまりメディア戦であったhttp://d.hatena.ne.jp/kamayan/20051206#1133810677という歴史的事実すら忘れている。というより知らんのかもしれん。

そして日本が世界に日本ファンを作るための重要な知的資源であるオタク文化を日本は潰しすり減らし磨耗させている。アホか。

その一方で「防衛庁」を「防衛省」にするなんていう、2000年ほど前に中華大陸で「新」帝国の王莽という痴呆君主がしたのと似た政策をしている。念のため解説すると、王莽という奴は国内情報戦だけに特化した能力を持った政治家で、「予言」を捏造して国内世論を盛り上げて漢王朝から帝位を簒奪した。王莽は儒教原理主義者で、改名マニアで、官職名や外国の呼称を儒教思想の序列解釈でもって改名するということだけにエネルギーを注いだ。そんなことにだけ熱中して、政治能力は全くの無能だったので王朝は混乱しまくり、あっという間に亡んだ。

たぶん末期自民党王朝もそう遠からず亡ぶだろうけど、どこまでが道連れにされるのかが問題である。こいつらの父親だの祖父だのは揃いも揃って60年ほど前に自分達の地位を温存するために日本国民を大量に殺戮した連中で(少なくともサイパン陥落時点で戦争は敗戦が決定したので、それ以後の戦死は全て当時の為政者に責任がある。東京大空襲被災もその一つ)、しかも70年前の愚行を再演しているのに、このボケ倒しにツッコミがほとんど入っていない。

関連

http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20061020#1161294466

http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20060708#1152293970

http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20060430#1146379685

http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20060920#1158688652

http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20061006#1160074967

----------------------------------------------------
■ハラナは、右派のみなさんの評価とは正反対に充分ナショナリストだと自負しているが(笑)、内田氏はもちろん、カマヤン氏にもくみしない。■いや、それはなにも、「武力よりは国家的文化戦略の方がマシ」という次元では同意するという前提でのはなしだが。

■メディア戦略に日本政府がおどろくほどうとく、模範にしているはずの米英政府のなにをモデルとしてぬすんでいるのか、まったく検討もつかないこと、メディア戦略の質/量双方において、大国中国はもちろん、韓国や「北朝鮮」にもおよばないことは、多言を要しない。■日露戦争が情報戦における勝利だったこともたしかであり、それをなぜか全然というほどふまえなかった日中・太平洋戦争の無残なまでの無策ぶりについても、おなじだ
〔連中は、「大東亜共栄圏」というキャッチコピーをつくり、さかんに宣撫工作をおこなったつもりだろうが〕


■しかしだね。いまどき、欧米や中ソなどの情報戦略やブランド化のマネして、「国益」をとろうというのは、あまりに陳腐ではないか? ■いや、軍事関連への拠出によって「死の商人」をこえふとらせるよりは、学界・教育機関・メディア業界にカネをまわした方が、格段にマシなことは、明白だ。■しかし、他国・異民族と文化的になかよく交流するっていう「民際交流」ってヤツは、なにも国策で国家予算をそそぎこむべき性格ではない。市民が、国益とか余計なことかんがえずに、ボランティアでかってにやらかすもんだ。■「国益」がらみで、国家予算をわざわざくんで、「日本民族/日本国のイメージアップをはかろう(ながいめでみれば、武器・軍事同盟による国防より効果的だし、やすあがりで、対費用効果もたかい)」といった、おもわくが、うすぎたないとは、おもわないのだろうか?

■いや、そういった「ウラ」を充分ふまえたうえでなお、リベラル右派はもちろん、冷静な右翼勢力をもまきこめるような「大同団結のカギ」とわりきって、戦略的におかんがえなら、政治運動として否定はしない。■しかし、そういった「国民的策動」は、あざといし、そういった運動に違和感をおぼえる層を「非国民」あつかいしかねないということも、もうしそえておこう。
■「国民文化」を擬制的に「一枚岩」化して、「文化コンテンツ」「ブランド戦略」式の「輸出」「宣撫工作」をおこなうってことは、翼賛体制に暴走しかねない。■それは、歌舞伎や能楽、お茶・生花・舞踊、合気道やら空手、会席料理等々と、いかにも「ジャパニーズ」といった文化項目の「輸出」「ブランド」化にとどまらない。アニメやマンガなど、「オタク文化」だっておなじこと。

■それにしても「適塾インターナショナル」はともかく、「国際松下村塾」「漱石インスティチュート」とか、かなりグロいぞ。■漱石研究が、中国・韓国あたりでそこそこさかんなのはたしかだろうが、坂口安吾的なさめた視線で漱石の再評価することなく、「国民的作家」「文豪」といった神格化・ブランド化を疑念ぬきに「輸出」してしまうのは、まずかろう。■「安部公房」とか「村上春樹」が、ノーベル文学賞の下馬評にあがったといった次元とはちがって、きなくさいんだな。