前便の続編。■今度は、朝日のクリスマス特集とかいう記事「本物のサンタクロースが語る、ちょっと変!?な日本のクリスマス」の転載。

世界サンタクロース会議でデンマークに行くと、世界の公認サンタクロースたちから日本のクリスマス事情を聞かれ、毎回質問攻めにされてしまうと、パラダイス山元氏は語る。

「日本人はクリスマスに何をするのかと聞かれたから、“フライドチキンと、買ってきたケーキを食べる”と言ったら、“日本は仏教国なのに、なぜライスプディングではないのか”“なぜ料理を手作りしないのか”“家族で過ごさないのか”などと言われます。家族でクリスマスを過ごす習慣のあるヨーロッパのサンタからすると、日本のクリスマスは理解できない風習に見えるようです」
 確かに、プレゼントは貰って当然とばかりにゲーム機のメーカーとカラーまで指定。クリスマスにお父さんは残業で家にいない。お母さんと買ってきたフライドチキンとケーキを食べて、それでおわりのクリスマス。少し大きくなった子供は恋人や友だちとどこかへ出掛けてしまい、家はもぬけの殻。これでは何とも寂しい。

「ヨーロッパでは、クリスマスは家族ですごすための日。何日も前から家をきれいにし、クリスマスの飾りつけをし、子供たちはお母さんに習いながら、サンタさんに食べてもらうためのジンジャークッキーを焼く。サンタさんへのお礼の手紙を書いて、枕元に置いてクリスマスの準備をする。ヨーロッパの伝統的なクリスマスディナーは、お母さん手作りのローストポークとカラメルソースポテト、レッドビーツです。子供が大きくなっても、クリスマスは家族みんなで過ごします。クリスマスは、単にケーキとプレゼントをあげて甘やかす日ではありません」

 これを聞いてドキッとした忙しいご両親も、イブの夜は早く家に帰って、家族と食卓を囲んでいただきたい。子供にサンタクロースへの感謝の手紙を子供に書かせたり、サンタさんへのお礼のクッキーを一緒に焼いて、“一緒に”クリスマスを盛り上げる準備をする。“家族揃って祝うクリスマスが、親子の絆をさらに深める日になるように”それがグリーランド国際サンタクロース協会の公認サンタクロース、パラダイス山元氏の願いである。


【プロフィール】
パラダイス山元(パラダイスやまもと)
日本でただ1人の「グリーンランド国際サンタクロース協会」の公認サンタクロース。1998年、煙突登りやクッキーの早食い、HoHoHo?の発声など数々の難関をクリア、アジア地域から初めての公認サンタクロースに認定される。
そのほか「アーッ、うっ!」のかけ声でおなじみの、日本を代表するマンボミュージシャン、作詞・作曲活動の他、マン盆栽家元、カーデザイナー、入浴剤ソムリエ、餃子の王様と様々な分野で活躍している21世紀型ハイブリッドおじさん。

-----------------------------------------
■前回「イスラム教徒も、主要な預言者イエスの生誕として、クリスマスを祝う」という記述をひいたが、それは共通する創造神をいただいているからにほかなならない。■仏教徒がキリストの生誕をいわうという理由は、どうかんがえたってでてこない。したがって「ライスプディング」がどうのとかは、まとはずれ。
■もちろん、クリスチャンがくりかえす、家族とすごすクリスマスなんて風習にあわせる義理などない。■しかし、もともと信仰心とか風習とかとは無関係な商業主義と欧米崇拝の産物なんだから、反論する根拠もないし、質問されたときに、こたえられる道理もない。■この「パラダイス山元」さんとやら、さすがに、クリスチャンではあるんだろうね?(笑)