■今月はじめの『読売』の記事から。

「無罪の心証」
袴田事件の元裁判官、39年後の告白


 静岡県清水市(現静岡市清水区)で1966年、みそ会社専務一家4人が殺害された「袴田事件」で、元プロボクサー袴田巌死刑囚(70)(再審請求で特別抗告中)に死刑を言い渡した1審・静岡地裁の判決文を起案したとされる元裁判官が「無罪の心証を持っていた」と、再審支援に協力を申し出ていることがわかった。

 袴田死刑囚の支援団体が2日、公表した。

 裁判官には、判決に至る議論の過程や内容を明かしてはならない「評議の秘密」が裁判所法で規定されており、判決から39年後の告白は議論を呼びそうだ。
 「袴田巌さんを救援する清水・静岡市民の会」によると、元裁判官と名乗り出たのは、熊本典道氏(69)。事件の第2回公判から陪席裁判官を務め、68年の地裁判決で、3人の合議で主任裁判官として判決文を起案したという。翌69年4月に退官した後、弁護士活動を続けていた。

 今年1?2月、熊本氏が住む九州で、同会のメンバーらが3回面会した。袴田死刑囚の姉秀子さん(74)も立ち会った。メンバーによると、熊本氏は「有罪にするには証明がなされていない」と無罪の心証を持ち、無罪の判決文を書き始めていたことを明かした。裁判官3人の合議で、熊本氏は無罪を主張したが、裁判長ら2人が有罪を支持、多数決で死刑と決まり、裁判長から判決文の起案を命じられた。熊本氏は「裁判長を説得できず、裁判長が有罪の決定をした。裁判長は最後まで迷っていたと思う」とも話した。

 熊本氏は「袴田君の年齢も考えると、この時期にはっきり私の意見を述べておかなくてはならないと思った」と語り、秀子さんには「私の力が及ばず袴田君をこんな目にあわせて申し訳ありませんでした」と涙ながらに述べたという。

 1審判決は、犯行を自白したとされる供述調書45通のうち44通を任意性が疑わしいとして証拠から排除、「自白の獲得に汲々(きゅうきゅう)として物的証拠に関する捜査を怠った」と捜査を批判する付言をした。熊本氏は「付言を入れたのは、私なりの精いっぱいの主張だった」と説明した。

           ◇

 最高裁関係者によると、裁判官や元裁判官が、自身が関与した裁判の「評議の秘密」と称する内容を明かすのは極めて異例。「評議の秘密」を規定した裁判所法には、現職か元職かの規定はないが、「秘密は終生守るのが常識」という。罰則はないが、現職であれば、裁判官分限法による処分や裁判官弾劾法に基づき罷免される可能性があるという。

(2007年3月2日14時14分 読売新聞)

-------------------------------------------
■次の日の『毎日』の記事も転載。


袴田事件:1審で判決文、
元裁判官「無罪の心証」 死刑囚の姉に謝罪

 静岡県清水市(現静岡市清水区)で66年6月、みそ製造会社専務一家4人が殺害された「袴田事件」で、袴田巌死刑囚(70)の再審開始を求める支援団体は2日、68年に1審の静岡地裁で死刑判決を書いた元裁判官が「無罪の心証があった」と明らかにしたと発表した。元裁判官が自分のかかわった裁判について言及するのは極めて異例。

 同団体によると、元裁判官は1審で主任裁判官を務めた熊本典道氏(69)=九州在住。昨年1月中旬に本人から支援者に連絡があり「心ならずも信念に反する判決を出した」とする手紙が届いたという。手紙で熊本氏は自白を取った方法や信用性、また凶器とされるクリ小刀と袴田死刑囚との結びつきに疑問を呈し、合議体(3人)で行われた当時の審理で無罪を主張し、1対2で敗れたことを明らかにした。

 支援者らは1月下旬から3回、九州のレストランなどで面談。熊本氏は袴田死刑囚の姉秀子さん(74)の両手を取り「私の力が及ばなくて申し訳ありませんでした」と涙ながらに話し、地裁の公判中に石見勝四裁判長(故人)に「まるで私たちが裁かれている裁判ですね」と伝えたと振り返ったという。

 判決後も一日も事件のことを忘れた日はなかったといい、今年70歳になるのを機に明らかにすることを決めたという。裁判所法で漏らしてはならないと定められている「評議の秘密」を明らかにするのは守秘義務違反となる可能性もあるが、熊本氏は「承知している」と答えたという。

 弁護団長の西嶋勝彦弁護士は「元裁判官の証言は判決が間違っていたと分かる人が増えることにはつながるが、新証拠ではない。再審となっても証人申請するつもりはない」としている。

 熊本氏は死刑廃止を推進する議員連盟(代表・亀井静香衆院議員、74人)が9日午後1時から衆院第1議員会館で開く勉強会後に記者会見する。【稲生陽】

==============

 ■ことば

 ◇袴田事件

 66年6月に静岡県清水市(現静岡市清水区)でみそ製造会社専務一家4人が殺害された強盗殺人事件。静岡県警は同年8月、元プロボクサーで同社従業員の袴田巌死刑囚(70)を逮捕。公判で袴田死刑囚は否認を続けた。1審の静岡地裁は68年9月、45通の自白調書の44通を証拠から排除した上で死刑判決を言い渡した。80年に最高裁が上告を棄却し、死刑が確定。弁護側は81年に再審請求したが同地裁は94年に棄却。東京高裁への即時抗告も04年に退けられ、最高裁に特別抗告している。

毎日新聞 2007年3月3日 東京朝刊

-------------------------------------------
■これらの報道については、つぎのような論評がある。

元裁判官の覚悟?袴田巌冤罪事件
 袴田巌さんの冤罪事件で,実は無罪の心証を持っていたという元裁判官の熊本典道さんの告白が,にわかに注目されている。
「…諸般の情状を考慮すれば、今や死刑廃止制をとる国はふえ、これを存置する国においても死刑は例外的、象徴的な刑罰となりつつある世界のすう勢を考慮の上被告人が道路交通法違反のほか前科のない身であることなど記録に顕れたすべての有利な事情を斟酌してもなお本件においては正義の観念が最後の手段として要求するものは極刑以外にないものとの結論に達し所定刑中死刑を選択する。
 よって、被告人を死刑に処する。」

   「昭和四三年九月一一日
        静岡地方裁判所第一刑事部
           裁判長裁判官 石見勝四
               裁判官 高井吉夫
               裁判官 熊本典道  」
 というのが,熊本さんが主任裁判官として起案した判決文の最後の下りである。
(→判決文全文はこちら

 主任裁判官は,普通は,3人の裁判官の中で,最も若手の裁判官のことをいう。
 熊本さんは司法修習15期だから,当時は,裁判官になって5年目というところであった。
 熊本さんは,その翌年,裁判官を辞めた。
 裁判官は6年目から単独法廷を持つことになるから,本来であれば,いよいよこれから裁判官として一人立ちして活躍するところだった。 
 きっと,袴田さんの事件で良心に背く判決文を書いたことが退官のきっかけとなり,その後は,重い十字架を背負いながら苦しみ続けたのであろう。

 私は見ていないが,TV報道では,熊本さんはこの件を告白しながら嗚咽したという。
(→※ココロさんのブログとるかさんのブログで動画が見られます)
 おそらく,袴田さんが獄中で苦しみ続けた長い時間と同じだけ,熊本さんも自らの心を責め続けたものと思われる。

 裁判所法には次のように規定されている。
第75条(評議の秘密)
 合議体でする裁判の評議は、これを公行しない。但し、司法修習生の傍聴を許すことができる。
2 評議は、裁判長が、これを開き、且つこれを整理する。その評議の経過並びに各裁判官の意見及びその多少の数については、この法律に特別の定がない限り、秘密を守らなければならない。
 熊本さんは,退官後も,この規定をずっと守り続けてきたわけである。 
 しかし,今回は,この規定を破って決死の覚悟で告白したということになる。あるいは,告白するほかなかったのかも知れない。裁判にはそれだけの重みがある。

 なお,裁判官の評議の秘密が規定された理由は,自由に意見を出し,議論が出来るようにするところにある。あくまで,手続き実質化が趣旨である。
 評議の秘密は,真実発見を主たる目的とするものでもなければ,人権保護を主たる目的にするものでもない。
 熊本さんが起案した判決文中の「正義の観念」に照らせば,今,何が優先されるべきなのかは明らかであろう。

 熊本さんの勇気と良心にエールを送りたい。

-------------------------------------------
■法律家ってのは、律儀な人種だなぁとはおもうが、しろうとめには、全然理解不能な「一貫性」にこだわっているようにおもえる。■はっきりいって、こういった裁判所法は、公権力から介入圧力をはねかえすなどのリクツをおもちだすことによって、実質的な権力犯罪の隠蔽を合理化しているということではないか?■熊本さんという、もと判事さんが良心的な人物であり、40年にもわたって良心の呵責〔カシャク〕にたえてきたことは、たしかだろう。■だが、被告・家族にとって、それがなんだろう。
■日本の刑事事件は起訴されたら最後、有罪率99.9%。要は1000人にひとりしか、逆転無罪をかちとれない。■そして、「合議」の結果、というか多数決という、最高裁でしかあかされない過程と、それを合理化する作文を、のちの高裁・最高裁が、だらしなく追認して有罪が確定しただろうことは、ほぼまちがいない。

水俣病の原因について認識がありながら黙認してしまった細川さんというお医者さん同様、これは権力犯罪への加担だとおもう。■?警察・検察からの主張を充分吟味しなかったという意味で、過失ではなく怠慢であり、?論理的な検証過程で判事のひとりにめばえた疑念をつぶしたという裁判官の職業倫理にそむく抑圧であり、?それを合理化して、あたかも真犯人だときめつけ周囲におもいこませ、40年もとじこめたという意味で。
■熊本さんの今回の行為は、ご本人が充分自覚されているだろうとおり、それでつぐなえるような「勇気」でなどないとおもう。■「勇気」があったのなら、裁判官を辞したのち、直後に処罰を覚悟で(モジどおり確信犯として)、再審運動にうごいたはずである。■かれは、それを保身のために、さきおくりして弁護士活動をつづけて第二の人生をすごしたわけで、袴田さんに対するつぐないには全然ならないのである。■それをよく自覚したうえでの証言は、評価したい。

■「裁判官の評議の秘密が規定された理由は,自由に意見を出し,議論が出来るようにするところにある。あくまで,手続き実質化が趣旨である。…評議の秘密は,真実発見を主たる目的とするものでもなければ,人権保護を主たる目的にするものでもない」というコメントが、ことの本質をよくしめしているとおもう。■熊本さんの つぐないが実質化するとすれば、裁判所法が隠蔽装置として今後機能しないところまで、運動がすすんだばあいだけだろう。


●「Wikipedia 袴田事件
●「Wikipedia 裁判所法
●「袴田巌さんの再審開始を ! 勉強会開催