■『朝日』の先日の記事から。

日本の高校生「偉くならず、のんびりと」 
日米中韓調査
2007年04月26日(asahi.com)

 「偉くなりたい」と思っている割合は他国の3分の1程度の8%。むしろ「のんびりと暮らしていきたい」と考えている子が多い――。日本の高校生は米中韓国に比べそんな傾向があることが、財団法人「日本青少年研究所」などの調査でわかった。「偉くなること」に負のイメージが強く、責任の重い仕事を避ける傾向も目立った。
  
e656225e.jpg
 調査は昨年10?12月、日米中韓の千数百人ずつを対象に行われ、日本では10都道県の12校1461人に聞いた。

 日本の高校生の特徴がもっとも表れたのが、「偉くなること」についての質問。他国では「能力を発揮できる」「尊敬される」といった肯定的なイメージを持つ生徒が多いのに対し、日本では「責任が重くなる」が79%と2位以下を大きく引き離した。「自分の時間がなくなる」「偉くなるためには人に頭を下げねばならない」も他国より多い。


 このため「偉くなりたいと強く思う」は8%。他国では22?34%だ。日本の高校生は、他国よりも安定志向が強い。「暮らしていける収入があればのんびりと暮らしていきたいと、とても思う」は43%と、14?22%の他国より抜きんでる。

 将来の展望も控えめ。「大きな組織の中で自分の力を発揮したい」や「自分の会社や店を作りたい」が他国より少ないのに対し、「多少退屈でも平穏な生涯を送りたい」の多さが目立った。

--------------------------------------------
■大望がなくて、わるいんだろうか? ■「せのび」人生より、ずっとよさそうだ。
■ただね。このくにに希望がないことはたしかだろう。オトナの元気のなさ、カラ元気の連中のみぐるしさを、ちゃんとみぬいているんだね。■村上龍希望の国のエクソダス』という本のモチーフ「この国には何でもある、ただ、『希望』だけがない」がでてきて当然のふんいきがね。
■「いまどきのわかものは…」という低級な「俗流若者論」におちいるのでなく、「ここまで、希望をもてなくさせている、われわれオトナ」という反省材料とするなら、充分意味のある調査といえるだろう。■その「脱出口」が『美しい国』ウンヌンといった、あらぬ方向性ではなしにね。
■「おおそうじ」が必要だな。


●「高校生の意欲に関する調査?日本・アメリカ・中国・韓国の比較?