■ウェブ上にあがっていないようだが、『朝日新聞』のきのうの夕刊の1面トップ記事。■冒頭部から、一部転載。

年金入力ミス
23年前バイト「不安」


 「自分のせいではないかと、不安で仕方がない」。社会保険事務所で年金記録の入力作業のアルバイトを経験した45歳の男性はこう打ち明けた。社会保険庁の年金記録問題が報道されるたびに、男性は20年以上前の学生時代のことを思い出す。個人のデータをコンピューターに入力するために書き写す重要な作業。しかし、その実態はずさんだった。(松浦新、佐々木健)


 23年前の夏。都内の社会保険事務所の一室に、8人ほどのアルバイト仲間が座っていた。ほとんどが大学生。30代か40代とみられる主婦も1人いた。
 「これから重要なデータを扱います。くれぐれも外部に漏らさないよう、お願いします。分からないことがあったら何でも聞いてください」。職員から求められた誓約書に印鑑を押した、
 机に山積みされた記録を1件1件用紙に書き記した。報酬額、年金番号、名前、住所、誕生日……。10件ほど続けると、細かな字で目が疲れた。
 漢字をカタカナに変換するため、何度か名前の読みを職員に確認した。職員は面倒くさそうに「思い当たるのを書いておいて。多少違っても年金番号で一致するから」と言った。当時、「穐」という字が「あき」と読めなかった。「穐澤」という名前に「カメザワ」と記したことが今でも忘れられない。
 日給は交通費別で6、7千円。職員から「できるだけ頑張ってください」と言われただけで、処理件数のノルマもなかった。「いいねえ学生は。責任ないもんね」。そう言われたこともあった。土日を除く約4週間のアルバイトで20万円近く稼いだ。
 「自分のやってきたことが年金受給者に影響を与えていた気がしてならない」と男性は言う。
     ■    ■
 当時を知る社会保険庁の職員も、アルバイトを使ったずさんな入力作業を認めた。
 厚生年金の記録は月給とほぼ同学の「標準報酬月額」という形で残されている。その額は毎年、夏前に決まり、大きな変動がなければ1年間変わらない。
 85年以降にオンライン化されるが、その前は、夏になると大量の記録を整理するため、事務所によって5?10人のアルバイト学生が集められ、ほぼ1カ月間、手作業による事務処理が行われた。作業は、会社から送られた社員の報酬額などの記録を個人単位の用紙に書き写すこと。
 その用紙は各事務所から社保庁に集められ、コンピューターに入力された。性別の違いや前回の記録との重複などをコンピューターで確認。不都合があった場合には、「事故記録」としえ元の事務所に戻った

 事務所には毎年、事故記録のリストが束になって戻されてきた。だが、確認作業に時間がかかることから、処理されないまま放置されることもあったという。これらが、5千万件にのぼる「宙に浮いた」記録の一部になっている可能性もある。
 「元資料と照合しないので、年金額に直結する標準報酬月額が正しいかは分からない。年金番号を間違えていたら、記録が空白になる可能性もあった。今から考えるとずさんだが、当時は結果まで考えていなかった」。職員はこう反省している。

-------------------------------------
■。「いいねえ学生は。責任ないもんね」とは、ずいぶん、お気楽なお役人根性だね。周囲からどうみられているか、全然自覚がなかったらしい。「今から考えるとずさんだが、当時は結果まで考えていなかった」とは、あきれたはなし。

■いずれにせよ、個人名には つかえる漢字の字種に法的制限はあっても、いわゆる苗字には、そのしばりがない。かきまちがいさえも、「ただしい正式の表記」として、アナログ記録化されること、その「ヨミ」が「個人的経緯」「伝統」という、「葵の御紋」によって、フりーパスになる、事実上なんでもありになるわけだ。■「穐」なんて漢字は、「穐吉敏子」といった人名をしらないかぎり、普通はであわない漢字知識なのであって、そんなもをコンピューター時代にも許容するシステムがクレージーだという認識がそろそろ一般化していいはずだ。

●日記内「人名 漢字」関係記事
●日記内「苗字」関連記事
●日記内「漢字表記」関連記事
●「笹原宏之『日本の漢字』12」「笹原宏之『日本の漢字』15