■いつもお世話になりっぱなしの(ときどき、こっぴどく やっつけているが)ウィキペディアからの記述から。


民主化宣言

民主化宣言(みんしゅかせんげん、민주화 선언)とは、1987年6月29日に、韓国の盧泰愚大統領候補が発表した政治宣言。六・二九民主化宣言(ろくにきゅうみんしゅかせんげん、6・29 민주화 선언)とも呼ばれる。ソウルオリンピックの成功裡終了を条件とした大統領直接選挙制の受け入れと、反体制政治家・金大中の赦免・復権を骨子とした。
前史
1971年に実施された大統領直接選挙で、現職の朴正熙候補は、野党の金大中候補に90万票差まで迫られた。自身の支持基盤が必ずしも盤石でないことを知った朴正熙は、大統領選挙を統一主体国民会議による間接制に改めると共に、大統領権限を大幅に強化した。第四共和国または維新体制と呼ばれるものである。

1979年になると、労働者層に負担を強いる朴正熙の近代化路線に対し、あちこちで暴動が起き始める。そうしたさ中、同年10月26日に、大統領警護室長金載圭により、朴正熙は暗殺される5・16軍事クーデター)。

次期大統領に名乗りを上げたのが、三金と呼ばれる金鍾泌・金泳三・金大中であった。金鍾泌は朴正熙の下で韓国中央情報部(KCIA) 初代部長を務めた保守本流。金泳三は自由主義者、金大中は左翼ナショナリストであった。朴正熙の苛酷な独裁政治が終焉したこの時期をソウルの春と呼ぶが、時代はまだ軍政を必要としていた。

同年12月29日に粛軍クーデターで実権を掌握した全斗煥は、1980年5月の光州事件を武力で鎮圧し、8月19日には、民主化要求を無視する形で大統領に就任した。統一主体国民会議による選出は、軍政の継続を意味していた。そうして、光州事件の首謀者として金大中に死刑判決を下す(直ちに無期懲役に減刑)と共に、大統領間接選挙制を維持し、与党に有利な選挙制度を施行した。しかし、1985年2月の国会議員選挙では、大統領直接選挙制への改憲を標榜した新韓民主党が躍進し、民意が大統領直接選挙にあることは間違いなかった。


6月民衆抗争
全斗煥はしかし、大統領任期満了後に院政を敷こうと考えていたため、大統領直接選挙制には関心がなく、議院内閣制を主張した。が、野党が大統領直接選挙を譲らないと知るや、改憲論議打ち切りを発表し、国民の怒りを買った。一方で、学生運動家の拷問致死事件が発覚し、国民の怒りは頂点に達した。

1987年6月、学生による反政府デモは日増しに高まりを見せていった。そうして、大学生のデモに高校生、サラリーマンも合流し、デモ参加者は100万人に達した。韓国の反政府運動を担ったのは、伝統的に学生であったが、6月民衆抗争と呼ばれる反政府運動の担い手は、学生だけではなく、皮肉にも軍政が育てた新中間層であった。

ソウルオリンピックが1年後に迫っていた。学生デモでソウルでオリンピックが開けなくなった場合、ロサンゼルスが代わりに開くと声明された。高度経済成長の成果を世界に誇示したい軍政としては、オリンピックが吹き飛ぶ事態だけは何とか避けたかった。

そこで、全斗煥の後継指名を受けた盧泰愚が、民主化宣言を発表したわけである。民主化宣言で、激しいデモは取り敢えず終息した。…

---------------------------------------------------
■ほんの20年まえのことである。■そして、わかい世代(≒ここでは、ソウルオリンピックのころには小学校低学年で、2002年ワールドカップサッカー大会ごろにようやく世間がみえはじめただろう1980年うまれ以降の年齢層をさしている)が、これた歴史的経緯にうといのは、しかたがない。■世界史の大半が古代文明史あたりで時間をくって、近現代史もろくすっぽまともにおそわらない自学自習状況で、大学入試も現代史の比重がちいさいなか、隣国の現代史に時間をさくのは、「偏向教師」といってさしつかえない(笑)。■『地球の歩き方』アジア編あたりをかたてに、バックパックツアーで東アジア・東南アジアをみておこうという層は殊勝なものだし、サッカーファンから朝鮮半島情勢の背景を偏狭なナショナリズムにとらわれずにお勉強しようといった層でも、充分「優等生」の部類だろう。

■しかしだね、所詮は数年しかつづかなかったブームの一種「韓流」のにないてのみなさん。世代的には、ハラナと大差ないか少々年配。■ってことは、1980年代は ちゃっとお嬢さんしていたはずで、1980年5月の光州事件など、ソウルオリンピック前史を、同時代として呼吸していたはずだよね。■安倍っちのところのアッキーたちもさ。
■しかし、『ペパーミントキャンディー』(イ・チャンドン監督/ソル・ギョング主演)あたりに、ほとんどご関心がないらしい点は、実に不可解だね。■要は、徴兵制に規定される韓国人男性の実態もよく理解しないまま、りりしさ・やさしさを美化しただけですか?と。


佐藤卓己,八月十五日の神話
パク・チョンヒ
全斗煥
ソウルオリンピック
光州事件