■「無意味な8月15日 その3」の補足。■『東京新聞』から。

河野議長追悼の辞 『戦後レジーム』を堅持 
安倍政権を強くけん制

2007年8月15日 『東京新聞』夕刊

 「日本軍の一部による非人道的な行為」をわび、「日本国憲法に象徴される新しいレジーム」を堅持する?。全国戦没者追悼式での河野洋平衆院議長の「追悼の辞」の真意について、従軍慰安婦問題や憲法をめぐる安倍晋三政権の“タカ派姿勢”を強くけん制し、日本の恒久平和主義をあらためて内外に示した発言と識者らは受け止めている。

 河野議長の中学の先輩で政治評論家森田実さんは「非人道的な行為」とは従軍慰安婦問題とみて、「河野らしさが発揮された。彼はもともと平和主義者で安倍路線の対極にいる。衆院議長として首相をしかり飛ばしてもいいのに今までがおとなしすぎた」と喝采(かっさい)を送る。

 従軍慰安婦問題をめぐり河野議長は、宮沢喜一内閣の官房長官だった一九九三年八月、日本軍の関与を認め「おわびと反省」を表明。だが、安倍内閣になって談話の見直しを求める動きが活発化。談話を踏襲するとしながら、安倍首相は今年三月、「(日本軍が強制連行したという)強制性を裏付ける証拠はなかったのは事実だ」と述べ、談話を事実上批判した。
 河野議長の踏み込んだ発言の要因として森田さんは、米下院が七月、この問題で日本政府に公式謝罪を求めて決議したことが大きいとみる。「安倍首相の発言が米議会に火をつけた。談話の当事者としてしっかりとしたメッセージを内外に送っておきたかったのだろう。来年の追悼式までに衆院が解散する可能性もあり、最後の発言の機会だったかもしれない」

 一方、「改憲を公約に掲げた安倍首相の『戦後レジームの脱却』というスローガンを意識した言葉だったのは明らか」とみるのは、東大大学院の高橋哲哉教授(哲学)。

 強い印象を受けたのは、「日本国憲法」という言葉が中段と後段に二度繰り返し述べられたことだ。「安倍首相は、憲法も改定前の教育基本法も戦後レジームの象徴とやり玉に挙げたが、それでは戦後民主主義の否定につながる。河野さんは、憲法は戦争の惨禍を引き起こした反省に基づく正しい選択だったとあらためて肯定した」と言う。

 さらに、日本軍の「非人道的な行為」は「今春、河野談話を否定した安倍首相の態度への批判を込め、談話を出した『本人』として、あらためてアジアに対する謝罪を誠実に発信したいと考えたのではないか。追悼の辞は、日本の政治家として確信に満ちた強いメッセージとなった」と語る。

 一方、精神科医の香山リカさんは「終戦を受けて『決して過ちを繰り返さない』と誓い、戦争放棄を定めた憲法九条を選択したのは『私たち日本国民』だと明確に言い切ったところに、憲法改正を目指している安倍政権への批判が率直に表れている」と指摘する。

 さらに「過去の追悼の辞では、河野さんはアジアへの謝罪の気持ちを穏やかに表現した。しかし、今回のレトリックや比喩(ひゆ)のない表現には、憲法押し付け論などを背景に高まる改憲論議に対して『今こそ言いたい』という本音が出たような気がする」。そして「自民党も一枚岩ではないという状況が、この追悼の辞で浮き彫りになった」と言う。

-------------------------------------------
■同様の趣旨の記事を、『保坂展人のどこどこ日記』から。

戦没者追悼式で河野衆議院議長
「新しいレジーム」と宣言


昨日、日本武道館で行なわれた政府主催の戦没者追悼式で「追悼の辞」を述べた河野衆議院議長だが、隣に座っていた安倍総理を痛烈に批判し、「戦後レジームの脱却」などの言動を忌避厳しく批判する内容を述べた。「私たち日本国民が、62年前のあまりに大きな犠牲を前にして誓ったのは「決して過ちは繰り返さない」ということでした。そのために、私たちは一人一人が自らの生き方を自由に決められるような社会を目指し、また海外での武力行使を禁じた「日本国憲法に象徴される新しいレジームを選択して今日まで歩んでまいりました」と語り、さらに改めて河野官房長官談話を継承するように「また、私は日本軍の一部による非人道的な行為によって人権を侵害され、心身に深い傷を負い、今もなお苦しんでいる方々に、心からなる謝罪とお見舞いの気持ちを申し上げたいと思います」とつけ加えるのも忘れなかった。

 民主党から就任したばかりの江田五月参議院議長の挨拶にまして、河野衆議院議長は安倍政権の「美しい国路線」に警鐘を打ち鳴らした。「戦後レジーム」を打ち捨てようとして政治的情熱をなおもたやさない安倍総理に対しての「直言」と感じた。

-------------------------------------------
■ついでに、河野氏のことばも転載しておく。

河野洋平衆議院議長による追悼の詞(ことば)  <全文>

 天皇皇后両陛下のご臨席を仰ぎ、全国戦没者追悼式が挙行されるにあたり、謹んで追悼の辞を申し述べます。
 終戦のご詔勅のあの日から62年の歳月が流れました。国策により送られた戦場に斃(たお)れ、あるいは国内で戦火に焼かれた内外全ての戦没者の御霊に衷心より哀悼の誠を捧げます。
 今日のわが国の平和と繁栄は、戦没者の方々の尊い犠牲の上に築かれたものであり、私たちは日本人として、これを決して忘れてはならないと思います。三百万余りの犠牲は、その一人一人が、一家の大黒柱であり、あるいは前途に夢を持ち、将来を嘱望された青年男女でありました。残されたご遺族の悲しみを思います時、私は失ったものの大きさに胸が潰れる思いであります。
 そしてそれは、わが国の軍靴に踏みにじられ、戦火に巻き込まれたアジア近隣諸国の方々にとっても、あるいは真珠湾攻撃以降、わが国と戦って生命を落とされた連合国軍将兵のご遺族にとっても同じ悲しみであることを私たちは胸に刻まなければなりません。また私は、日本軍の一部による非人道的な行為によって人権を侵害され、心身に深い傷を負い、今もなお苦しんでおられる方々に、心からなる謝罪とお見舞いの気持ちを申し上げたいと思います。
 私たち日本国民が、62年前のあまりに大きな犠牲を前にして誓ったのは「決して過ちを繰り返さない」ということでありました。そのために、私たちは一人一人が自らの生き方を自由に決められるような社会を目ざし、また、海外での武力行使を自ら禁じた、「日本国憲法」に象徴される新しいレジームを選択して今日まで歩んでまいりました。
 今日の世界においても紛争は絶えることなく、いまも女性や子どもを含む多くの人々が戦火にさらされ苦しんでいます。核軍縮の停滞がもたらした核拡散の危機は、テロリズムと結びついて私たちの生存を脅かそうとさえしています。私たちは、今こそ62年前の決意を新たにし、戦争の廃絶に向け着実な歩みを進めなければなりません。その努力を続けることこそ、戦没者の御霊を安んずる唯一の方法であると考えます。
 私は、国際紛争解決の手段としての戦争の放棄を宣言する日本国憲法の理念を胸に、戦争のない世界、核兵器のない世界、報復や脅迫の論理ではなく、国際協調によって運営され、法の支配の下で全ての人の自由・人権が尊重される世界の実現を目指して、微力を尽くして参りますことを全戦没者の御霊を前にお誓いし、私の追悼の詞(ことば)といたします。

-------------------------------------------
■自民党・民主党のハト派勢力が、少々高齢化しつつも健在であること、両党の左右のひろがりこそ、オキナワやヒロシマ・ナガキサの反戦平和勢力さえもかかえこむ「ふところ」の ひろさという評価も可能だろう。■東京新聞の論評と保坂氏のコメントに、特段異をとなえる気はない。■「日本のはじさらし なんて、どうでもいいことだ。被害者への侮辱にどうおわびするのだ?」でも、強調したような、国家間のメンツ問題ではなく、存命の被害者・関係者への謝罪の意思の有無問題にも、抽象的にではあれ、ふみこんでいるしね。

■ただ、「自民党内部からも きびしい異論がだされる 安倍首相の『あまい』歴史認識」といった総括でいいのかという問題提起をあえてしたい。
■「海外での武力行使を禁じた「日本国憲法に象徴される新しいレジーム」を堅持する」といった戦後日本の「国是」は、そのまま評価していいのかという問題だね。

■たとえば、「「日本国憲法に象徴される新しいレジーム」を堅持する」といったときに、ハラナがすぐにおもいうかべるのは、“日米地位協定と沖縄”とか、“核の傘”のもとでの「非核三原則」やら「反核平和」運動だ。
■沖縄戦=戦略持久戦の犠牲という「大恩」を「仇(あだ)」でかえすように、「ささげもの」として軍事植民地化を黙認した戦後体制=平和憲法第9条のうすぎたない裏面である。さらに、沖縄の社会学者 新崎盛暉〔あさらき・もりてる〕さんらの指摘するとおり、「70年安保条約廃棄闘争のころ、日本本土の米軍基地は返還され、駐留していた米軍は沖縄に移された」。しかも、施政権返還後も、「ささげもの」体制に基本的変更をくわえなかった最低のしうち。米軍基地の「本土」負担分:オキナワ負担分=1:3を、面積比99.4:0.6でわればどうなるか? 1:497である。しかも、米軍基地が集中しているのは、ほぼ沖縄島・伊江島2島で、沖縄県のほぼ半分。ってことは、1:994、約1000倍の密度で集中しているってこと。■戦後一度たりとも「美しい国」であったことがないこの列島の政治的現実である〔「軍事植民地としてのニホン/オキナワ」〕。
■あるいは保坂氏自身がみとめるとおり、「戦後、米国の原爆投下に一度も抗議していない日本」という、よわむし内閣を延々と成立させた、こしぬけ民族である。■しかも朝鮮戦争・ベトナム戦争・湾岸戦争…と、一貫して米軍の「後方支援」をことわったことのない、偽善的なうわべだけの平和国家という「美しくない国」の面目躍如というべきだろう。■水俣病患者や被爆者に対して、地域住民が陰に陽に強烈な差別をくりかえした「美しくない国」でもある。ヒロシマ・ナガサキの反核平和運動のかげでくりかえされた、直視したくないだろう現実である。

■要は、憲法前文にあるような崇高な理念が実現したことは一度たりともないのだ。■軍隊が国内外で殺人しなければそれでいいってはずがなかろう。なにしろ、あまりに高邁・高遠な前文だからねぇ。

日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたって自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によって再び戦争の惨禍が起ることのないようにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めている国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思う。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

われらは、いずれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであって、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従うことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立とうとする各国の責務であると信ずる。

日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓う。




●「トラックバック・ピープル 安倍晋三