■日本語人名と漢字表記については、何度かかいてきたが、きょうの素材は『産経新聞』の「主張」。

【主張】名前と漢字 
公共財を棄損する「感字」

 富山県立山町在住の両親の下に生まれた三女に、「稀星」と書いて「きらら」の読み方の名をつけ、立山町役場に出生届を出したところ、「星は『らら』とは読めない」として再考を促された。三女は富山市の病院で生まれたところから、今度は出生地である富山市役所に届け直した。すると、「両親の思いを尊重する」としてあっさりと受理された。

 出生届受理についてまちまちに判断が分かれるのは一体どうしたことなのか。子の名は戸籍法によって常用平易な文字を用いなければならない。漢字の場合、常用漢字か戸籍法施行規則の別表に定められた人名用漢字(983字)の範囲に限られる。問題なのはこれに読み方の制限がないことだ。

 近ごろの子の命名には「陽翔」と書いてハルトとか、「大翔」でツバサとか、漢字ならぬ感字のような文字選びが行われる向きがある。読み方に規定のないことが混乱を招いている。
 漢字に限らず文字というものは昔から今、今から未来へと継承される時代を超えた約束事だ。それが守られてこそ過去の文物を今読むことができ、今の文物を未来の人が理解することができる。

 文字は超がつくほどに高度な公共財なのだ。もし私的な好みで恣意(しい)的に読み替えることに寛容であれば、文字の持つ体系性がなし崩しに崩され、コミュニケーション機能も損なわれて、文字が文字の役目を果たせなくなってしまう。

 とはいえ、ある漢字の人名に用いられる読み方を網羅することなどできない相談である。そこに人名用漢字の欠陥がある。では、なぜそのような欠陥規格が作られたのか。それは、子につける名に用いる漢字が常用漢字だけでは間に合わなかったからだ。

 常用漢字が国民の文字生活に十分間に合うだけの字種を収録した文字集合であったなら、このような漢字文化の劣化は生じなかったであろう。漢字制限の思想を引きずる常用漢字という大本を正し、人名用漢字のような規格は早く清算すべきだ。

 同時に、子の命名に当たっては、漢字が公共財という意識を強く持ち、いにしえに典拠を求めるなど、「感字」を戒める節度が求められよう。


(2007/08/25 05:03)

--------------------------------------
■「読み方に規定のないことが混乱を招いている…もし私的な好みで恣意(しい)的に読み替えることに寛容であれば、文字の持つ体系性がなし崩しに崩され、コミュニケーション機能も損なわれて、文字が文字の役目を果たせなくなってしまう」とは、まさにこの日記の当初からのたちばを代弁してもらっているようで、実にうれしい(笑)。■しかし、『産経』の論説委員の先生、おそらく、ご自分でおかきの論理の射程は、ごぞんじないだろう。■なぜ、そう断定していいか?
430e322f.jpg
■?「文字というものは昔から今、今から未来へと継承される時代を超えた約束事だ。それが守られてこそ過去の文物を今読むことができ、今の文物を未来の人が理解することができる」という歴史認識は、一見正論が、ことの反面しかとらえていない。■モジ体系は、普遍的な伝達を目的とするものもないではないが、基本的には、筆記者が、後日の自分自身をふくめた近未来の読者への「おぼえがき」的な本質をもつ。■実際には、100年どころか50年後でさえも、「細部は意味不明」はごく普通だし、「ところどころ誤読」も充分ありえるのだ。■はなしことばほどの変動の質・量は ひきおこさない、相対的に保守的な体系ではあるものの、すこしずつ体系は変動がくりかえされ、たとえば1000年後には資料解読の専門家以外には判読が不能ないし困難になるのだ。■万葉仮名の写本(万葉集など)をよめないのはもちろんこと、ほぼ1000年まえの源氏物語を活字化したものでさえも、注釈ぬきにすらすらよめる読者は、充分教養人といってさしつかえない。■要は、数百年後はもちろん、数十年後でさえも、「われわれの表記法の細部まで規則に習熟すること」といった命令を後世に課すことはできない。■「こんな漢字もよめ(かけ)ないのか」と、年長者・教育者は、しばしば なげき・なじるが、それは たかだか1世代未満ぐらいの世代差とか、少々の学歴・学識の格差が、すでに「文化資本の断絶」をきたしていることの証拠である。■数十年後に つつがなく、つたわるという期待自体が、まちがっている。もとより、漱石・鴎外なみに、100年後もよみつがれるような古典性をもちうるテキストをかきのこすこと自体が困難であり、それをめざすのは、基本的に誇大妄想的である。■第一、漱石・鴎外が文学研究者以外に100年後よみつがれている保証などない。100年後も大衆的魅力を維持できるかあやしいし、第一すでに序曲がはじまっている、テキストの爆発的な急増傾向のなかに うもれない古典性(耐用年数のながさ)は、ほとんどあらゆる古典作品にあてはまるのだ。■まして、これからかく文書が、10年後も一定程度の読者を確保するとすれば、よろこぶほかない。

■?「もし私的な好みで恣意(しい)的に読み替えることに寛容であれば、文字の持つ体系性がなし崩しに崩され、コミュニケーション機能も損なわれて、文字が文字の役目を果たせなくなってしまう」というのだが、固有名詞には、際限ないほどの寛容さを維持してきたのが、この列島の「伝統」なのである。■「東海林〔ショージ〕」「服部〔ハットリ〕」「五十嵐〔イガラシ〕」「(小)鳥遊〔タカナシ〕」…等々、人名・地名の相当部分が、恣意的「伝統」にほかならない。■もし、現在の「「稀星」と書いて「きらら」の読み方の名をつけ」るといった、わかいおやたちの行動が、「伝統」破壊的であるとすれば、地域共同体による言語文化の共有ではなく、夫婦間の合意だけという、極私的な」「とりきめ」を公的に登録しようという意識と、周囲の「承認」の水準のズレだろう。■しかし、戸籍法が、子のなまえの「よみ」について自由放任(無政府主義)をとおしているし、もともと、苗字(家族名)については、漢字の字体ほか、なんらの制限ももうけず、なんでもありとしているのだから、わかい世代の言語意識をとがめる方がまちがっている。



■つぎに『産経』の論説委員の先生、「読み方に規定のないことが混乱を招いている」といきどおり、「漢字制限の思想を引きずる常用漢字という大本を正し、人名用漢字のような規格は早く清算すべき」と、いさましい。■しかし、このふたつの議論は、全然一貫性をもちえないというか、別個の問題ないし、ときにあい矛盾する方向性なのだが、そのことも認識されていないだろう。そうでなければ、ここまで激高した「ご高説」が展開されるはずがない。

■?「読み方に規定のないことが混乱を招いている」といきどおっても、さきにのべたとおり、列島の「よみ」文化が恣意性そのものを「柔軟性」「おもしろさ」などと、「伝統」視してきたのだ。■保守主義者が、こういったところで、唐突な「合理主義」をもちだすから破綻する。というか、不勉強を露呈する。文化的保守主義なら、それらしく、「伝統」のお勉強をなさったうえで、議論を展開なさるがよい。

■?そして、これは「漢字制限の思想を引きずる常用漢字という大本を正し、人名用漢字のような規格は早く清算すべき」という論理と衝突する。「よみ」だけを制限し、「表記」を無制限しろというのは、おかしい。■「東海林〔ショージ〕」がよめないのは無教養だと、「(小)鳥遊〔タカナシ〕」もよめるようにせよという主張が極論であるように、この種の議論は、(a) 無制限に放置するかわり、かならず「ふりがな」併記にするか(自由主義)、(b) 「ふりがな」不要の簡明な固有名詞以外、きびしく制限するか(規制主義)、どちらかしかありないのだ。■「文字は超がつくほどに高度な公共財なのだ」と力むのなら、苗字・個人名にかぎらず、どちらかの主義で一貫させないとおかしい。

■?ところが、この論説委員の先生、曲芸的な「感字」がでようがないぐらい、無制限な漢字の字種をみとめよと主張する。字種数さえふやして、「人名用漢字」といった、特別枠を不要とするような制限撤廃さえすれば、曲芸的な「感字」が消滅すると信じているようだ。■しかし、両者は別個の発生要因をもっており、たがいが因果関係にあるような性格の関係性にない。そのことが、単なる知的混乱なのか、全然整理がついていないようだ。



■これらは、言語学の素養とか文献学の基礎知識といった、基本的認識の欠如というより、論理的能力の欠如のあらわれとしかおもえない。■そして、こういった論理的に完全に破綻した議論を得々とかけてしまう新聞人と、それに疑問を感じない大半の購読者というものが「共犯関係」にあるとしたら、冷静なモジ改革・政策立案などできるはずがなかろう。■現実の政治が、実に野蛮な論理でおしとおされているのとおなじく、文化行政に論理的な思考が欠落し、妙に感情的に興奮した暴論しか、「大声」になりそうにないからだ。



●「【主張】名前と漢字 公共財を棄損する「感字」 」〔オピニオンニュース:イザ!〕 「トラックバックブログ」一覧
●「産経社説 名前と漢字 公共財を棄損する「感字」」〔『finalventの日記』〕

【日記内関連記事】
●「人名用漢字の戦後史
●「コドモはオヤをえらべない(トホホな漢字人名)」「女子大生が命名辞典 椙山女学園大(朝日)」「雑記帳:男児は大翔、女児は陽菜…今年の命名ランキング(毎日)」「漢字にも「方言」 早大教授が100以上の地域文字発見(朝日)」「つけたい名前のイメージ(ベネッセ)
●「笹原宏之『日本の漢字』4」「笹原宏之『日本の漢字』12」「笹原宏之『日本の漢字』14」「笹原宏之『日本の漢字』15

●「日本語をかく(自国文化・論2)
●「沖縄/教育権力の現代史
●「やっぱりおこっていた漢字人名の入力ミス(年金記録問題