■ことしのなつは、映画版『夕凪の街 桜の国』をみたこともあり、原爆関連の記事をたくさんかいた記憶があるが、非戦闘員のこうむった惨劇だけでなく、兵士たちの無残な末路も無視できないのは、いうまでもない。■とりわけ、戦地で収奪などをしたわけではなく、敵軍に打撃をあたえるという目的だけで犠牲となった兵士たちの「犬死」ぶりは、わすれるべきでない存在だ。かれらを英霊としてもちあげる策動もあるし。
■そんななか、感染症や飢餓、負傷などでしんでいった兵士の無念さも、さることながら、「英霊」の象徴としてさかんに称揚されてきたのが「特攻隊」であることは、いうまでもない。「同期の桜」など軍歌が、右翼街宣車からながれることはマレではあるが、それがイメージされるところに、特攻隊の政治的意味が象徴的にしめされている。■犬死以外のなにものでもない、作戦上の「外道」である「特攻隊」については、つい最近もふくめて何度もかいてきたが、おととしの8月15日には、保坂正康氏の本を書評するかたちで、「あの戦争は何だったのか」という記事で、かなりたちいったことをかいた。■それと関連して、とても気になるブログがみつかったので、一部転載する(「第259号 私の昭和史5 日本の特攻作戦」)。

 石原慎太郎の映画「俺は君のためにこそ死にに行く」を見た。すこし遅れたので冒頭の部分を若干見落とした。

 私が見たのは、多分玉井副長が関大尉に大西司令官の意向を伝え、最初の特攻指揮官として突入してくれと依頼する場面からだった。大西司令官は日本の敗北を予期しており、特攻攻撃でどれほど犠牲を出しても、それで局面を転換できるとは考えていなかった。しかも、なお特攻戦術を発案し、強行したのはなぜか。
 玉井はこれを邪道として反対したが、大西は邪道ではあるが、一身を犠牲にして敵艦に突入する日本人の不屈の戦闘心をしめすことによってアメリカ人を畏怖させることが必要だ。それが講和の際の条件にいい結果をもたらすだろうというのであった。

 途中から見たのと、俳優の言葉がいかにも表面的で心にしむものでなかったから、なにか空虚な理窟をこねているようで腑に落ちなかった。

 ただ、この戦争は白人の支配からアジアを救う戦争だという意味の言葉が絶叫のように聞こえたばかりである。

 このような敗北必至の戦争末期に、なぜ、特攻作戦が発案され、狂気のように多くの若者を空しい死に追いやったのか。予科練出身の戦闘機乗りで、特攻機の掩護にあたった角田和男の「修羅の翼」は、映画ではわかりにくかった大西中将の真意を次のように伝えている。

 大西は軍需大臣として日本の戦力を知悉する立場にあった。軍需生産の原料も飛行機や艦船の燃料もすでに底をついて、到底戦争をつづける力はない。この状態でもし本土決戦ということになればひどいことになる。なんとしても一刻も早く講和する必要があるが、もしいまこのような主張をすれば、たちまち憲兵に逮捕され、国賊と罵られることになる。いま、戦争をやめさせる力があるのは天皇だけだ。

 万世一系仁慈をもって国を統治された天皇が特攻攻撃のような悲惨な戦闘に若者の命が無残に奪われるの知れば、そこまで日本が追い込まれていることをしれば、戦争終結を決意されるだろう。それだけが頼みだというのであった。つまり、無残な犠牲を積み重ねることで天皇の決断をはやめ戦争終結を実現したいというのであった。さらに一身を犠牲にしてたたかう日本の若者の姿を示して、アメリカに本土決戦の容易ならぬことを知らせ、講和の条件を緩和したいというのであった。

 しかし、天皇は海軍大臣より敷島隊成功の報告を聞いて『かくまでやらねばならぬということは、まことに遺憾であるが、しかし、よくやった』と言った。特攻を止めろとは言わなかった。角田はそれを中島飛行長から聞いたという。

 特攻は戦果をあげることが目的ではなかった。死ぬことが目的だった。爆弾を輸送船に命中させて帰還した特攻隊員は「特攻に出た者が何で爆弾を落としたか」と叱責され、翌日、ふたたび特攻出撃を命じられた。こうして特攻攻撃は45年4月からの沖縄戦にも大量につづけられ、大量の犠牲を空しく積み上げた。

 私ガ見落としたのかもしれないが、映画は天皇へのアピールという点を疎外していたから、大西中将の真意をわかりにくいものにしていた。この映画では関大尉をはじめ特攻隊員の家族への愛を強調して、個人の苦悩を強調していたが、結局それは国のために死んで行った若者たちの悲劇を美しく描き出すためのものでしかなかった。石原の意図は特攻隊を美化することにあったから、すべて表面的で上滑りしているように思われた。
……

------------------------------------
■ここにあげられている「大西司令官」とは、終戦直後に自決した大西瀧治郎中将であるが、「あの戦争は何だったのか」のなかでは、引用箇所に一回でてくるだけで、なんら重視されていない人物だ。■ま、だれが形式的に提起したのかなど、どうでもいいことなので、あたりまえではあったのだが、うえのブログのような文章をよんでしまうと、無視もできない。

…なんとしても一刻も早く講和する必要があるが、もしいまこのような主張をすれば、たちまち憲兵に逮捕され、国賊と罵られることになる。いま、戦争をやめさせる力があるのは天皇だけだ。

 万世一系仁慈をもって国を統治された天皇が特攻攻撃のような悲惨な戦闘に若者の命が無残に奪われるの知れば、そこまで日本が追い込まれていることをしれば、戦争終結を決意されるだろう。それだけが頼みだというのであった。つまり、無残な犠牲を積み重ねることで天皇の決断をはやめ戦争終結を実現したいというのであった。さらに一身を犠牲にしてたたかう日本の若者の姿を示して、アメリカに本土決戦の容易ならぬことを知らせ、講和の条件を緩和したいというのであった。

 しかし、天皇は海軍大臣より敷島隊成功の報告を聞いて『かくまでやらねばならぬということは、まことに遺憾であるが、しかし、よくやった』と言った。特攻を止めろとは言わなかった。…


■かんがえぬいたあげく、天皇への空疎な期待がからまわりし、最悪の結果をうんでしまったわけだ。■これひとつとっても、昭和天皇ヒロヒトの「耐え難き耐え、忍び難き忍び…」うんぬんの真意がよくわかる。臥薪嘗胆よろしく、つよがっていいわけをかましているが、所詮は空爆からのがれていた旧江戸城にかくまわれていたかれには、東京大空襲や広島・長崎、沖縄戦などの惨劇はまったくこたえていなかったということだ。単に絶望的な戦局の推移を象徴する事件の連鎖であり、天皇制や軍隊を解体させられるという恐怖感だけが、リアルなものとしてあったということだ。■軍部がやけになって「外道」にふみだしたことに、いまさら不満をもらすこともできない空気が充満していただろうけど、それをわりびいたってね…。

■こんな連中のために膨大な犬死がくりかえされたことを、失敗学的に反省できない連中が国政をになっているという現実は、日本列島の今後を象徴しているといえそうだ。■ちなみに、この大西司令官、「幼い頃より、日露戦争の軍神・広瀬武夫に憧れて海軍を志し」たんだそうだ。やれやれといった感じ。


●「敗戦の清算とはなにか
●「杉本五郎(取捨選択版Wikipedia)