■沖縄で大集会となった一方、一部媒体をのぞいて あまり関心がもたれない 歴史教科書記述の「集団自決」問題という、こまった現状を指摘しておいたが、地域によっては、もちろん呼応もあった。■いくら、そういった情報を重視する『朝日』とはいえ、つぎのような報道は記録化しておく意味があるだろう。

検定撤回求める議決、沖縄以外でも 
集団自決教科書削除

2007年09月27日14時05分

 沖縄戦で起きた住民の「集団自決」に、軍の指示や強制があったとする記述が高校教科書の検定で削除された問題で、検定意見の撤回を求める意見書が沖縄以外の各議会で相次いで可決されている。一方、沖縄では、検定結果の公表から半年たっても検定への反発は高まるばかりで、29日には撤回を求める県民大会が、党派を超えた各団体の主催で開かれる。仲井真弘多知事も出席予定で、95年の米兵による少女暴行事件の時のような全県のうねりとなりそうだ。


 「日本軍の関与が無ければ起こり得ず、多数の証人証言があるからこそ教科書にも記述され続けてきた」――東京都国立市議会は21日の本会議で、こんな意見書を賛成多数で可決した。

 市民からの陳情を受けて提出者となった小川宏美市議(国立・生活者ネットワーク)は、大学の卒論のテーマが沖縄の戦後史。「過去の事実をきちんと伝えていきたい」という思いだった。
 沖縄県議会は同じ趣旨の意見書を2度可決した。その1回目と同じ6月22日、米軍キャンプ座間を抱える神奈川県座間市議会でも、従来の教科書記述の復活を求める意見書が可決された。

 キャンプ座間は世界規模の米軍の変革・再編の中で機能強化が計画されている。提出者の沖永明久市議(市民の党)は「基地問題でも沖縄と本土の温度差は大きい。むしろ『ヤマト』から声を上げなくては」と話す。

 首都圏では千葉県船橋市議会の文教委員会でも可決されたが、27日の本会議での結論は微妙だという。

 高知県内では、2市1町の議会で可決。高知市議会も27日の本会議で可決の見通しだ。

 このうち、全会一致だった香南市は、旧野市町だった93年から、沖縄県具志頭(ぐしかみ)村(現・八重瀬(やえせ)町)と姉妹都市だ。提出者である保守系会派の野村正夫市議は「何度も沖縄を訪れ、多くの人に話を聞いたが矛盾は無く、今回の文部科学省の対応はおかしい」と話す。

 宮崎県の美郷町議会は28日の本会議で全会一致で可決する見込みだ。

 美郷町には戦時中、沖縄県豊見城村(現・豊見城市)から児童53人が疎開した。88年に姉妹村提携を結び、以来、子どもたちが毎年相互訪問している。今回の決議は、豊見城市側の要請を受け、甲斐保男町議(無所属)が「沖縄の力になれれば」と提案したという。

 こうした動きに、沖縄県民大会の実行委員長を務める仲里利信・県議会議長(自民党)は「大変ありがたい。本土では、この問題の関心はまだ低い。うねりがもっと広がり、国を動かす力になることを願いたい」と話す。

----------------------------------------
■こういう ひろがりが おおきくなれば、政府がアホな政策をつづけることは困難になっていく。

■しかし、『朝日』は、朝刊2面にときどき特集としておく「時時刻刻」が、かなりいい線をいっているんだが、なぜかウェブ上にあがらない。是非、これをウェブ上に公開・保存してほしいものだ。


【シリーズ記事】
●「検閲機関としての文部科学省(「集団自決」記述)
●「検閲機関としての文部科学省(「集団自決」記述)2
●「検閲機関としての文部科学省(「集団自決」記述)3」 
●「検閲機関としての文部科学省(「集団自決」記述)4
●「文科省が削除要求 「集団自決」修正(沖縄タイムス)=検閲機関としての文部科学省5
●「全軍が自決強要しなければ、教科書にかかせないか?=検閲機関としての文部科学省6
●「「集団自決」検定 調査官「つくる会」と関係(琉球新報)=検閲機関としての文部科学省7
●「やっぱり「集団自決」記述削除の犯人は文科省官僚=検閲機関としての文部科学省8
●「アベ政権は沖縄県民ではなく日本軍を守る(なごなぐ雑記)=検閲機関としての文部科学省9
●「県議会「集団自決」意見書可決(沖縄タイムス)=検閲機関としての文部科学省10
●「【慰霊の日】に合掌する(なごなぐ雑記)=検閲機関としての文部科学省11
●「62年前に見た集団自決の現場 「軍曹が命じた」(朝日)=検閲機関としての文部科学省12
●「慙愧に耐えない(なごなぐ雑記)=検閲機関としての文部科学省13
●「沖縄県議会、また「自決強制」削除批判=検閲機関としての文部科学省14
●「「集団自決」修正/全国地理研も決議(沖縄タイムス)=検閲機関としての文部科学省15
●「「南京」検定も国主導/職員、反証文献出版にお礼(沖縄タイムス)=検閲機関としての文部科学省16
●「文科相「検定の経緯精査」/意見変更可能性も(沖縄タイムス)=検閲機関としての文部科学省17