■先日の記事「「石原産業が産廃不法投棄 元取締役らを告発」?」へのトラックバック記事「再生土という名の廃棄物」の大半を転載。


……
愛知県瀬戸市は産廃銀座なのです。
市内にたくさんある粘土鉱山の埋め戻しにフェルシルトを代表とするニセ再生土が利用されています。
このニセ再生土は,本当に困ったものなのです。


再生土は有害な科学物質などで汚染された土を薬物処理や熱処理を通じて無害化した土であると考えられます。
こうした再生土は埋め戻しや造成用のリサイクル商品になります。
というのが建前なのですが,通常,数百円で再生土を購入すると,再生土販売業者から運搬費などの名目で10トントラック1台につき数万円が支給されます。
この差額分が建設業者の利益となるので,あちこちの工事で埋め戻しや造成に利用されています。

この再生土ですが,どうも品質に問題があるらしい,という事がわかってきた。
その中で一番大きな問題となったのがフェロシルトの問題でした。

このフェロシルトには環境基準を超える六価クロムやフッ素、放射性物質が含まれていました。
そして,フェロシルトの問題は東証1部上場の石原産業が起こした事件だったので,行政や世論が動きました。
しかし,産業廃棄物を再生土にする会社はほとんどすべてが暴力団や中国・朝鮮系マフィアが関与する中小企業(フロント企業)によって経営されています。
そのようなフロント企業には常に悪い噂が付きまとっていますが,なかなか事件にはなりません。
何か指摘しようものなら,しばらくの間,怖いおじさんにつけまわされます。
すべてが危ない会社なので,挙げてもキリがないでしょう。
マスコミも,小さい会社の不祥事では一般人の興味を引く記事になりませんから,取り上げません。

こうしたフロント企業によるニセ再生土を利用したこういう事件が発覚しました。
とても珍しい事例だと思われます。


愛知県瀬戸市の廃棄物処理会社「海青」(杉原盛秀・代表取締役)が、鉄鋼大手のJFEスチール(東京都千代田区)などから処理を委託された産業廃棄物の工場汚泥を、無害化するとした県への申請とは異なる方法で処理し、埋め戻し材として県内の造成地に計約1万トンを埋め立てていたことが分かった。


おそらく,豊田市や岡崎市の住民が騒いだから発覚したのでしょう。

この「海青(カイセイ)」という会社は,聞くところによると朝鮮系のフロント企業だと思われるのですが,あちこちに同じ再生土を埋めています。
そのほとんどが瀬戸市や多治見市の鉱山跡地であり,私の知る限りでは同時期に同じ廃棄物処理場で処理した再生土10トントラック数千台分が赤津インター近くの某鉱山跡地に搬入されています。
サーキットの比ではない。
山一つ分,という表現がぴったりくるほどの量が埋まっています。

しかし,瀬戸市も愛知県も住民も動く気配がない。
役人や住民団体の役員を買収しているとの噂もたえません。
寝た子を起こしたくない,という思いもあるのかもしれません。
現在,その上に大手T合成の工場が建設されています。

しかし,含まれていると想定されている毒物はシアン化合物,フッ素化合物と六価クロムです。
このままでは瀬戸市在住の方はがん保険に入れなくなる日が来るかもしれません。
地域別がん発症率の統計を公表すれば,このような産業廃棄物不法投棄が現実的な危険として実感できるのかもしれないですね。
同時に地域に対する差別も生み出すのでしょう。

およそ住民もわかった上で無関心を装っているので自業自得なのですが,末代まで祟る,というのはこういうことを言うのでしょう。

-----------------------------------
ミクシイの過去記事をよんでいないので、どういった職業かはわからないが、ブログのタイトルと、話題からいって、個人名を特定されると危険がおよぶことがあるとおもわれる。■それはともかく、時間がないので、すこしだけコメントを。

■?石原産業自体が、廃硫酸の処理のために、あやしげな「土壌」をフェロシルト以外にもこしらえて「販売」しているようだ(「石原産業は酸化チタンの廃硫酸をを使った「環境商品」としてジプサンダー、フェロフィックス、MT酸化鉄を販売している。http://www.iskweb.co.jp/ISKWEB1-3-1-4.htm)。他社が、廃硫酸ほか、さまざまな産廃を「土壌」化して、リサイクル製品だといっては、「販売」するおそれは、たくさんあるのだとおもう。
■?石原産業のように、前科のある大企業がやらかしたから、さわぎがおおきくなったのであって、ちいさな会社の不祥事はマスコミがさわがないだろうという見解は、おそらくただしい。
■?ただし、在日少数民族などのからんだアウトローがからんでいることを、石渡さんのような巨視的構図でとらえていないので、単に「怖いおじさん」といった、差別意識のからんだ軽侮・苦笑の次元に矮小化されている。
■?それと、最後のくだりも、あまりに「ひとごと」。企業城下町の住民が受苦圏にくらしながらリスクにマヒする構造を、やはり軽侮するだけの差別的指摘にとどまっている。■水俣病や原発地帯(沖縄も、一部いれていいかもしれない)などと同様、これらはみな、大都市部の受益圏のシワよせをくらっているわけで、地域住民の意識のひくさといった次元で分析をおえてしまっては、まずかろう。■大企業社員や大都市住民は、これらの構図をどの程度意識しているかはともかく、地域ボスの利用をふくめて、最大限利用・搾取に援用しているのであって、「ニセ再生土」をめぐる醜悪な構図は、地域の問題というより、地域におしつけられた問題というべきだろう。