■ずいぶんまえにかいた「記録・複製・転送技術と監視社会再論」および、「「改正入管難民法」の意味」の続編。


外国人の指紋採取を開始 
「テロ脅威」「強制、最悪」

2007年11月20日06時26分

 日本に入国する外国人に指紋採取と顔写真撮影に応じることを義務づける制度が始まるのを前に、鳩山法相が19日、成田空港第1ターミナルの新しい入国審査システムを視察した。プライバシー侵害の懸念などから市民団体による反対運動が高まっていることに対し、法相は「テロは大きな脅威。価値の比較考量の問題で、我慢していただくしかない」などと理解を求めた。

成田空港の入国審査場で外国人に指紋採取
の説明をする入管職員=20日午前d15c5f56.jpg


 制度は20日から全国27空港と126海港で一斉に始まった。在日韓国・朝鮮人ら特別永住者と外交・公用の人を除く、16歳以上の外国人が対象だ。

 鳩山法相は視察後、報道陣に「アルカイダの関係人物が日本に何回も入国した事実がある。そういうことを防ぐ効果はあるだろう」と意義を強調した。
 一方、国際NGOのプライバシー・インターナショナル(本部・ロンドン)は19日、欧米やアフリカ諸国など約70の市民団体の共同署名で「指紋採取の強制は世界で最悪の国境管理だ」とする声明を法務省と鳩山法相にあてて送付した。

 ピースボートアムネスティ・インターナショナル日本なども都内で合同記者会見を開き、「『外国人の問題』と見過ごされがちだが、日本が導入すれば他国も追随し、日本人も指紋を採られるようになりかねない」と制度の見直しを求めた。

------------------------------------------
■テロをもちだせば、市民の不安につけこんで監視社会がつくれるという当局のもくろみはバレバレ。■つぎは、どういった理由をもちだして、入国者以外にも適用できるような体制にもちこむつもりか…。
■それはともかく、「外国人≒リスク要因」って差別意識と「外国人≒日本社会に利益をもたらすべき存在」って位置づけは、なんとかならんかね。■このての、ごつごう主義の排外主義のいきつくさきこそ「非国民」とかいう分類・排除なんだが、自分にだけは「火の粉」がふってこないと、タカをくくっている感覚がよくわからない。


■それと、先日かいたとおり、私人としてはアルカーイダと、「友達の友達」どころか「友達」の関係性でも容認されるべきだとおもうが、公人としては、まずいはずの法務大臣が、「アルカイダの関係人物が日本に何回も入国した事実がある。そういうことを防ぐ効果はあるだろう」と発言するのは、自己矛盾きわまりない。■だって、「友達の友達」ぐらいの関係なら、あきらかに違法行為をたくらんでいるばあい以外は、出入国をみのがすのが普通じゃないかね? だって「予防検束」的な行為は禁止されているわけだし、共謀罪が不成立の現段階では、「謀議」の証拠があがっていたって、実行に着手しないかぎり、拘束できないはずだね。■つまりだね。「危険人物」って認定して、いれないという判断をくだすってことは、その時点で拘束・とりしらべにいきつくはずなんだが、そういった運用でホントにいいわけ?
■あと、外国要人とか、やんごとなき ごく一部のみなさんは、かおパスのはずだけど、そういったリストもつくるわけ? 係員には事前に情報がながれるのかな? 「この人物のは失礼のないように…」とか。■実に失礼な体制だね。定住外国人が除外されるからといって、問題なしなんて、ならないよ。
■まあ、「9・11テロ」直後のアメリカみたいな、神経質な体制にして、長蛇の列ができてもいいって発想か? ■これで、観光客は一層とおのくだろう。もともと「輸出超過」で、魅力にかける観光地だったけどね。
■ついでに、『オーマイニュース』の関連記事もはりつけておく。

指紋、顔写真は「NO!!!」 
外国人らが抗議デモ

20日から新入国審査スタート軸丸 靖子(2007-11-20 16:10)
指紋が描かれた黄色のバルーン
(20日正午、法務省前)(撮影:軸丸靖子)

img20071121.bmp 日本に入国する外国人に、指紋採取と顔写真撮影を義務づける新制度が11月20日から施行されたのを受け、在日外国人団体やアムネスティ・インターナショナルなどは同日昼、東京・霞が関の法務省前で抗議デモを行った。


 在日韓国・朝鮮人といった特別永住者と外交・公用の人をのぞく、16歳以上のすべての外国人が対象となる新制度。永住権を持っていても対象になる。

 2004年から米国が導入したテロ対策を模したとされるが、人権保護団体などは、米国の対策は、「テロリストの摘発には何の役にもたたず、むしろ政府がブラックリストに挙げた人権活動家などの入国拒否のためにのみ使われていることがすでに分かっている」などとして批判を強めている。

 法務省前に集まった外国人やその家族らはおよそ100人。指を1本つき出した形の黄色のバルーンに、厚紙で作った指紋の紙型、プラカードを掲げ、外国人が被っている差別と制度の矛盾、今後の懸念を口々に訴えた。最後は「指紋」「NO!」、顔写真「NO!」、差別「NO!」とシュプレヒコールを挙げた。

 今回の新制度について、 「米国の2倍厳しい。米国もひどいが、それよりひどい制度だ」と指摘するのは、米ニュージャージー出身のマーク・マカボイさん。

 2倍というのは、日本では、外国人登録証明書の携帯が義務づけられていることをさす。日本では、指紋と顔写真をとられても、これまで通り証明書の携行が必要だが、米国にはそもそもそういった証明書の携行義務はない。

 金融通訳として働くマカボイさんには夜勤がある。夜中に街を行き来しているため、これまで10年間で113回警察に止められ、外国人登録証明書の提示を求められた。携行していなかったり、拒否したりして警察に行かざるを得なかったことも何回もあったという。

 「今日も夜勤明けだったが、そのまま駆けつけた。米国でもやっていない証明書携行が義務なのに、このうえ指紋に顔写真までとるのはおかしい。外国人に対する差別だ」

と訴えていた。
【以下、写真等割愛】



●日記内「外国人・指紋」関連記事