■『村野瀬玲奈の秘書課広報室』の記事「岩国基地所属米兵による集団レイプ事件に関する不起訴決定に対する抗議声明」の全文転載。

アジア女性資料センター
http://www.ajwrc.org/
のサイトに、

岩国基地所属米兵による集団レイプ事件に関する不起訴決定に対する抗議声明

が今日出されました。少しでも多くの方の目に触れるよう、転載させていただきます。


http://www.ajwrc.org/modules/news/article.php?storyid=343

from AJWRC : 岩国基地所属米兵による集団レイプ事件に関する不起訴決定に対する抗議声明
投稿者: admin 投稿日時: 2007-11-21 11:39:05

広島で起きた岩国基地所属米兵による集団レイプ事件について、広島検察庁が不起訴を決定したことに対し、アジア女性資料センターは本日、以下の抗議声明を発表しました。
この声明にご賛同いただける団体・個人の方は、11月25日(日)までに、お名前と公表の可/不可を、ajwrc.shomei@gmail.comまで、お知らせください。週明け26日に、広島検察庁および広島県警に送付する予定です。

岩国基地所属米兵による集団レイプ事件に関する不起訴決定に関する抗議声明

10月14日に広島市中区で岩国基地所属の海兵隊員4人が女性をレイプした事件について、広島地方検察庁は11月19日、不起訴を決定しました。事件の公正な裁きを希望してこの間の経過を注視してきた私たちは、この決定に重大な疑問と懸念を表明し、広島地方検察庁および広島県警察本部に対し、不起訴処分取り消しと市民に対する説明責任を果たすよう要求します。
当初、日米地位協定に基づいて身柄引き渡しを要求するとしていた広島県警が、その後方針を転換し、身柄引き渡しを要求しないまま任意捜査とした経過を見るに、この間に性暴力の性質を適正に考慮し、犯罪性を立証するための十分な捜査が行われたのか、疑念を持たざるを得ません。加害米兵4人は、「合意の上」と主張していると報道されていますが、被害女性は、事件直後にはっきりと集団レイプの被害を訴え、告訴を行っています。女性は車の中で知り合ったばかりの外国人男性4人に囲まれ、助けを求めることのできない孤立した状況でした。強盗行為も行われています。このような被害女性の置かれた状況を考慮したとき、「状況にあいまいな点がある」として身柄を要求せず任意捜査にとどめた広島県警の判断、犯罪性はないとした検察の判断には、重大な疑念を抱かざるを得ません。

私たちがこうした懸念を覚えるのは、これまでにも、米軍基地所属米兵による性暴力事件の多くが適正な処罰を受けずにきたという事実があるからです。日米地位協定を盾に、多くの加害米兵がいかなる処罰も免れてきました。私たちはさらに、日本の警察・検察当局が、性暴力の適切な捜査と起訴を怠ってきたことが、こうした受け容れがたい不処罰の背景にあることを指摘したいと思います。2004年に在日外国人の女性が横須賀基地所属の米兵にレイプ被害を受けたケースでは、今回の広島で起きた事件と同様に、被害者が直後に警察に通報し告訴を行ったにもかかわらず、検察庁は理由を明らかにしないままに起訴を見送りました。この判断に不審を覚えた被害女性は、その後、民事訴訟で勝訴しています。現在、この女性は、事件を扱った神奈川県警の捜査が、性暴力被害者への配慮を欠く不適切なものであったとして、国家賠償請求を起こしています。

広島地方検察庁は、「本件の事案の性質」を理由として、不起訴とした根拠の説明を拒みましたが、被害者のプライバシーに配慮しながらも、説明責任を果たすことは可能なはずです。市民に対する説明責任が果たされないまま、このような凶悪犯罪を犯した米兵が処罰を免れるとすれば、日本の司法の信頼性を大きく損ない、将来にわたって、女性の人権保障に重大な影響を及ぼすことになります。私たちは、広島地方検察庁および広島県警察本部が、この疑念に応え、不起訴処分を取り消して刑事裁判事案として取り扱うこと、および事件処理に関する説明責任を果たすように要求します。

アジア女性資料センター

------------------------------------------
■先日、守屋前防衛次官スキャンダルがらみでふれたとおり、自治体の長自体がおよびごしというのが、日本の自治体の植民地根性を象徴しているが、県警・地検と、国家権力がこぞって追米ポーズとは、まあえげつない。■まあ、産業界は、アメリカだのみの一貫として、巨額な日本の国税を投入する米軍再編計画(海兵隊移転)にもむらがるは、米軍将兵たちに いたりつくせりのサービス三昧ときた。
■アメリカ軍にかぎらず、国外にはなたれた軍人兵士たちは駐屯さきの住民女性たちを、「従軍慰安婦」と信じていて、適当に調達してよいとおもいこんできた。今回もその典型例なのだろう。■そして、植民地のオトコどもは、おこるどころか、「従軍慰安婦」たちを提供するてはずまでととのえると。
■それにしても、こういった事態のときに、なんで右翼のおにいさんたちは、米軍基地にテロをしかけないんだろうね。ほとんどきいたことがないよ。■反共の親分には、あしをむけてねられないし、オンナもささげますってか? かれらは、愛国や男気をくちにするが、ホントに主義主張に殉じる気があるのか?