■哲学者内田樹氏については、何度もふれている(笑)、今回は、そのうちの教育論の続編。おもには「内田樹『先生はえらい』」と、「試行錯誤過程と整理」で、特に前者〔このブログ開始期なので、よみかえすとはずかしい(笑)〕
■内田御大の教育哲学をごく乱暴にまとめてしまうなら、表題どおり、「先行者にして継承者としての教育者」という一節につきてしまうとおもう。■実体験としての、武道家 多田宏合気道)、哲学者 レヴィナスという、ふたりの鬼才にめぐりあい師事したこと、その師匠ふたりともが、「先行者」としての師匠なしには開花しなかっただろうという、解釈にささえられているのだが、実際には、この2例は、それほど説得力をもつものではない。
■むしろ、もとラグビー選手である、平尾剛氏との対談本『合気道とラグビーを貫くもの』(朝日新書)でのべられている、「弟子とは「未完成な存在であって、つねにより高いものを求めている途上にある」というふうに定義〔p.145〕したうえで、自分がおよびもつかない師匠がいて、そのさししめした理想にむかっているのが、いまだ「弟子」でありつづけている自分なのだと、指導者が物語をこしらえること、それに弟子たちが感応することに、真髄があるという説明が、その教育哲学の本質があるとおもう。■あとの説明は、その補足的な性格にとどまるとさえいえそうな気がする。
■内田先生、正直なことに、「自分には師がなく、自分が起源で、自分が創意工夫してすべてを始めたのだ、というストーリーを採用しちゃうと、構造的に進歩が止まってしまう。…だから、武道ではどんな流派でも、その開祖は、どこかの山のなかだか夢のなかだかで、天狗だか鬼神だか、謎めいた師から、その意味がよくわからず、自分にもまでできない技術を伝授されたというストーリーを採用しています〔p.145〕と総括している(笑)。■これは、武道にかぎらず、「修業」系の領域には、みんなまとわりついている「神話」なんじゃないか?
■学問領域のばあいは、はじめから「知の歴史的継承」とかいう感じで、これら無限遡及可能な「超過去」の師匠が想定できてしまう。たとえば、西欧哲学であるなら、ソクラテスあたりには、容易にさかのぼれてしまうわけだね。近代の天才たちだって、歴史上の哲人たちのパッチワーク(つぎはぎ)によるブレークスルー(突破)という現実が、事実としてあるのだから、ウソではない。■だからこそ、内田先生の師匠たるレヴィナス御大が、フッサールハイデガーという巨匠につきながら、師匠として継承できず、自分がおしえるたちばにまわったときに、欠落を自覚して、放浪中の無名のタルムード学者に個人教授をたのみこむことで、おおばけした、なんて解釈〔p.148〕は、ほとんど説得力がない(笑)。■だって、その「であい」は、レヴィナス御大による「物語」構築の契機でしかなくて、無限の知的継承なんて本質とはズレるから。

■しかし、内田先生のたとえは、実にすばらしい。
■?武道・球技などの上達(身体技能の向上)とは身体運用のOSのバージョンアップであり、いいかえれば、修業とはOSの仕様がちがう師匠の身体運用にしびれ・感応することで、次元のちがう(しばらく理解不能な)OSへと移行することだ。
■?指導とは、OSの仕様がちがう師匠が、さらなる仕様への自己変革過程(過去に、師匠の師匠がたどったはずの体験)という前進のよろこびを体現し、後進たちのOS更新を誘発することである。■?指導するよろこびとは、自分が師匠の追体験をしたような自己変革のよろこびを弟子たちに追体験するきっかけを提供し、それが実現していく過程を確認することであり、指導されるよろこびとは、師匠の経験を追体験できる実感・予感をつかむことである。

■?武道・球技などでの身体運用のOSのバージョンアップとは、鳥瞰的・予知的な時空の全体把握によって、具体的局面における環境・あいての変動に適切かつ予知的に対応できる能力の向上で、修業とか競技とは、これらのバージョンアップを各自はかるための練習過程にすぎない。■?鳥瞰的・予知的な時空の全体把握によって、適切かつ予知的に対応できる能力がはるかにたかい人物には、周囲の展開がノロノロうつり、スキがガラあきにみえ、主観的には充分なユトリをもって、客観的は異様なすばやさで瞬時に最適なうごきが選択できる。■?したがって、ボールをみすえるよう神経をはらうとか、団体戦で、味方に こえをだして指示するとか、ビデオなど記録データを研究することでシミュレーション対策をねるなどは、以上のような よりたかい水準の人物・チームの瞬時の適切な判断に対しては、すべて後手をとる。事前に「研究・対策」などをねってきて、それを現場の状況「判断」で修正して「指示」するといった時間もないし、もともと、視線や発声は、あいてに つぎの一手をむざむざ暴露するようなものだから。■?球技の極意とは、ボールや敵・味方をみないで、発声することもなく、適切なプレイをおこなえることであり、武道の極意とは、あいてがやろうとする動作をすべて自分のシナリオのなかにおりこんで、予期的におさえこんでしまうことだ。

■?団体球技やボートなど、共同作業のスポーツの発祥の地である大英帝国は、鳥瞰的・予知的な時空の全体把握によって集団全体に最大の凝集性をもたらす統率力・指導力(コミュニケーション能力)をつちかえるという教育哲学をもっていたと推定できる。それを悪用したのが植民地支配だった。


■こうした俯瞰は、なにも身体技法や集団内部でのコミュニケーション能力の継承・向上にとどまらない。■すくなくとも知的エリートたちの知的継承とは、同形の構造・論理をかかえているとおもわれる。身体運用のOSのバージョンアップのための装置とにた、情報処理の身体運用のOSのバージョンアップのための装置である。鳥瞰的かつ予期的に時空を把握し、変動する局面に でおくれることなく情報処理する技法と、その水準向上のよろこびの体感・予感を先行者・後続者のあいだで継承する装置(制度)。■実学的には、臨床医の世界、記者・編集者などジャーナリズム、外国為替のディーラーの世界などもあれば、大学の研究室もあるだろう。■いや、大英帝国の植民者たちや企業家たちの世代間継承をかんがえれば、変動する時代に対応して経営手法を柔軟に変革しなければならない事業体のうち、いきのこるものは、みなこういった知的継承のノウハウを家訓・社訓ないし研修などとして、くみこんできたはずだ。■これら それぞれの世界では、師匠/弟子といった明確な身分関係をとらなくても、上司・部下、親子などとして継承関係をくみたて、その継承過程で「指導するよろこび」「指導されるよろこび」をも継承してきたとおもわれる。
〔つづく〕