■前便の補足的なことをいくつか。

■こういった師匠自体が自己変革(OSバージョンアップ)過程で、過去の師匠群のあとおいをしているという物語=教育的関係の制度化は、やはりエリート的な空間にかぎられるとおもわれる。■「試行錯誤過程と整理」でのべたこととかさねるなら、あらたな山頂をめざし、最短ルートをほどなく発見する能力を次第に水準としてあげていくといった、「達成感の水準上昇」は、それほど大衆的には成立しえないだろう。■とりわけ、「正答」があらかじめ確定しているパズルにだけ終始しようといった、公教育にありがちな教員層(「科学」や「学問」とは無縁な)が、うえにあげたような達成感・感動を あたえられるはずがなかろう。■それは、レベルのひくいゲーム(パズル)に プレイヤーが早晩あきてしまって、OSのバージョンアップといった次元の向上などがありえないと同質である。■こういったことが可能なのは、公教育空間や予備校などでは例外的な名人芸でしかなく、大学院あたりなら、少々あたりまえになるといったところではないか?
■「正答」があらかじめわかっていない、「最適ルートを自力でさがしだす、再帰的なゲーム」「最適ルートが局面によってかわりうるという意味で、複数の最適ルートをさぐる探検ゲーム」のような創造的な空間でだけ成立するものだからである。
■こうかんがえると、公教育や大学で、こういった知的興奮をともなう教育過程を確保しようというのは、原理的にムリないし困難にもおもえてくる。■なぜなら、こういった知的興奮を師匠から ぬみすとるような体験を一度も経験をもっていない教師には、絶対に実践ができない芸当だからだ。OSのバージョンアップという知的興奮の無限連鎖を体験したことのない教員に指導された教員。かれらが自力で「開祖」的に開眼するのは、それこそ普通ありえないことのはずだ。■学校が、パズルときの競争的空間としてハマる生徒を大量にうみだすことはできても、結局の域をこえることがなく、ハマれない生徒・学生にとって、死ぬほど退屈なのは、以上のような構造的矛盾の必然的産物かもしれない。■それを直視せずに、「コドモはまなびたがっている」「コドモには学習し向上したいという本能がある」といった想定をくちにする教育者は、その意味で最低だとおもう。そういった幻想を現実化できるのは、おそらく名人芸的な教員にだけ可能な特権であり、それが教員層の努力や研修とかで、全員に可能であるかのような幻想を無邪気に、あるいは無責任にかたっているからだ。


■とはいっても、公教育空間にかぎらず、ほとんどあらゆる教育関係において、援用可能な原理もふくまれていることは、重要だとおもう。
■それは、?師匠が現時点で実践できなかろうと、到達可能な途方もない次元の水準が想像可能だという原理の確認。■?しかし「到達可能な途方もない次元の水準」とは、当然のことながら初学者には理解(俯瞰)不能だから、技法の体系全体=理念がめざす方向性や射程などは、わけがわからないままはじめるほかない
(「なにやら、すごそうなことをやっているらしい」という直感しか、とっかかりがない)という原理の確認。である。

■原理?は、目前の先生のパフォーマンスがヘボくても、その理念の解説方法がすぐれているとき、「到達可能な途方もない次元の水準」が予感できるときには、過小評価すべきでないということだ。■経験的には、世界的なプロボクサーの指導者たちが、現役選手時代にほとんど実績をあげていないという点を確認しておけばよかろう。■その意味では、日本代表にえらばれたJリーガーが、現役選手時代に全然実績のない代表監督の指導を「そんなこと、いわれなくたってわかっている」と侮蔑していたのは、究極の不幸なであいといえるだろう。監督は理念の正当性を理解させるだけの指導力・説明力をもたず、Jリーガーの某有名選手は、監督が選手時代にできなかっただろう基本的プレイを「釈迦に説法」されても、ハラがたつだけといった過小評価しかできなかったと。■おなじセリフを現役時代名選手だった監督にいわれたのなら、しぶしぶ、ないしあらためて再点検する気になっただろうJリーガーは、単なる権威主義であり、選手時代の実績ぬきには、プレイの問題点の提起を理解させえなかった監督は、指導力不足だったと。
■指導者は、こういった悲喜劇をくりかえさないよう、「なにやら、すごそうなことをやっているらしい」という直感=とっかかりを、後進たちがつかめるよう、指導方法の魅力をたかめる努力をはらうほかない。■一方、指導される方は、目前の指導者の実践パフォーマンスにごまかされないよう権威主義に注意すべきだということ。現役選手としては一流だった過去をもっていても、指導者としては三流である連中がおおいとか、天才的にできてしまうがゆえに、説明能力が致命的にひくい傾向という宿命を理解しておく必要がある。

■原理?は、早合点すると「所詮初学者は全然わかっていないのだから、つべこべモンクをいわずに、いうことをきいていればいいの」という、権威主義的指導を正当化してしまいかねない危険なものだ。■しかし、その危険性に充分自覚的でありつつ、原理?同様、(なにやら、すごそうなことをやっているらしい」という直感に すなおにしたがって、過去にかたられ、反復して複写された「走路」を虚心にたどるべきだということ。
■ただ、これは「教育」という過程が、きわめてハイリスクな空間であるという、にがい教訓としか、よめないかもしれない。「ハイリターン」がありそうだという期待があるから、「ハイリスク」をおして わけのわからない修業にふみこむわけで、「ともかく、やってみなさい」式の詐欺行為には、公教育全体を通じて、いや資格試験のたぐいもふくめて、やられっぱなしの われわれは、「直感にすなおに ひたすら精進」なんて気分には、とてもなれそうにない。■ほかにも、家元制度など「伝統」と称して生業としてきた業界を主軸に、実質的な詐欺的商法がまかりとおってきたしね。
■これらは、自覚のあるなしはともかく、時間・労力・能力を多大に浪費させられるハイリスク系であり、「きづいたときには、すでにおそし」という構図がマレでない。■なにしろ、詐欺的な業態であるがゆえに、「くちがうまい(ブランド化だけには、たけている)」という こまった本質があるからね。■伝統的な職人芸とか、慢性的な後継者不足になやむ業界とは対照的だ。


●「教師のうしろすがたは、手本になるか?
〔もうちょい、つづく〕