■一日あいたが、前便で予告したとおり、「内田教育哲学」への補足のつづき。■『合気道とラグビーを貫くもの』(朝日新書)には、教育論にとどまらない、身体論・認識論として、めをみはるべき指摘がまだあるのだが、このシリーズでは、あくまで教育哲学としての射程を問題にしているので、それらにはふれない。
■それにしても、本書は「内田樹『先生はえらい』」ともかさなるんだが、まなぶがわがもたないと損をする まっとうな権威主義には言及するんだが、前回もかいたとおり、基本的にエリート主義教育のわくをこえないんだね。■だから、自己変革を継続中の師匠が、「せなかをみておれ」と、後続者たちをひきつれていくカリスマ論ではあっても、名人芸でしかなくて、ごく一部しか公教育では応用不能だという致命的欠陥をかかえる。■はっきりいって、大学だって平均水準とはいいがたい「自己変革を継続中の師匠」たちなのに、なんで、そういったカリスマ教師が小中高校に「常備」されるような体制がめざせるわけ? たとえば、米村でんじろう氏みたいな人材が、科学するこころをはぐくみ、背後にある物理学などの知的体系のピラミッドにいざわなれる…なんてことが、列島上でおきるとおもうか?

■それと、内田御大が くりかえしのべているとおり、たぐいマレなる天才的師匠との めぐりあいは、実は天才を天才とみぬく 後続者たちの嗅覚による必然といった構造をもつように、これは学習者の天賦の才が前提されている。そりゃ、無名のタルムード研究者から無限の知的継承のヒントをつかんでしまうような、レヴィナス御大のような天才は、どんな平凡にみえる人物からも、天才的な発見をなさるでしょうが(笑)。
■要は、これらはいずれも、カリスマ的な天才か、他者にカリスマを発見できる天才か、いずれかの希少な人材がかもしだす 偶然的なめぐりあいを前提にした教育論で、およそ公教育現場なんぞには、適用不能なんだな。
■『あしたのジョー』の段平のおっちゃんだって「日本タイトルに挑戦するほどのボクサーであった」になっているし、矢吹丈というキャラは、いうまでもなく かくれた天才だった。運動能力・学習能力はもちろん、段平のおっちゃんの指導力を直感的に評価するという能力でもね。■プロとして、かなりの水準でたたかった経験が現場教員にあるかといえば、すくなくとも教科教育ではほとんどなかろう(教科教育に関して講師料をもらって聴衆のまえでしゃべった経験がある=要請があるだけの認知度とかといった次元でよい)。■そして、ごく普通の生徒たちに、段平のおっちゃんと同様、一見全然すごくない人物の指導力をみぬく才能をもとめる方もまちがっている。
■双方とも、普通そろわない公教育現場、というか、そういったことを、ハナから想定していない大学の教員養成課程や教職科目は、マスプロ教育を前提にしたマスプロ教育なのであって、指導者・志願者双方の「天才の発見」なんてのは、無縁な次元にある。■実際、公教育現場は、天才をうみだす育苗ではなくて、健全な大衆を大量生産しよう(国家的には、富国強兵だろうけど)って理念で設計されているわけで、それはしょうがないことでもある。
■というわけで、内田先生がかたる教育論に、目がキラキラして感動のあらし、とかいった層は、「エリート教育的な空間以外をどうするか?」という課題をわすれている自分という、自己意識をもつべきだとおもう。■内田先生自体も、合気道の道場・クラブや少人数のゼミナールとか以外の教育空間に対して、責任ある教育哲学を講じる責務をおっているとおもうよ。ハナから、そんなくだらんこと、かんがえる必要をみとめていないかもしれないが、それだったら、若者論とか、大衆社会論を自制すべきだろう。


■もうひとつ問題なのは、「出藍の誉れ(シュツランの ほまれ)」(師匠の水準を弟子がこえてしまう よろこび)って要素を、事実上否定したも同然なモデルである点。
■いや、うえにあげた『あしたのジョー』が ほとんどありえない設定であるとおり、古今東西、「出藍の誉れ」なんてのは、ごく例外的だし、すくなくとも指導力の次元でなく現役時代の水準で完全にのりこえられたことを、すなおによろこぶのは、「教え子がメジャーリーガーになりました」とかいったたぐいの成功談でしかなかろう。■いってみれば、おおくのひとが70歳をこえるような時代になるぐらい、条件が整備されても依然として「古来稀なり」なわけだ。■しかし、内田先生のモデルには、そういった確率の次元、人情の次元ではない構造上の問題があるとおもわれる。
■「自己変革を継続中の師匠が、「せなかをみておれ」と、後続者たちをひきつれていくカリスマ論」は、基本的に 前進しつづける師匠に、弟子たちは永遠においつけない構図になっている。有名なゼノンのパラドクスのひとつ「アキレウスと亀」のようにね。■パフォーマンスを実践しない現役引退の時期がきても、「師範代」的な後継者に代行させるなどしてカリスマ性が延命するし、そのばあいには、現役パフォーマーとしてのカリスマ性が伝説のかなたに消失し、今度は、師範代以下の後継者群が、過去の師匠たちの幻影をおう「変革進行形」として、指導者としてのカリスマ性をかがやかせる構造になっている。■要するに、死ぬまで聖性がつづき、死んでも永遠の系譜へと吸収され上昇しつづける。
■ホントは、師匠のもとからはなれた分派など、さまざまな展開形があったり、はっきりいって、過去の遺産をほとんど超越するような天才が弟子スジに誕生したりもするはずなんだが、それは すべて、技法の伝統のすばらしさに回収されてしまうんだね。■しかし、過去全体の総括編集とか、他流派の技法の革命的統合とか、実際には、革命がおきているはずなんだ。合気道の開祖・植芝盛平少林寺拳法の開祖・宗道臣日本拳法の開祖・澤山宗海などをあげれば充分だろう。■学問にしたってそうだ。マルクスヴェーバーらが、吸収した学恩の連鎖の単なる総計といった次元にとどまらない、あたらしさをうちたてたことをみるだけでもね。
■しかし内田モデルは、「自分が創意工夫してすべてを始めたのだ、というストーリーを採用しちゃうと、構造的に進歩が止まってしまう」とはいうんだが、それは《開祖的な存在の さらなる始原》みたいな知的伝統を喚起するだけであって、師匠の最高点をOSの次元でのりこえてしまうような弟子の出現は想定していない教育哲学なんだな。■ある時点で、画期的なOSが開発されて、ほとんどの後継者たちは、その理念の最高点をめざしつつも、存命中に達成しえず、しかしそれをめざす後継者を指導することはできる。って「物語」が普遍的なことは事実だけど、武道の身体論や仏教などのさとりはともかく、近現代に出現した知の体系のばあいは、過去の蓄積を「ゴミばこ」いきにしてしまうような、革命的なOSが おびただしく開発されたんだとおもう。■その意味では、内田先生の理念は、一見すべて温故知新でいけそうにみえるんだけど、適用範囲がかぎられているという自覚をもつべきだとおもう。
■もちろん、大学みたいな空間が、工学・医学・薬学系、あるいは経営学や法実務みたいに、実学的な前進しか基本的に想定していないような空間ばかりになって、人文・社会系の基礎学問あたりは、どうでもいいみたいな風潮に、はどめをかける意味は充分あるとおもうけどね。■科学技術が加速度的に進歩をつづけていても、人間は一向にかしこくなっていない面などを虚心坦懐に反省する意味でも、過去の蓄積を継承する意味はなくなっていない。
〔一応、シメ〕