■『低気温のエクスタシー』『アッテンボローの雑記帳』『情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)』ほか、何人ものブロガーが記事化しているが、新聞等が一向に反応しない、不気味な情勢なので、問題整理しつつ、問題提起(意識的あおり)をする。 ■「自衛隊イラク派遣」で「第一次復興業務支援隊長を務め、口ヒゲをたくわえたその風貌から「ヒゲの隊長」として注目を集めた」もと自衛官、今回の参議院選挙で当選して自民党所属の国会議員となった佐藤正久氏が、確信犯的に自衛隊法に反した指揮をとろうとねらっていたことがわかった。 ●http://megalodon.jp/?url=http://news.tbs.co.jp/20070810/newseye/tbs_newseye3630843.html&date=20070812095433 ●YouTube「佐藤正久(参院議員)の問題発言(戦争屋 ひげの隊長こと元イラク先遣隊長)」 ●Googleニュース検索「駆けつけ警護」 ●Googleニュース検索「佐藤正久」 ●「キーワード「佐藤正久」を含む注目エントリー」 ●「佐藤正久」(Umashサイト検索) ■『多文化・多民族・多国籍社会で「人として」』からトラックバックいただいた先日の記事「イラク派兵で暴走しだした「軍の論理」と、「滅びの美学」を追求する「美しい国」内閣?」には、つぎのような記述がある 「駆けつけ警護」認めるべきで一致(TBS News:動画あり、2007.8.10)  集団的自衛権に関する政府の有識者会合はPKO=国連平和維持活動を行う自衛隊に対して、憲法上できないとしてきた「駆けつけ警護」を認めるべきだ、という意見で一致しました。  PKO活動の際の武器使用は、正当防衛や緊急避難などの場合に限られていますが、10日の会議では国連の集団安全保障の問題としてとらえるべきだとする意見で一致しました。  その上で、正当防衛を超えるとして憲法違反とされるいわゆる「駆けつけ警護」は認めるべきだとする意見が相次ぎました。これは、味方である他国の軍隊が攻撃された場合、駆けつけて応戦するものです。  こうした事例について、イラクに派遣された陸上自衛隊の指揮官だった佐藤正久氏は、当時現場では、事実上の「駆けつけ警護」を行う考えだったことをJNNの取材に対して明かしました。 「自衛隊とオランダ軍が近くの地域で活動していたら、何らかの対応をやらなかったら、自衛隊に対する批判というものは、ものすごく出ると思います」(元イラク先遣隊長 佐藤正久・参院議員)   佐藤氏は、もしオランダ軍が攻撃を受ければ、「情報収集の名目で現場に駆けつけ、あえて巻き込まれる」という状況を作り出すことで、憲法に違反しない形で警護するつもりだったといいます。  「巻き込まれない限りは正当防衛・緊急避難の状況は作れませんから。目の前で苦しんでいる仲間がいる。普通に考えて手をさしのべるべきだという時は(警護に)行ったと思うんですけどね。その代わり、日本の法律で裁かれるのであれば喜んで裁かれてやろうと」(元イラク先遣隊長 佐藤正久・参院議員)    懇談会は11月までに集団的自衛権の行使を容認する提言をとりまとめると見られます。しかし、公明党が反対している上、参院選の惨敗で安倍総理の求心力が低下しており、報告書は棚上げせざるを得ないという見方が強まっています
 自分からあえて危難に巻き込まれて「正当防衛の状況を作り出す」って、それはもう、「正当防衛」とか「緊急避難」とは言えないものなんじゃないでしょうか、常識的に考えて。 たとえば、刑法ではこの類いの行為を「自招危難」といって、一般の正当防衛や緊急避難がすなおに認められるものではありません。 それにしても、自衛隊が非難されないために、法を破ってでも武力行使を行うだなんて、おそろしすぎます。いったいいつの時代の軍隊なのか。 自民党は、佐藤正久という人物がシビリアン・コントロールなど屁とも思っていないことを知って、あえて参議院選挙に担ぎ出したんでしょうね、きっと。 …… ■自衛隊法における、自衛隊の任務・目的(自衛隊の任務) 第三条  自衛隊は、我が国の平和と独立を守り、国の安全を保つため、直接侵略及び間接侵略に対し我が国を防衛することを主たる任務とし、必要に応じ、公共の秩序の維持に当たるものとする。 2  自衛隊は、前項に規定するもののほか、同項の主たる任務の遂行に支障を生じない限度において、かつ、武力による威嚇又は武力の行使に当たらない範囲において、次に掲げる活動であつて、別に法律で定めるところにより自衛隊が実施することとされるものを行うことを任務とする。 一  我が国周辺の地域における我が国の平和及び安全に重要な影響を与える事態に対応して行う我が国の平和及び安全の確保に資する活動 二  国際連合を中心とした国際平和のための取組への寄与その他の国際協力の推進を通じて我が国を含む国際社会の平和及び安全の維持に資する活動 …… とあることでわかるとおり、つとめて専守防衛が基本であり、国連などによる平和維持活動も、「「情報収集の名目で現場に駆けつけ、あえて巻き込まれる」という状況を作り出すことで」「正当防衛・緊急避難の状況」をデッチあげるなど、「憲法に違反しない形」になるはずがない。バレてしまえばね。■実際、それが脱法行為というより違法行為であることは、本人が「日本の法律で裁かれるのであれば喜んで裁かれてやろうと」と告白している点で、犯意を白状したようなものだ。■情報収集目的に敵に接近し、攻撃をうけたことを「理由」に開戦してしまうという やりくちは、江華島事件のように、うすぎたない政府がくりかえす「戦術」だ。■しかし、いまだに こういった発想をかかえた軍人がひそんでいること、それがシビリアン・コントロールを完全に空洞化させるだけでなく、戦前同様、前線の軍人の暴走によって中央政府がどんどんひきずられるという破綻、日本国憲法が全然想定していない とんでもない事態が、すぐそこにあったことになる。■ぞっとするような危機だったことがわかる。憲法9条が約60年まもりつづけた「ひとをころしにいかない軍隊」という戦後体制が崩壊していたのだから。 ■TBSが報じたあと、ほかのメディアは非常に低調。という状況は、情報統制か「自主規制」としかおもえない。■この際、ブロガーは、佐藤氏の自己批判(憲法違反未遂・自衛隊法違反未遂)と、議員辞職をもとめるキャンペーンをはるべき段階だとおもう。■週刊誌等が無視できなくなるまで。 駆けつけ警護に容認論 
集団的自衛権、有識者懇で大勢
2007年08月11日07時17分(asahi.com)  政府が憲法解釈で禁じる集団的自衛権の行使について議論する有識者の「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」(座長・柳井俊二前駐米大使)が10日、首相官邸で開かれた。海外に派遣された自衛隊が、共に活動する外国軍が襲われた際に援護に向かう「駆けつけ警護」について、国際的常識で容認すべきとの意見が大勢を占めた。  駆けつけ警護は、安倍首相が同懇談会に「憲法との関係の整理」を諮問した4類型の一つ。首相はあいさつで「国際的な平和活動に一層積極的に関与することが必要だ。他国と共通の基準をふまえないと効果的な活動を行えない」と述べ、必要性を強調した。  政府は国連平和維持活動(PKO)協力法やテロ特措法、イラク特措法で、武器使用を自身や同じ場所の隊員、宿営地を訪れた他国部隊や国連関係者などの防護に限定。離れた所への「駆けつけ警護」は集団的自衛権の行使と関係はないが、憲法が禁じた海外での武力行使につながりかねないとして認めていない。  これに対し委員からは「憲法解釈と国際社会の現状の整合性をとるべきだ」「国際平和活動では他国軍との信頼関係が不可欠。自衛隊に自己防衛しか認めないのは非常識だ」などの発言が出た。  政府は自衛隊の海外活動に関する一般法(恒久法)を検討中で、自民党からは「駆けつけ警護」を盛り込むべきだとの提言も昨年に出ている。 --------------------------------------- ■要は、佐藤氏を議員にした自民党は、「駆けつけ警護」いった論理での実質改憲をずっとねらっていたということになる。■自衛官の暴走組と自民党・民主党タカ派は、アウンの呼吸でつながっている。あるいは、勉強会など意見交換をしているとみるべき。■社民党や共産党は、猛攻撃をくりだすべきだろう。 ■「佐藤正久発言、you tubeにアップ?「日本の法律で裁かれるのであれば喜んで裁かれてやろう」」『情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)』は必見。 46793dae.jpg
文民統制を無視!?ヒゲ隊長巻き込まれ企図に栗栖更迭事件より危険なものと警告(東京)「駆け付け警護は違憲」
ひげの隊長に公開質問状
 元陸上自衛隊1等陸佐の佐藤正久参院議員が、イラク復興支援の現場でオランダ軍が攻撃を受けた際、駆け付けてあえて巻き込まれて警護を行う考えだったことを民放ニュースで明らかにしたのは、意図的に緊急状態をつくりだした上での攻撃で自衛隊法や憲法に違反するとして、弁護士ら有志が16日、佐藤議員に公開質問状を送付した。  「ひげの隊長」として知られた佐藤議員は復興支援現場で指揮官を務め、7月の参院選で自民党比例代表で初当選した。  集団的自衛権に関する政府の有識者懇談会の内容を伝える10日の民放ニュースで、佐藤議員は「オランダ軍が攻撃を受ければ、情報収集名目で駆け付け、あえて巻き込まれ(警護に)行ったと思う」との発言をした。  公開質問状では「実質的に正当防衛・緊急避難の要件を満たさず、自衛隊法に違反するばかりか、憲法9条をないがしろにし、自衛隊派遣の国会決定を超えた行動」と批判、真意を問い掛けた。
2007/08/16 19:08 【共同通信】 ●「ヒゲ隊長殿、公開質問状デアリマスッ!」『多文化・多民族・多国籍社会で「人として」』 ●「ヒミツの大計画!(笑) 投稿者:佐藤正久です」『猿゛虎゛日記』 ●「自衛隊イラク派遣軍は実は関東軍だった! 「あえて巻き込まれ」、戦争状態をつくりだすつもりだったと佐藤元隊長・参議院議員が語る」『日刊ベリタ』 ●「元自衛官・佐藤正久参議院議員は即刻辞職せよ!!」「佐藤正久発言に現れる日本帝国主義の政治目的 戦争と革命の基本問題 番外編」「佐藤発言を報道するようマスコミに圧力をかけよう!!」『アッテンボローの雑記帳』 ●「【重要】イラクで陸上自衛隊が独断で戦闘を開始する決断をしていた! 」「〔ツール〕はてなキーワード「佐藤正久」を含む注目エントリー」「シバレイ氏「民主主義にケンカを売った“ヒゲの隊長”の問題発言」 」『低気温のエクスタシー』 ●「民主主義にケンカを売った「ヒゲの隊長」の問題発言」『シバレイのたたかう!ジャーナリスト宣言。』 ●「キーワード「佐藤正久」を含む注目エントリー」「〔同左〕」 ●「国民を騙すつもりだった?佐藤正久は議員として不適切、直ちに辞任せよ! 」「自民党は、自衛隊の暴走に歯止めをかけるつもりはない!?新憲法草案と佐藤正久発言と」「ブロガーは連帯する!?マスメディアは連帯できないのか?:佐藤正久発言への対応」「柳条湖事件を反省しつつも佐藤正久「巻き込まれてでも戦争に参加する」発言を批判しない朝日は歴史評論家?」「NHKに佐藤正久議員の暴言を報道するよう要望しよう?次期経営計画について意見募集中」「ヒゲ隊長こと佐藤正久参議院議員に市民有志が公開質問状提出へ!:NPJより 」「佐藤正久発言、you tubeにアップ?「日本の法律で裁かれるのであれば喜んで裁かれてやろう」」『情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)』 ●「本日,佐藤正久議員に対する公開質問状を提出」『津久井進の弁護士ノート』 ●「「駆けつけ警護」発言のさらなる問題視を」『人類猫化計画』 ●「亡国の死神・佐藤正久」『アフガン・イラク・北朝鮮と日本』 ●「元自衛官佐藤正久参院議員のトンデモ度」『とむ丸の夢』 ●「佐藤正久議員の発言」「佐藤正久発言とマスコミ対応」『老人党リアルグループ「護憲+」ブログ』 ●「見過ごせない暴言」『反戦老年委員会』 ●「佐藤正久発言は国会で真相究明を」『壊れる前に…』 ●「遵法意識のとぼしい自衛隊員が大手を振って歩く日本がアブナイ!」「自衛隊参議院議員、佐藤正久氏の発言は軍部独裁政治の前触れか?」「不十分で誤った過去の総括の上に感情論で軍事的展開をすすめることの愚かさ」『村野瀬玲奈の秘書課広報室』 ●「佐藤正久氏がイラクで「駆けつけ警護」を企図」『S氏の時事問題』 ●「あえて巻き込まれる!?」「「靖国派」を落とそう!埼玉県版」『大津留公彦のブログ2』 ●「参院は佐藤正久の議員辞職勧告を決議せよ! ?法律に違反し憲法を蔑ろにする参議院議員・佐藤正久?」『ザ・のじじズム』 ●「佐藤正久氏の「駆けつけ警護」発言」『人工楽園』 ●「Jライス小池が防衛省TOPを更迭?+ヒゲの隊長が海外活動に関してトンデモ発言」「ヒゲの隊長の違法覚悟発言と安倍首相の「反対があっても、正しいことを」発言のアブナさ+馬インフル等」『日本がアブナイ!』 ●「佐藤正久氏に公開質問状を送付」『S氏の時事問題』 ●「キレイな言葉を使っても「軍部の暴走」であることは免れない」『こころはどこにゆくのか?』 ●「ヒゲの駆けつけ警護隊長、参上!」『じじへそ・ナンセンス絵ブログ』 ●「巻き込まれてでも武力行使がしたい」『++つぶやき手帳++』 ●「佐藤正久・参院議員(自民党)が、イラクで脱法的に武力行使を画策」 ●「うそで始まった戦争、奉ってやるからありがたく逝ってこい」『絵口具。』 ●「人生いろいろ、自衛官もいろいろ?」「“誇り”でだまされてはいけない」『とむ丸の夢』 ●「佐藤氏の問題発言で見えて来るもの」『とりあえずガスパーチョ』←とてもすっきりまとまっている!
0b485c5a.jpg
スシ婆とヒゲの隊長と沖縄と」『なごなぐ雑記』 ●「選挙の断面“自衛隊ぐるみ”支援 元陸自イラク隊長の自民候補 隊員集めて「講話」連日」「イラク派兵 「駆けつけ警護」発言 市民ら違憲と質問状 佐藤正久・自民参院議員」『しんぶん赤旗』 ●「トラックバック・ピープル 安倍晋三