紹介

増補版Wikipedia:新聞販売店

新聞販売店
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

新聞販売店(しんぶんはんばいてん)とは各世帯と新聞の宅配契約を結び、宅配、集金をする店(営業所)のことである。日本の新聞戸別宅配制度を維持する独自のシステム。

都市部では各新聞専門の販売店(専売店)が多かったが、新興住宅地や地方では2紙以上の新聞を扱う販売店も多い。販売店では直接新聞を買うことや、新聞社が刊行している書籍を注文することができる場合もある。日本の高い新聞購読率は新聞販売店が支えているといっても過言ではない。

販売店の休暇のために新聞休刊日が設けられている。
【中略】

新聞販売店の問題点
続きを読む

消費者金融:生命保険での債権回収、1割は自殺(毎日)

■『毎日新聞』の記事から。

消費者金融:生命保険での債権回収、1割は自殺
 消費者金融10社が債権回収のため借り手全員に生命保険を掛けていた問題で、大手5社で支払いを受けた件数が昨年度1年間で延べ3万9880件あり、このうち自殺によるものは判明しているだけでも3649件に上ることが分かった。この保険の支払い状況が明らかになるのは初めて。全体の件数の中には死因が分からないものも多く含まれており、借り手の自殺によって消費者金融に生命保険金が支払われた件数はさらに多いとみられる。多重債務者が自殺に追い込まれている深刻な実態が浮かんだ。 続きを読む

「ウィキペディア」の不利益情報、楽天証券社内から削除(朝日)

Wikipedia については、その可能性をたかく評価しつつも、記述にかなり問題(かたより/当事者による広報)がみられることも指摘してきた。■その一部は、かたよった記述が意図的にかかれ、それがいろいろな理由で訂正されないばあいだが、今回は、一応訂正されたものの、やはり 自派につごうのわるいことを意識的にかくそうとする画策が実際にあることが、有名企業によって立証されてしまった。■巨大匿名掲示板に関係者がいろいろと画策することは有名なはなしだが、公的な空間であるはずのインターネット百科事典に、不正な画策があるということは、実に油断がならない世界であることが、よくわかる。■まあ、安田敏朗さんの『辞書の政治学』でもわかるとおり、要はメディア・リテラシーという、反権威主義しか、予防法などないんだが。

「ウィキペディア」の不利益情報、
楽天証券社内から削除
2006年08月31日10時57分(asahi.com) 続きを読む

ジェシカ・リンチ(米軍兵士:増補版Wikipedia)

ジェシカ・リンチ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ジェシカ・リンチ(Jessica Lynch,1983年4月26日 - )はアメリカ合衆国の兵士。彼女はイラク戦争の間、捕虜にされたが、無事に救出されて帰国し、ヒーローと看做され、メディアの注目を浴びた。


この「ジェシカ・リンチ」は、人名に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めています。
-------------------------------------
12/24/2003
ジェシカ・リンチ事件の沈黙

NYdailyNewsの記事より。イラク戦争の「捕虜救出作戦」で有名なジェシカ・リンチの自伝書「I Am a Soldier, Too」の売り上げが急降下。まあ、ジェシカ自身、書籍内容について「おおげさ」「ウソ」「利用された」なんてインタビューで答えているので売れるわけがない。救出劇自体、米軍が企てた全くのヤラセだったことが判明するなど、プロパガンダとしてはお粗末なものだった。
続きを読む

転載:米軍の市民殺害隠蔽工作

■インターネット新聞『JANJAN』から転載。■米軍の18番。無意味な誤認殺人と、その隠蔽〔インペー〕



米軍の市民殺害隠蔽工作 2006/06/19

-----------------------------------------
【バグダッドIPS=ダール・ジャマイル/アルカン・ハメド、6月12日】

 米海兵隊によるハディサ市民虐殺事件の調査が行われる中、サマラ市では、出産のため病院へ急ぐ2人の女性が米軍により射殺された。

 同事件の調査に当たったある人権擁護団体の調査員(イラク人)によると、「殺された2人は共に後方から頭を射抜かれ、車を運転していた妊婦の兄は飛び散った脳を浴びていた」という。
続きを読む
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

haranatakamasa

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ