管理社会

外国人の指紋採取を開始(朝日)

■ずいぶんまえにかいた「記録・複製・転送技術と監視社会再論」および、「「改正入管難民法」の意味」の続編。


外国人の指紋採取を開始 
「テロ脅威」「強制、最悪」

2007年11月20日06時26分

 日本に入国する外国人に指紋採取と顔写真撮影に応じることを義務づける制度が始まるのを前に、鳩山法相が19日、成田空港第1ターミナルの新しい入国審査システムを視察した。プライバシー侵害の懸念などから市民団体による反対運動が高まっていることに対し、法相は「テロは大きな脅威。価値の比較考量の問題で、我慢していただくしかない」などと理解を求めた。

成田空港の入国審査場で外国人に指紋採取
の説明をする入管職員=20日午前d15c5f56.jpg


 制度は20日から全国27空港と126海港で一斉に始まった。在日韓国・朝鮮人ら特別永住者と外交・公用の人を除く、16歳以上の外国人が対象だ。

 鳩山法相は視察後、報道陣に「アルカイダの関係人物が日本に何回も入国した事実がある。そういうことを防ぐ効果はあるだろう」と意義を強調した。
続きを読む

「少年らがインターネットカフェに寝泊まりしながら犯罪に走るなどのケースが後を絶たない」って、ホント?

■だいぶまえの記事だが、「ネットカフェ」が治安関係者による監視対象として位置づけられていることが象徴的にわかる記事。

悪質店一掃、
大阪府警がネットカフェ250店立ち入りへ

2007年5月21日(月)14:42

 少年らがインターネットカフェに寝泊まりしながら犯罪に走るなどのケースが後を絶たないため、大阪府警は府内の全ネットカフェ約250店に対し、今週中にも、府青少年健全育成条例に基づく強制的な立ち入り調査を初めて実施することを決めた。

 ネットカフェへの大規模な一斉立ち入りは全国でも異例。府警は、非行の温床になりがちな実態を把握し、深夜に少年を入店させる経営者の逮捕も辞さない姿勢で、悪質店の一掃を図る。

 同条例では、ネットカフェの入場時間について、カラオケ店やゲームセンターなどと同様、16歳未満は午後7時まで、18歳未満は同10時までに制限、違反した経営者に30万円以下の罰金を科すと定めている。

続きを読む

携帯とかだけでなく、まさに『1984年』的空間がうまれつつある

■先日、ジョージ・オーウェル論シリーズのずいぶんまえの記事のコメント欄で紹介したとおり、携帯電話は、通話記録にかぎらず、個人のうごきが把握され、権力にうりわたされる危険性が具体化してきている。

……
 いまや、携帯電話の位置情報はピンポイントで分かる。ということは、そのピンポイントに近づいてくる電話番号(及びその持ち主)を調べることも容易に調べうることになる。つまりあなたがどこにいるかだけでなく、誰と会っているかが分かる。そして、その会っている相手が、どこに行き、誰と会うかも簡単に把握されることになる。

 そもそも、従来から、電話をどこに掛けたかは、捜査照会で簡単に明らかになっていた。つまり、あなたが電話をかけた相手のリストはいつでも警察は入手できる。そして、その相手がだれに電話をしているかも分かる。

 こうして、あなたの交友関係は丸裸となる


■当然、つぎのような事態が想定される。
続きを読む

法廷で取り調べDVD映像 証拠として初めて再生=とりしらべの可視化は、まだまだ課題山積3

■前便のつづき。おなじく『朝日』の記事から。


法廷で取り調べDVD映像 
証拠として初めて再生
2007年05月25日22時28分

 25日午後、東京・霞が関の東京地裁。一部の電灯が消されて薄暗くなった410号法廷で、DVDに記録された映像が、裁判長のわきに置かれた縦横2メートルほどのスクリーンに投影された。


8e317d41.jpg
 検察官「あなたは共犯としてかかわっていたのですか」

 被告「間違いありません」

 日本の刑事裁判史上初めて「捜査機関による取り調べ状況の録画」が証拠として法廷で再生された瞬間だった。

 プロジェクターが映し出すのは山本俊孝被告(55)の姿だ。フィリピンで05年に起きた保険金殺人事件で吉井誠被告(51)の共犯者として殺人罪などで起訴された。

取り調べ状況の録画再生の様子
=25日、東京地裁410号法廷で

続きを読む

取り調べ録画DVD問題=とりしらべの可視化は、まだまだ課題山積2

■「とりしらべの可視化は、まだまだ課題山積」の続編。■『朝日』の朝刊社会面から。

取り調べの様子録画したDVD 
法廷で再生へ 東京地裁
2007年05月24日19時47分(asahi.com)

 フィリピンで05年に起きた殺人事件の被告の裁判で、東京地裁(小坂敏幸裁判長)は24日、共犯者の取り調べの様子を録画したDVDを証拠として採用した。25日に開かれる法廷で撮影内容が再生される見通し。取り調べの内容は通常、供述調書という書面の形で証拠採用される。録画によって記録された取り調べの様子が刑事裁判の証拠となるのは初めてのことだ。
続きを読む
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ