軍事

軍需産業と結びつく国防族(しんぶん赤旗)

■真の愛国者だらけなのか微妙な感じもするが、すくなくとも自民党よりは愛国的にみえる日本共産党の機関紙(日刊紙)『しんぶん赤旗』の先日の記事から。■リンクは、ハラナがかってにおぎなっている。

2007年11月19日(月)「しんぶん赤旗」

軍需産業と結びつく国防族
安保議員協の全役員判明
自・公・民など23議員
久間・額賀氏が主導


----------------------------------------
 日米の軍需産業界と連携する超党派の国防族議員集団・安全保障議員協議会(会長・瓦力元防衛庁長官)の全役員メンバーが十八日までに判明しました。

 安保議員協は、二〇〇三年から日米軍需産業の支援をうけて、日米同盟が要請する軍事戦略の議論と新型兵器の説明・展示・商談を同時並行で行う日米安保戦略会議(年二回日米で相互開催)を主催し、国防族議員と軍需産業の接点となってきました。

 安保議員協は一九九九年設立。「ガイドライン(日米軍事協力指針)新法案も本国会で成立し日米安全保障関係については、さらなる信頼関係をふかめていかなければなりません」(設立趣意)と、新段階の日米軍事同盟に対応する活動を展開する目的をかかげました。設立時のメンバーは十五議員。自民、公明、民主、自由(当時)各党議員がならびました。

 今年二月二十六日に開催の安保議員協の今年度第一回定例会合で示された役員名簿(別表)によると、現在の役員メンバーは二十三人。

 顔ぶれをみると石破茂防衛相ほか防衛相(防衛庁長官)経験者が七人、防衛副大臣(副長官)経験者四人。民主党は前原誠司前代表、松本剛明前政調会長ら党首脳クラス、公明党は歴代安保部会長クラス、といった各党の国防族有力議員が加わっています。

 設立時から継続しているメンバーは、瓦会長のほか久間章生元防衛相、額賀福志郎財務相(元防衛庁長官)と、公明党の赤松正雄佐藤茂樹両衆院議員です。今年二月の会合で額賀氏が事務総長から副会長となり、後任の事務総長に佐藤氏がつきました。

 福田康夫首相は二月の会合で退会が確認されるまで理事メンバーでした。民主党の岡田克也元代表も発足当初の一時期、理事でした。

 議員協の事務局を担当するのは秋山直紀氏。十五日の参院外交防衛委で証人喚問された守屋武昌前防衛事務次官が、久間元防衛相、元山田洋行専務の宮崎元伸容疑者との宴会に同席したと証言した人物です。
続きを読む

沖縄だけでなく、日本の米軍基地周辺は植民地である

■『村野瀬玲奈の秘書課広報室』の記事「岩国基地所属米兵による集団レイプ事件に関する不起訴決定に対する抗議声明」の全文転載。

アジア女性資料センター
http://www.ajwrc.org/
のサイトに、

岩国基地所属米兵による集団レイプ事件に関する不起訴決定に対する抗議声明

が今日出されました。少しでも多くの方の目に触れるよう、転載させていただきます。


http://www.ajwrc.org/modules/news/article.php?storyid=343

from AJWRC : 岩国基地所属米兵による集団レイプ事件に関する不起訴決定に対する抗議声明
投稿者: admin 投稿日時: 2007-11-21 11:39:05

広島で起きた岩国基地所属米兵による集団レイプ事件について、広島検察庁が不起訴を決定したことに対し、アジア女性資料センターは本日、以下の抗議声明を発表しました。
この声明にご賛同いただける団体・個人の方は、11月25日(日)までに、お名前と公表の可/不可を、ajwrc.shomei@gmail.comまで、お知らせください。週明け26日に、広島検察庁および広島県警に送付する予定です。

岩国基地所属米兵による集団レイプ事件に関する不起訴決定に関する抗議声明

10月14日に広島市中区で岩国基地所属の海兵隊員4人が女性をレイプした事件について、広島地方検察庁は11月19日、不起訴を決定しました。事件の公正な裁きを希望してこの間の経過を注視してきた私たちは、この決定に重大な疑問と懸念を表明し、広島地方検察庁および広島県警察本部に対し、不起訴処分取り消しと市民に対する説明責任を果たすよう要求します。
続きを読む

やっぱりあった巨額の防衛利権と守屋コネクション

■再三、今回の防衛省・軍事商社スキャンダルは「氷山の一角」にすぎず、米軍改編の巨大利権が背後にあるし、後発の中堅商社なんて、こももにちがいないと指摘しておいた。■そこにふみこまず、守屋・山田洋行・日本ミライズ+数人の政治家どまりで捜査がおわるのなら、「トカゲのシッポきり」にすぎないことも。■要は、もう風化しつつある松岡スキャンダルと同様の「竜頭蛇尾」というか、「めくらまし」による真の大物の 隠蔽問題だとね。

■そしたら、やっぱり週刊誌レベルでさえ、この問題のウラをとりはじめている。■きのう発売の『週刊ポスト』(2007/11/30号)の「守屋&宮崎「米軍再編グアム3兆円利権」分捕り計画書スクープ入手!」と、『週刊現代』(2007/12/1号)の「“防衛省の天皇”守屋武昌「沖縄をむさぼった自民党政治家とゼネコンの名前」」、松田賢弥「村上正邦元自民党参院議員会長が激白「田中ロッキード事件から守屋防衛省事件に連なる巨悪山脈」などなど。■まだ、絶対のネタ(たとえば、安倍前首相をおいこんだ資料レベル)まではつかんでいないようで、あくまで関係者の「オフレコ発言」のコラージュだが、それでも、こまかくみていくと、興味ぶかいヤミがすけてみえる。
続きを読む

大江・岩波沖縄戦裁判で墓穴をほる原告たち

■いわゆる「集団自決」をめぐる、大江健三郎氏の『沖縄ノート』の名誉毀損訴訟の件。■インターネット新聞『JANJAN』の記事「大江・岩波沖縄戦裁判 本人尋問の報告」(2007/11/17)の一部転載。

……
裁判の争点と裁判によって明らかにしたいこと
 第一に裁判の争点ですが、沖縄戦の真実ではありません。大江健三郎氏がどう書いているか、それが名誉棄損かどうかということです。座間味島の元隊長梅澤裕氏は11月に91歳になられるので名誉を棄損しているか、渡嘉敷島の元隊長赤松嘉次氏は亡くなっているので、敬愛追慕の情を侵害しているかどうかが争点です。名誉棄損は被告大江・岩波側が立証しなければならず、敬愛追慕は原告赤松が立証しなければならないので、二つは少し違います。つまり沖縄戦での蛮行すべてが問題とされているのではなく、座間味、渡嘉敷での「集団自決」の際に隊長が命令したかしないか、それ一点の裁判です。

 家永三郎氏の『太平洋戦争』の記述では梅澤氏が命令し、「集団自決」によって多数の死者が出たと書いてありますが、大江氏の『沖縄ノート』の記述では梅澤・赤松の名前は書いておらず、日本軍の命令による「集団自決」で多数の死者が出たと書いてあります。「罪人・悪人・極悪人」とは書いていません。
続きを読む

守屋武昌前防衛事務次官の証人喚問

■きのうかいた「防衛省天下り「売上額10億円で1人」 山田洋行(朝日)」のつづき。『中国新聞』から。

疑問残る前回の喚問証言 
接待の見返りは?
'07/11/15

---------------------------------------
 接待攻勢をかけた防衛商社への見返りは本当になかったのか。防衛省のドンといわれた守屋武昌前防衛事務次官の証人喚問が十五日の参院外交防衛委員会で再び行われる。前回の証人喚問で残った疑問点など、喚問の焦点を探った。

 ▽CXエンジンで不自然な証言

 二〇〇三年八月、守屋氏が議長を務める防衛省の装備審査会議は、次期輸送機(CX)用エンジンに、防衛商社「山田洋行」が日本での販売代理権を持つ米ゼネラル・エレクトリック(GE)製を選定。配布資料に「山田洋行」の記載があったにもかかわらず、守屋氏は前回喚問で「(山田洋行がGEの代理店とは)承知していなかった」と不自然な証言をした。

 また元同社専務の宮崎元伸容疑者=業務上横領などの容疑で逮捕=が設立した「日本ミライズ」にGEの販売代理権が移る前の今年はじめ、ミライズ社員が防衛省を含めたCXの会議に参加し、省内で問題視された。守屋氏にも事実関係が伝えられたとされるが「(会議参加の)事実は承知していない」と証言、この点も疑問を残した。
続きを読む
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

haranatakamasa

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ