政治家・公務員の潔癖さ

志布志「踏み字」 元警部補 無罪主張(南日本新聞)

志布志事件の続報。■鹿児島の県紙『南日本新聞』の記事から。

志布志「踏み字」 元警部補 無罪主張
(『南日本新聞』11/22 14:35)

初公判を終え、弁護士とともにタクシーで裁判所を出る
●●●●被告(左)
=22日午前11時41分、福岡市の福岡地裁前


img20071123.bmp 志布志・県議選事件に絡む任意の取り調べで、志布志市のホテル経営川畑幸夫さん(62)に「踏み字」を強要したとして、特別公務員暴行陵虐罪に問われた元鹿児島県警警部補、●●●●被告(45)=福岡市西区=の初公判が22日、福岡地裁(林秀文裁判長)であった。●●被告は「踏み字を1回させたことは事実で、川畑さんに不快な思いをさせ、反省している」としたが、「同罪としての陵辱、加虐を構成せず、違法性はない。仮に違法性があっても、公務員職権乱用罪と評価すべきで、公訴時効(3年)が完成している」と無罪を主張した。
続きを読む

冤罪県議のアリバイ、逮捕直後に把握 鹿児島県警警部ら(朝日)

■被告全員の無罪が確定した03年の鹿児島県議選をめぐるいわゆる「公職選挙法違反事件」デッチアゲのてんまつ、続報。

冤罪県議のアリバイ、逮捕直後に把握
鹿児島県警警部ら

2007年11月20日09時11分

 12人の被告全員の無罪が確定した03年鹿児島県議選の選挙違反事件の捜査で、当時の現地捜査本部が「主犯」とした中山信一県議(62)のアリバイを逮捕直後に把握していたことが、捜査関係者や地元関係者の話でわかった。県警本部や鹿児島地検に対しては、アリバイの存在を起訴後まで伏せていたという。現地本部の暴走ぶりと同事件の捜査のずさんさが改めて浮かび上がった。

 中山県議は、県議選告示前に同県志布志市の住民らを集めて計4回の買収会合を開き、計191万円を配ったとして公職選挙法違反(買収)容疑で03年6月4日に逮捕、7月17日に起訴された。検察側は公判で県議本人が4回の会合すべてに出席していたと主張した。

 当時の捜査本部が1、4回目の会合日とみなしたのは、03年2月8日と同3月24日。ところが、中山県議は両日とも志布志市のホテルで開かれた中学の同窓会や自治会の集会に出席していた。
続きを読む

「きまりて」じゃあるまいし、集団リンチの致命傷を特定してどうするの(時津風部屋事件)

■いわゆる「変死」事件としての「時津風親方を立件へ 力士急死巡り傷害容疑 愛知県警(朝日)」「親方「バットはやめとけ」 力士死亡問題、暴行の兄弟子注意(中日)」「力士急死で検視怠る 愛知県警、病死と判断(朝日)」「愛知県警と犬山中央病院の言い分をタレながす地元メディア」「「当初から隠ぺい」は兄弟子たちだけじゃないはず」の続編。


急死力士の死因を再鑑定へ 
 大相撲の時津風部屋の序ノ口力士、時太山=当時(17)、本名斉藤俊(たかし)さん=が急死した問題で、愛知県警捜査一課と犬山署は死因について、新潟大の鑑定結果では傷害致死容疑の立証には不十分として、十八日までに名古屋大に再鑑定を依頼することを決めた。

 今週半ばに新潟大に保管されている遺体の臓器などを受け取り、あらためて名古屋大に依頼する。再鑑定の結果が出るまでには一カ月以上かかるといい、部屋関係者の年内の立件は厳しくなりそうだ。

 県警によると、斉藤さんは死亡前日の六月二十五日夜に兄弟子から金属バットなどで暴行されたが、翌二十六日には通常通り朝げいこに参加。その後のぶつかりげいこ後、意識不明になり死亡した。

 二十五-二十六日のどの時点の外傷が直接の死因になったかの判断が難しく、立件の壁になっているもようだ。
続きを読む

「志布志事件」はなぜ起きたのか ─取調べの「可視化」を求めて─ (JANJAN)

■被告全員の無罪が確定した03年の鹿児島県議選をめぐるいわゆる「公職選挙法違反事件」デッチアゲのてんまつ、続報。■インターネット新聞『JANJAN』の記事を一部転載。ただし、実行犯の実名をふせてある。

「志布志事件」はなぜ起きたのか
─取調べの「可視化」を求めて─
2007/10/31
----------------------------------------
 「踏み字」を強要した●●●●警部補には3ヵ月間減給10分の1、志布志警察署(当時)の黒健治署長は本部長注意、違法・不当な取調べを続けた捜査主任・●●●●警部は所属長訓戒という大甘の「処分」、これで事件の“幕引き”を許してはならない。とりわけ●●警部補は、すでに国家賠償請求訴訟において賠償を命じる判決が下され、かつ特別公務員暴行凌虐容疑で告発され取調べを受けている身である。この間、責任を追及する世論が強まるなか、8月末に「一身上の理由」により辞職願を提出して受理された。身内を庇い続け、退職金の土産までつけて懲戒免職を逃れさせる警察当局の処遇は、誰もが納得しない。このままでは事件の再発防止どころか、日本の民主主義にとって重大な危機である。

 事件の当事者である志布志の中山信一さんを訪ね、事件の真相と闇に包まれた本質部分についてお話を伺った。
----------------------------------------

地域のしがらみのなかで警察がつくった事件
 ──最初に、「志布志事件」の背景についてお伺いいたします。この事件は、警察・検察の組織ぐるみのでっち上げ犯罪なのか、あるいは森義夫県議会議員と癒着していたといわれている●●警部個人の暴走と見るべきなのでしょうか。
続きを読む

「当初から隠ぺい」は兄弟子たちだけじゃないはず

■いわゆる「変死」事件としての「時津風親方を立件へ 力士急死巡り傷害容疑 愛知県警(朝日)」「親方「バットはやめとけ」 力士死亡問題、暴行の兄弟子注意(中日)」「力士急死で検視怠る 愛知県警、病死と判断(朝日)」「愛知県警と犬山中央病院の言い分をタレながす地元メディア」の続編。

兄弟子ら、当初から隠ぺい 
力士死亡、救急に「けいこのけが」

2007年10月21日 09時00分

 大相撲時津風部屋の力士、斉藤俊さん=当時(17)、しこ名・時太山(ときたいざん)=が愛知県犬山市の同部屋宿舎で死亡した問題で、斉藤さんに暴行したとされる兄弟子らは事情聴取した警察官だけでなく、最初に宿舎に到着した救急隊員に対しても、斉藤さんの体の傷を「けいこ中のけが」と強調していたことが分かった。当初から暴行を意図的に隠そうとしたとみられる。救急隊は疑問を抱き、現場の状況から不審死と判断していた。

続きを読む
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ