評論

「●●難民」という表現考2(「出産難民」を軸に)

■「●●難民」という表現考(「ネットカフェ難民」など)」という小文にトラックバックをいただいた〔「○○難民考?「ネットカフェ難民」と「出産難民」」〕ので、それへのおかえし。

……問題にされている「出産難民」は、わたしには「ネットカフェ難民」よりも何倍もいい言葉だと思われます。「いい言葉」というのはちょっと誤解を産みそうですんで、「表現として優れている」という意味です。つまり、わたしには「難民」という言葉を選んで使っている意識をうかがい知ることができるからです。

出産期にある女性が「右往左往している状況」だけを言っているのではなくて、「本来出産という環境に迎えられるべきものが、難民のように追い出されている」ということを言っていると思うのですね。こじつけで言っているつもりはありません。実際、市民病院に産科がないだとか、救急車でたらいまわしにされて死産してしまうとか、「難民」という言葉が不謹慎どころか、そのまんまなのですよね。まさに出産の場から、妊婦が追いやられて、どこでどうして出産していいのか難民になっているのです。

だから、わたしが言いたいのは「ネットカフェ難民」という言い方が、不謹慎だとかいうのではなくて、「ネットカフェ難民」が「ネットカフェから追われた人」「ネットカフェで居場所をなくした」という意味なら、むしろわたしはぴったりだと思い、よくぞ「難民」という言葉を選んだものだと思います。しかし、事実は逆で、これでは単なる便乗的な匂いしか感じられない、まさに不謹慎な言い方になってしまっているです。

「出産難民」は出産をめぐる社会的な環境が劣悪になっているということを含んでいます。戦災とか自然災害とか、その他劣悪な環境によって本来の居住地を追われることを「難民」という言葉で表しているのと同様なのです。単なる「困難者」ではない、環境への視点、支援の必要性への問いかけが生きてくるのではないか……
続きを読む

「●●難民」という表現考(「ネットカフェ難民」など)

■以前、いわゆる「出産難民」という表現に対して「出産をむかえる女性が右往左往する状況を「難民」になぞらえるのは、「ジプシー選手」などと同様、実に不謹慎な表現だ」といった論評をくわえておいた。
■でもって、最近は、「ネットカフェ難民」という表現についても、同様の議論があがっている。■きまじめな議論としては「「ネットカフェ難民」で考える、差別語。「難民」っていうな?」あたりか?

■「ネットカフェ難民」という呼称にかぎっていうなら、「日本複合カフェ協会」あたりの業界団体が、「いわゆる「ネットカフェ難民」について」といった声明をだすのは、誠実そうにみえて、問題の所在をはずしている。
続きを読む

語源主義など起源論は なぜ不毛か?

ゴンベイさんがはりつけた文章を一部転載して、まくらとする。

時間: 2007年7月07日(土) 20:56 題名: 民は信なくば立たず

-------------------------------------

「言」:【会意】「辛」と「口」とから構成されている。「辛」は入墨に用いる針の形で、盟誓のときには自己そ盟を行い、違約の時には入墨の刑罰を受けることを示す。「口」とは消化器官の入り口という意味のものではなく、甲骨文字では「U」の字の中に横線を引いた形で、盟誓の書を入れる器の形。その盟誓の書を載書というので「サイ」の音で読む。「言」はその器の上に針を置き、神に盟誓することばをいう。

「信」:【会意】「人」と「言」とから構成されている。言は誓言。神に誓うことばである。「誠なり」という。「言にして信ならざれば、何を以ってか言と為さん」というように、もとは盟誓の言をいう。信を強調することは「論語」に至ってみえ、「論語、顔淵」に政の大本は、食と兵を充足し、民を信ぜしめることの三者にあるが、もしやむをえずその政策を放棄するときは、まず兵を去り、次に食を去るも、信は政治の絶対条件であるとする孔子の語がみえる。大ていの政治は、これを倒逆した形で行なわれている。

(字統 白川静/著、平凡社)

-------------------------------------------
■これらにくわえて、「民」という漢字の「会意」をそえることもできるだろう〔「目に針を刺す」〕。■しかし、再三くりかえしてきたとおり、「語源」等をいくら起源までさかのぼってあきらかにしたところで、現代の具体的文脈における用法=現実を説明することには、まったくといっていいほど 無用なのである。■少々、精神的にゆたかになった気分によえるという効用をのぞいては…。
続きを読む

「セブン・チャージロス最高裁判決の考察」(『コンビニ問題』)=あやしいコンビニ7

■先日かいた「大資本の搾取を公然と正当化する最高裁(コンビニ裁判)=あやしいコンビニ6」の続報というより、補足的訂正。

■『コンビニ問題』というウェブログ最新号「セブン・チャージロス最高裁判決の考察」から、ほぼ全文を転載。 

 私たちのコンビニ加盟全国被害者の会から、この判決に対する評価をいたします。
・加盟契約時の事実認定がもれている。
 本部に求められている事前説明義務とは契約締結以前のものであり、契約後の研修会や試用期間中での説明は事前説明とはならない。この件について、その事実関係の審理が欠落しており、問題が多い。
・勧誘時に使用している「荒利分配」の「荒利益」の一般的な概念について審理されていない。
  一般的、慣習的に使用されている荒利益の概念、意味をまったく審理せず、一般社会通念を無視した判決といえる。
・ コンビニ会計といわれる不正・不当会計について、最高裁自身が判断を先送り、回避したものである。
・ 判決文後段に記載されている二名の裁判官による意見から、この判決は裁判官の中で当初意見がわかれたものと推測できるものである。したがって、セブンイレブンにとっても決して有利なもの、勝利したものとは言えない判決である。

※ この判決文は、次のサイトに掲載されており、ダウンロードすることができます。
  http://web1.nazca.co.jp/combinidorei/combini.pdf/
以上、本会の評価をしました。
続きを読む

大資本の搾取を公然と正当化する最高裁(コンビニ裁判)=あやしいコンビニ6

■だいぶあいたが、「あやしいコンビニ」シリーズ第6弾。〔「あやしいコンビニ1」「」「」「」「」〕
■『中日新聞』の記事から。



廃棄品原価も指導料に算入 
コンビニ店契約で最高裁

2007年6月11日 12時11分

 コンビニ店が売上利益に応じてフランチャイズチェーン本部に経営ノウハウの指導料を支払う際、消費期限切れによる廃棄商品などの原価も含める算定方法の是非が争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第2小法廷(津野修裁判長)は11日、廃棄分の算入を認めなかった2審判決を破棄、審理を東京高裁に差し戻した。
 契約の解釈についてチェーン本部側に有利な判断となった。
 この方法は多くのコンビニチェーンが採用しているとされるが、店側の負担は重く、訴訟では契約時の書面や口頭で十分に説明されていたかが争点となった。
 津野裁判長は「契約書の文面や事前の説明から、廃棄商品の原価も含める方式だったと解釈できる」と判断した。
 1審判決では「算定方法は合意済み」と店側が敗訴したが、2審では「契約書には明示されていない」として逆転勝訴していた。


(共同)
続きを読む
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ