評論

たばこ吸いたい子、6年で半減 文科省の小中高生調査2

■なにか、時間がおくれている感じだが、2箇月ほどまえにかいた「たばこ吸いたい子、6年で半減 文科省の小中高生調査(共同)」とおなじ調査がネタらしい、『朝日』の先日の記事。

飲酒・喫煙望む子ども激減 文科省調査
2007年05月07日(asahi.com)

 飲酒や喫煙をしたいと思っている子どもが減っていることが、文部科学省の調査でわかった。調査対象の小6、中3、高3の3学年すべて同じ傾向で、同省は「学校での取り組みがうまくいっている」とみている。
  
 調査は昨年2月、全国の公立小中高計762校を対象に実施された。

e6fbb121.jpg
 「酒を飲みたいと思ったことがあるか」の質問に、「ある」と答えた割合が最も高かったのは高3女子の66.5%で、前回調査の00年と比べて13.4ポイント減。高3男子もほぼ同じ傾向だった。中3女子は51.8%(同6.0ポイント減)、小6女子は34.4%(同0.1ポイント減)で、いずれも女子が男子を上回った。

 「たばこを吸いたいと思ったことがある」という回答が最も多かったのは高3男子の25.7%(同17.8ポイント減)。中3男子は13.1%(同14.6ポイント減)、小6男子は8.1%(同7.1ポイント減)で、こちらはいずれも男子が女子を上回った。

 「飲酒が大いに健康に害がある」という答えは各学年とも増えた。とりわけ小6は男女ともに5割を超え、前回調査から約20ポイント伸びた。「喫煙が大いに健康に害がある」という答えは、もともと高く、今回は各学年通して85%以上だった。
続きを読む

タクシー利用のオジサマ方は、あくまで喫煙権を主張するつもりか?

■きのうの『朝日』の朝刊1面から。

タクシー全面禁煙化、
県単位で加速 5月から名古屋で
2007年04月30日09時15分(asahi.com)

 県単位でタクシーの全面禁煙を進める動きが加速している。朝日新聞が都道府県の法人タクシー協会などに聞いたところ、6月に長野、大分、7月に神奈川で実施予定。千葉、富山、岡山でも時期は未定だが全面導入の予定がある。運賃値上げに伴うサービス向上という背景もある。一方で、実現困難としている地域では「乗客とのトラブルが心配」「売り上げが減少する」などを理由に挙げている。 続きを読む

たばこ吸いたい子、6年で半減 文科省の小中高生調査(共同)

■『共同通信』の記事から。

たばこ吸いたい子、6年で半減
文科省の小中高生調査
2007/03/14 13:17 (共同)
 「たばこを吸いたいと思ったことがある」子どもはこの6年間でほぼ半減したことが文部科学省が小中高校生を対象に実施した喫煙・飲酒意識調査で13日、分かった。調査は昨年2月に実施、全国の小中高計約750校、6万7435人(小学校は高学年のみ)から回答を得た。前回調査は2000年。「吸いたいと思ったことがある」小6男子は8%(前回15%)、中3男子13%(同28%)、高3男子26%(同44%)だった。
------------------------------------------
■これが、いわゆる統計学的な手法にのっとった社会調査であるなら、すごい事実である。■なぜなら、ここ数年でもって、10代のコドモたちのオトナ意識が激変する事態がおきたということを意味するから。
木村拓哉氏のドラマ中での 演出が、深刻な影響をおよぼしているのではないか?
(たとえば、かっこよさげな喫煙スタイルとか、バタフライナイフの携帯とか)といった問題視がなされるのも、10代にとって、20?30代の「かっこいい同性」がモデルになるという経験則/実体験があったからだとおもわれる。■もし、この文部科学省の調査が、10代の少年たち各層=母集団を推計するにたる、そっくり代表的な標本(サンプル)をぬきだせているのなら、ここ数年のあいだに、キムタクをはじめとする「かっこいいアニキ」像に深刻な変容をせまる事態・事件がおきたということを意味するはずだ。
続きを読む

センター試験:リスニング機器、性能劣るのを承知で採用(毎日)

毎日新聞 2007年2月25日 18時26分
センター試験:リスニング機器、性能劣るのを承知で採用
音声トラブルが相次いでいる大学入試センター試験(英語)のリスニングテストをめぐり、センター(東京)が、現行のICプレーヤーの性能が競合メーカーより劣ると認識しながら採用していたことが内部報告書で分かった。数百円の価格差を重視して採用したとみられる。しかし、報告書は同時に重大な問題点として、使い捨ての現行方式に懸念を示し、早急にプレーヤーの再利用を検討すべきだと「警告」していた。 続きを読む

まつりは、基本的に迷惑行事である(東京マラソン)

■先月かいた「東京マラソンで都心「大封鎖」 2月18日、銀座6時間(朝日)」の続編。■まずは、きょうの『朝日新聞』の社説から。 

東京マラソン 市民の新しいお祭りに
東京マラソンのコース
 3万人の市民ランナーが、競技者と一緒に早春の都心を駆け抜ける。初めての「東京マラソン」が行われた。

 コースは新宿、銀座、浅草など、首都の名所を結び、国際認定を受けている。いつもはクルマに占拠されている目抜き通りが、この日はランナーや応援する市民の天国になった。

 世界陸上の選考会を兼ねる大会で一流選手とともに走ることは、市民ランナーにとって、このうえない喜びだろう。

 参加者は、健脚自慢の市民だけではなかった。車いすの人、目の不自由な人、臓器移植を受けた人たちもいた。

 参加者の荷物を預かったり、コースの途中で飲料水を配ったり、さまざまな場面で運営を支えたのは、1万人を超えるボランティアである。

 沿道では、大学や高校の応援団が声援合戦をし、大道芸や屋台も登場した。

 さまざまな人が互いに助け合い、共に生きる。そんな願いが込められた首都の新しいお祭りが誕生したようだ。
続きを読む
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

haranatakamasa

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ