スポーツ現象

親方「バットはやめとけ」 力士死亡問題、暴行の兄弟子注意(中日)

■「時津風親方を立件へ 力士急死巡り傷害容疑 愛知県警(朝日)」の続報。


親方「バットはやめとけ」 
力士死亡問題、暴行の兄弟子注意
2007年9月28日 朝刊

記者会見中、涙があふれる時太山(斉藤俊さん)の父
正人さん=27日午後、東京都千代田区で

affd932e.jpg
◆父親が会見で明かす
 大相撲序ノ口力士の斉藤俊さん=当時(17)、しこ名・時太山、新潟県出身=が名古屋場所前の六月末、愛知県犬山市の時津風部屋宿舎でけいこ中に急死した問題で、斉藤さんが亡くなる前に兄弟子たちから金属バットなどで殴られる暴行があり、時津風親方(57)=元小結双津竜=が「バットは、やめとけ」と注意していたことが分かった。

 愛知県警の調べに対し時津風親方らが暴行を認めたことが分かったのを受け、斉藤さんの父正人さん(50)が二十七日、東京都千代田区で記者会見を開き、明らかにした。

 暴行は斉藤さんがけいこ場を一時抜け出した六月二十五日から翌日にかけ、複数回あった。斉藤さんは翌日午前の「ぶつかりげいこ」で倒れた。

 正人さんによると、斉藤さんに対して通常のけいこ以上の暴行があったとの疑惑を週刊誌が報じた直後の八月上旬、時津風親方が新潟県の正人さん宅を訪れた。
続きを読む

時津風親方を立件へ 力士急死巡り傷害容疑 愛知県警(朝日)

■以前、週刊誌などでとりあげられた話題。

時津風親方を立件へ 
力士急死巡り傷害容疑 愛知県警
2007年09月26日06時05分(asahi.com)

時太山の急死発覚時に記者会見に臨んだ時津風親方
=6月28日、愛知県犬山市の時津風部屋で
61cfb672.jpg
 新潟市出身で大相撲の序ノ口力士、斉藤俊さん(当時17)=しこ名・時太山(ときたいざん)=が名古屋場所前の6月、愛知県犬山市でけいこ中に急死した問題で、師匠の時津風親方(57)=本名山本順一、元小結双津竜=が同県警の任意の調べに対し、斉藤さんへの暴行を認めていることが25日、わかった。兄弟子数人も「集団で暴行した」と供述しているという。県警は現在、死の直接的な原因を特定するため遺体の組織検査中で、結果を待って、同親方を傷害、兄弟子らを傷害致死の各容疑で立件する方針だ。
続きを読む

「JUDOの家元をめざせ」(朝日)って?=スポーツからみた日本社会23

■これは もはや「スポーツ現象」に分類するというより、「国家/ナショナリズム論」ないし「国際政治」かもしれないが、とりあえず「「本家」意識がぬけない日本柔道界」「「本家」意識がぬけない日本柔道界2」の続編で、「スポーツからみた日本社会」シリーズの一環の一編として。■けさの『朝日』の社説から。

理事落選―JUDOの家元をめざせ

 柔道は、とっくに「JUDO」になっていた。国際柔道連盟の理事選挙で、再選をめざす山下泰裕氏が敗れたことは、そんな現実を改めて突きつけた。

 山下氏は84年のロサンゼルス五輪の金メダリストだ。その山下氏が教育・コーチング理事の選挙で、アルジェリア人の対立候補に61対123の大差で負けた。この時点で、52年に加盟して以来、初めて執行部から日本人の姿が消えた。

 その翌日、マリアス・ビゼール新会長は定数11の理事会に会長枠として8人の増員を発表し、その1人に上村春樹全日本柔道連盟専務理事を指名した。しかし、日本の訴えが届かなかったという結果は残った。

 このことをどう考えればいいのか。

 振り返れば、柔道界の先人は、柔道の魅力を広く伝えたいと考えた。その魅力とは、格闘技の面白さと精神性を融合したものだろう。海を渡り、言葉の壁を乗り越え、種を世界にまいてきた。その結果が、いまや200に迫る国際柔道連盟の加盟国・地域の数である。

 日本生まれのスポーツとはいえ、これだけ世界に広まれば、性格が変わるのもやむをえまい。山下氏の活動が否定されたとは思わないが、伝統や精神性にこだわるかたくなな日本の姿勢が、選挙結果につながった面は否めない。

 ここは、「家元」の権威がまた失墜したと嘆くよりも、新たにJUDOの「家元」をめざした方がよくないか。
続きを読む

「本家」意識がぬけない日本柔道界2=スポーツからみた日本社会22

■もちろん前便のつづき。
■前便でリンクだけしておいた、「国際化」の記述をはりつけておく。

国際的な競技としての普及

国際的競技としての柔道においても礼節は重んじられている柔道の試合競技は1964年の東京オリンピックで、正式競技となる。女子種目も、1988年のソウルオリンピックで公開競技、1992年のバルセロナオリンピックでは正式種目に採用された。

現在は、世界中に普及し、国際柔道連盟の加盟国・地域も195カ国ある(2005.9)。
日本以外では、欧州で人気が高く、特にフランスの登録競技人口は、日本の登録競技人口を大きく上回っている。 2007年現在、国際柔道連盟の本部は韓国ソウルにある。
--------------------------------------------
■国際柔道連盟の本部は会長の所属地へと移動するのではないかとおもうので、つぎはウィーンあたりかとおもうが、重要なのは、日本の柔道界のおエラいさんたちは、英語・フランス語ができないためか、20年以上会長になっていないこと、そして、すくなくとも「登録競技人口」という次元では、日本はヨーロッパにおとるということだ。プーチン大統領の武道家としての肉体美をどう位置づけるかは趣味・イデオロギー次第だろうが、町道場の遍在ぶりだけで、「日本の国技のひとつ」なんて「本家」意識は、すくなくとも、競技柔道という次元では破綻していることに注意!(笑)
■「町道場」の充実ぶりだって、前便でかいた「ブラジリアン柔術」などの充実ぶりとくらべたときに、水準としてどうか、微妙なところだろう。
続きを読む

「本家」意識がぬけない日本柔道界=スポーツからみた日本社会21

■だいぶまえにかいた「イデオロギー装置としての大相撲=スポーツからみた日本社会18」になぞらえて、「イデオロギー装置としての講道館柔道」といった、挑発的な表題をつけてもいいかとおもうぐらい、ナショナリズムがらみの話題。■『AFP』の記事から。〔リンクは、ウィキペディアにさしかえてある〕

山下泰裕氏
国際柔道連盟の理事選に落選

2007年09月11日 21:00 発信地:東京

【9月11日 AFP】国際柔道連盟(Internation Judo Federation:IJF)総会がブラジルのリオデジャネイロで開催され、教育・コーチング理事での再選を目指した山下泰裕(Yasuhiro Yamashita)氏がアルジェリアのモハメド・メリジャ(Mohamed Meridja)氏との投票の結果61-123で大敗し落選した。これによりIJF執行部に日本人がいなくなるのは、日本がIJFに加盟して以来56年の歴史の中で初めてとなる。

 1984年のロサンゼルス五輪で金メダルを獲得した山下氏は、2003年に信任投票でIJF理事に初当選し、競技者のマナー向上や発展途上国での柔道の普及活動などに取り組んできたが、IJF会長を務めていた朴容晟(Park Yong-Sung)氏の突然の辞任を受け、マリアス・ビゼール(Marius Vizer)IJF新会長に擁立されたメリジャ氏に勝利することは出来なかった。
続きを読む
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ