琉球/日本/千島列島

「東京圏」への人口流入加速、バブル期並み超過(総務省)

■「やっぱり巨大だった東京圏」「マッチョでネオリベしか東京の首長になれないというが」の続編。■『朝日』の先日の記事を転載。

「東京圏」への人口流入加速、
バブル期並み超過 総務省
2007年11月26日19時45分

 移り住んできた人が転出した人よりどれだけ多いかを示す「転入超過数」が、東京都は今年1?10月の合計で9万348人になり、昨年1年間(9万79人)を上回ったことが26日、総務省統計局のまとめでわかった。埼玉、千葉、神奈川各県を加えた「東京圏」の超過数はバブル期並みで、首都圏への人口集中が加速している。

 三大都市圏別にみると1?10月の東京圏の超過数は14万7962人。名古屋圏(愛知、岐阜、三重各県)は1万6123人、大阪圏(大阪、京都、兵庫、奈良各府県)はマイナス1万3680人だった。

 東京圏の超過数は94、95両年にマイナスに落ち込んだが、昨年は13万人を超え、88年と同水準に戻った。ただ、バブル期は東京都が毎年5万?7万人超のマイナスで、他3県の人口流入が著しかったのに対し、近年は東京都の転入超過が目立っている。
続きを読む

ウタリ協会が山岡議員に抗議へ 蛮族発言で(北海道新聞)

■日本の国会議員たちは、よくもわるくも日本国民の代表であり、その風貌や言動は、日本国民の本質を体現・象徴するものとしかいえまい。
■ある有力政治家の「失言」騒動とてんまつを、『北海道新聞』の記事から。


ウタリ協会が山岡議員に抗議へ 
蛮族発言で
(11/03 07:07)
 【釧路】民主党の山岡賢次国対委員長が「私らはアイヌの血を引く蛮族だ」と発言し、その後、撤回した問題で、道ウタリ協会(加藤忠理事長)は二日、釧路市内で開いた理事会で、近く加藤理事長が上京し、民主党と山岡氏に抗議することを決めた。

 また、国連が九月の総会で「先住民族の権利に関する宣言」を採択したことを受けて、アイヌ民族の権利にかかわる審議会や窓口の設置を、国に引き続き強く働きかけることを確認した。



■「おくちなおし」ならぬ、「目の保養」に、おなじ『北海道新聞』のコラム「卓上四季」の文章を…。 続きを読む

新基地建設、日本?沖縄の「歌舞伎プレイ」に終止符を(なごなぐ雑記)

■先日の『なごなぐ雑記』から、一部転載。

新基地建設、日本?沖縄の
「歌舞伎プレイ」に終止符を


……
守屋次官が8月28日に週刊誌で語っていることを紹介します。


http://seiji.yahoo.co.jp/column/article/detail/20070828-01-0202.html
守屋次官が本誌に激白 「小池」「沖縄」のこと
2007年8月28日 読売ウイークリー

「問題は、代替飛行場の受け入れと引き換えに政府が実施した北部振興策です。当時の比嘉鉄也名護市長は、名護市に活気を取り戻したかった。だから、代替飛行場の受け入れを表明したんです。ところが、その後、沖縄の行政や財界、政治家から『振興策は飛行場の受け入れと引き換えではないと表明してほしい』という要請があり、野中広務官房長官(当時)の政治判断で表明したんです。その結果、移設のプロセスが進まなくても、地元に金が落ちる仕組みが出来てしまった。問題がこじれて先延ばしになるほど、地元には金が入る。だから、僕は、移設が進まなければ金は出ないという形にしたんです」

「私の首を取ったと自慢している人もいるようですね。でも、きちんと認識しないといけないのは、沖縄で基地の被害を受けている人と、国からの金で儲かっている人は違うということです。私は普天間飛行場がこのままでいいとは思っていませんから、既得権益を維持しようとしている人たちには嫌な存在でしょう。そんな人たちににらまれても、何とも思いません」
続きを読む

いわゆる「沖縄独立」についてコメントするヤマトゥンチュの政治性

前便とおなじく、素材は『モジモジ君の日記。みたいな。』。■これまた、1か月まえのネタ。「独立しなかった植民地=沖縄を考える

……植民地主義への抵抗が目指したもの=目的はそこに住む人々それぞれの自由だったはずであり、独立はそのための手段に過ぎなかったはずである。「しかし、独立ですべての問題が片付くわけではないにせよ、まず独立することは不可欠のはずだ」。このように述べるのだろうか。しかし、このこと自体、検討の余地がある。それはつまり、独立しなかった植民地であるところの沖縄をどう考えるか、という問題でもある。



 沖縄は独立しないことによって、曲がりなりにも日本社会の一員となった。現状、満足のいく状況だとは思わない。だから独立すべきだった、と言えるかどうか。それは少なくとも「わからない」としか言いようがない。個人的な見解として言うならば、独立すべきだったとも思わないし、今からでも独立すべきだとも思わない。
続きを読む

「隷属から自主へ」の信念 瀬長氏の獄中ノート発見(中国新聞)

「隷属から自主へ」の信念 
瀬長氏の獄中ノート発見
『中国新聞』'07/10/9


---------------------------------------
 米軍統治下の沖縄で民衆運動の象徴的存在だった元衆院議員の故瀬長亀次郎氏(一九○七?二○○一年)が、米軍の思想弾圧を受け獄中にいた五五年、差し入れの「資本論」や国際法の書物から丹念に抜き書きし感想をしたためた読書ノート二冊が九日までに見つかった。

 手書きの大学ノートに「隷属から自主独立へ」「“独立”なければ“平和”なし」などと当時の信条を書き記し、自らリードした反米闘争と本土復帰運動の裏面を伝えている。生誕百年を機に、遺品を整理していた遺族が発見した。
続きを読む
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ