労働空間/労働市場

すすむも地獄、しりぞくも地獄?

■あかるい話題で、気分もかるく…といきたいところだが〔いや、そういった話題の本だってよむし、ネタとしてしいれていないわけじゃない(笑)〕、「思考の外部化」という、この日記の基本的趣旨にてらしたときに、「宿題」としてたまりつづけるのは、どうしても「くらめ」の話題であり、当然「からめ」の論評になるほかない。
■当日記の盟友たる、bananaさんの先日の記事「悟りとは」から
〔あ、いまごろ気づいたんですけど、当方の日記の表題「タカマサのまぐれ時評」ですんで…〕


……
昨夜の「クローズアップ現代」で、「使い倒し」という言葉を聞いた。リアルで新鮮だった。

名前だけの管理職でつって、残業代を払わないようにして人件費を浮かすという。今の企業スタイルだそうだ。残業月80時間が過労死ラインというのをはじめて知った。その2倍の残業をした人が「店長」の名のもとに不払い。うつ病に追い込まれてやめた人もいる。

経営コンサルタントが講演をしていた。裁判を起こされても負けないようにするには、契約書にはじめから残業代を含むと書いておくことだといってた。もちろん聴衆は経営者(人事担当?)たちだ。

管理職とは、経営者と一体、時間を拘束されない(タイムカードをおさない?)、それなりの待遇を得るもの、というのが定義らしい。

名前だけの管理職にすると、定義とかけ離れて、ワーキング・プアと過労死を合わせたような実態だという。

なぜ、そんな「現実」に、「願望」を棄てて、足を踏み入れるのだろうか。証言していた。今ここで、正社員、管理職にならないと、またいつまでも派遣か、フリーターで、不安だと。

「願望」はあるのだろうか。ないのではないかい。
……
続きを読む

企業組織がこういった方向へ本当においたてられるのか?

■いわゆるビジネスねたについては、ほとんどふれない、この日記だが、気になる記事に遭遇。「生産性論争」というリンク集からとんでいったさきの『アンカテ(Uncategorizable Blog)』のちょっとまえの記事、「グーグルが起こす第二の革命」。


……
 バックオフィス部門の中には筋金入りのぶら下がり社員が多く、また性質が悪いことにそれを自覚していない人が多い。
Casual Thoughts - 一流企業の一流社員に求められる泥臭い馬力

 大企業というのは一流の仕事をやり抜くためにはプラスアルファでタイヤを10個くらい引っ張って猛進する「泥臭い馬力」が求められるもの
Casual Thoughts - 一流企業の一流社員に求められる泥臭い馬力



 私も多くの一流企業の一流社員と仕事をさせていただいた。そして、彼らが「タイヤを10個くらい引っ張り」ながら、素晴しい成果をあげているのを見てきた。
続きを読む

ふざけるな!最低生活費基準切下げを阻止する、怒りの緊急行動(転送)

■「特定非営利活動法人 自立生活サポートセンター もやい」という組織が軸となって抗議行動があるそうな。■きのうのウェブログの記事を、ほぼ転載。


ふざけるな!
最低生活費基準切下げを阻止する、
怒りの緊急行動

カテゴリ: イベント :
---------------------------------------
執筆者: Moyai (4:53 pm)
だイジメ足りないのか!?
生活保護受給者だけじゃない!低所得者全体に影響
「難民」化・少子高齢化を推進してどうする?

ふざけるな!最低生活費基準切下げを阻止する、怒りの緊急行動

【とき】10月19日(金)18:30?21:00
【ところ】厚生労働省前
【やること】リレートーク。その時間、5F第12会議室で「検討会」が開かれます。会議室に届くよう、一人一人が訴えましょう。ずっといられない方でも、ちょっと立ち寄って、ひとこと言ってやりませんか! 
【持参してください!】横断幕他アピールに使える物なんでも。特に拡声器をお持ちの方、どなたか!!
【問合せ連絡先】080-3022-4422(湯浅。NPOもやい/反貧困ネットワーク事務局長)

【緊急記者会見もあります】
主催:生活保護問題対策全国会議
時間・場所:厚生労働省記者クラブ18:00?

【呼びかけ文】
<検討会の目的>
厚生労働省は、10月19日19:00?20:30の予定で、「生活扶助基準に関する検討会(第一回)」を開くことを、急遽決定しました(座長:樋口美雄慶応大学教授。委員:岡部卓(首都大学)、駒村康平(慶応大学)、菊池ヨシミ(早稲田大学)、根本嘉昭(神奈川県立保健福祉大学))。年内には結論を出すと厚生労働省担当者は言っています。
「骨太の方針2006」を受けた今回の検討会で、厚生労働省は「一般低所得世帯の消費実態との均衡」を理由に最低生活基準の切り下げを狙っています。
続きを読む

ニート/フリーターなど若年無業層の概念図

■「ニート問題」は、より深刻な「ワーキングプア」問題、「ネットカフェ難民」騒動といった大問題にかきけされた観もあるが、政府がわかものをどうとらえているかをみる意味では、依然重要な領域。
■数的推移とか、内実の分析などには事実誤認もあるなど、真剣に検討するにあたいしないが、概念図だけは参考になるので転載。■本川氏の「フリーター数・ニート数の推移」から。
続きを読む

バイク便 契約見直しを指導へ(NHK)

■ウェブ上にのったNHKニュースの記事を転載。

バイク便 契約見直しを指導へ

オートバイや自転車で企業の書類や資料を配達するバイク便の会社が、労災保険などが適用されない「個人請負」で働く人と契約しているのは労働の実態にあっていないとして、厚生労働省は、全国の200社余りに対して契約を見直すなど改善を図るよう指導していく方針を決めました。

(9月28日 5時4分)

続きを読む
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ