可視化 を含む記事

志布志「踏み字」 元警部補 無罪主張(南日本新聞)

志布志事件の続報。■鹿児島の県紙『南日本新聞』の記事から。

志布志「踏み字」 元警部補 無罪主張
(『南日本新聞』11/22 14:35)

初公判を終え、弁護士とともにタクシーで裁判所を出る
●●●●被告(左)
=22日午前11時41分、福岡市の福岡地裁前


img20071123.bmp 志布志・県議選事件に絡む任意の取り調べで、志布志市のホテル経営川畑幸夫さん(62)に「踏み字」を強要したとして、特別公務員暴行陵虐罪に問われた元鹿児島県警警部補、●●●●被告(45)=福岡市西区=の初公判が22日、福岡地裁(林秀文裁判長)であった。●●被告は「踏み字を1回させたことは事実で、川畑さんに不快な思いをさせ、反省している」としたが、「同罪としての陵辱、加虐を構成せず、違法性はない。仮に違法性があっても、公務員職権乱用罪と評価すべきで、公訴時効(3年)が完成している」と無罪を主張した。
続きを読む

冤罪県議のアリバイ、逮捕直後に把握 鹿児島県警警部ら(朝日)

■被告全員の無罪が確定した03年の鹿児島県議選をめぐるいわゆる「公職選挙法違反事件」デッチアゲのてんまつ、続報。

冤罪県議のアリバイ、逮捕直後に把握
鹿児島県警警部ら

2007年11月20日09時11分

 12人の被告全員の無罪が確定した03年鹿児島県議選の選挙違反事件の捜査で、当時の現地捜査本部が「主犯」とした中山信一県議(62)のアリバイを逮捕直後に把握していたことが、捜査関係者や地元関係者の話でわかった。県警本部や鹿児島地検に対しては、アリバイの存在を起訴後まで伏せていたという。現地本部の暴走ぶりと同事件の捜査のずさんさが改めて浮かび上がった。

 中山県議は、県議選告示前に同県志布志市の住民らを集めて計4回の買収会合を開き、計191万円を配ったとして公職選挙法違反(買収)容疑で03年6月4日に逮捕、7月17日に起訴された。検察側は公判で県議本人が4回の会合すべてに出席していたと主張した。

 当時の捜査本部が1、4回目の会合日とみなしたのは、03年2月8日と同3月24日。ところが、中山県議は両日とも志布志市のホテルで開かれた中学の同窓会や自治会の集会に出席していた。
続きを読む

「志布志事件」はなぜ起きたのか ─取調べの「可視化」を求めて─ (JANJAN)

■被告全員の無罪が確定した03年の鹿児島県議選をめぐるいわゆる「公職選挙法違反事件」デッチアゲのてんまつ、続報。■インターネット新聞『JANJAN』の記事を一部転載。ただし、実行犯の実名をふせてある。

「志布志事件」はなぜ起きたのか
─取調べの「可視化」を求めて─
2007/10/31
----------------------------------------
 「踏み字」を強要した●●●●警部補には3ヵ月間減給10分の1、志布志警察署(当時)の黒健治署長は本部長注意、違法・不当な取調べを続けた捜査主任・●●●●警部は所属長訓戒という大甘の「処分」、これで事件の“幕引き”を許してはならない。とりわけ●●警部補は、すでに国家賠償請求訴訟において賠償を命じる判決が下され、かつ特別公務員暴行凌虐容疑で告発され取調べを受けている身である。この間、責任を追及する世論が強まるなか、8月末に「一身上の理由」により辞職願を提出して受理された。身内を庇い続け、退職金の土産までつけて懲戒免職を逃れさせる警察当局の処遇は、誰もが納得しない。このままでは事件の再発防止どころか、日本の民主主義にとって重大な危機である。

 事件の当事者である志布志の中山信一さんを訪ね、事件の真相と闇に包まれた本質部分についてお話を伺った。
----------------------------------------

地域のしがらみのなかで警察がつくった事件
 ──最初に、「志布志事件」の背景についてお伺いいたします。この事件は、警察・検察の組織ぐるみのでっち上げ犯罪なのか、あるいは森義夫県議会議員と癒着していたといわれている●●警部個人の暴走と見るべきなのでしょうか。
続きを読む

社会学的密室としての大学院(パワハラ最前線のひとつ)

■もと文学系大学院に在籍していたらしい人物の日記『慣性のある生活』の最近の記事から。


 もう7年以上も前になるだろうか。大学院にいたころ、先輩の一人が自殺を図ったことがあった。幸い未遂で済んだが、学内でのこの手の話題というのは、本当に誰か死人が出たり、あるいは裁判沙汰にでもならない限り、学外には出て行かない。僕の知る限り、在籍した短い期間でも、暴力沙汰ありストーカー事件あり盗難に放火、そして自殺未遂と、「これが最高学府に在籍している人間のやることか」という話は山のようにあって、でもそれらのどれもが新聞沙汰や警察沙汰にはならない。僕がいたのは大学内では政治力の弱い文学系の学科ではあったのだけれども、それでも大学教授の権力と言うのは、世間一般が考える以上に陰湿で強大なのだ。

 さて、自殺未遂の先輩だけれど、一年だけ同じ講義に出たことがあって、彼が修士3年で僕が入りたての頃だった。まだ文学の「ぶ」の字も知らぬような初心な新入生の僕にその先輩Yさんが見せた文学的センスは、今思い返しても素晴らしい切れ味を持っていて、授業がディスカッションに入り、各自の意見を述べる段になると、その人のコメントが楽しみで仕方なかった。凡庸な一般論程度のことしか述べられぬ僕らに対して、彼の意見は群を抜いて「文学」だったし、いやそれ以上に知的だった。「ああ、こんな風に脳みそを使うことが出来るんだ」と、まだ若い僕は感銘を受けたものだ。
続きを読む

福井・大飯、原発外部に微量放射能 トラブル隠し訓練(中日)

■ちょっと 「トラブル隠し訓練」って みだしだけよむと、ギョっとするが、実はそれほどでもない(笑)。


福井・大飯、
原発外部に微量放射能
 
トラブル隠し訓練
2007年9月5日 朝刊

 関西電力は四日、営業運転中の大飯原発1号機(福井県おおい町、加圧水型軽水炉、出力百十八万キロワット)で三日夜に原子炉補助建屋内の一次冷却水ポンプのフィルターから微量の放射能を含んだ水が漏れたと発表した。四日夜から翌未明にかけて原子炉を手動停止させ、フィルターの点検を行う。

 大飯原発では四日朝から地元消防署員らを敷地内に入れて地震を想定した防災訓練が実施されたが、三日夜に水漏れがあったにもかかわらず参加者に知らせていなかった。四日正午前になって初めて、事実を公表したが、訓練は終わった後だった。
続きを読む
記事検索
最新コメント
プロフィール

haranatakamasa

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ