志賀原発 を含む記事

浜岡原発差し止め認めず 静岡地裁判決(静岡新聞)

「志賀原発」については、比較的まともな判決がでたので、「柏崎刈羽原発」の騒動もあったし、さすがに ながれがかわるんじゃないかとおもったら、さにあらず。

浜岡原発差し止め認めず 
静岡地裁判決
2007/10/26

「不当判決」と書かれた幕を手に飛び出す原告側と厳しい
表情の関係者=26日午前11時7分、静岡地裁

87e7636b.jpg
 中部電力浜岡原発1―4号機(御前崎市佐倉)は東海地震の発生時に十分な安全性を確保できないとして、市民団体が運転差し止めを求めた訴訟の判決で、静岡地裁(宮岡章裁判長)は26日、原告の請求を棄却した。争点となっていた想定東海地震の規模や原子力施設の安全性、経年変化(老朽化)について、いずれも「原告らの生命、身体が侵害される具体的危険があるとは認められない」とする判断を下した。同時に申し立てていた運転差し止めを求める仮処分申請も却下した。原告側は同日、控訴し、仮処分決定に対しても即日抗告した。
……
続きを読む

原発、停止中も危険性 事故率は運転中と同じ(朝日)

前便前々便の補足記事。■ふたつきほどまえの『朝日』の記事から。

原発、停止中も危険性 事故率は運転中と同じ 経産省
2007年05月24日07時59分(asahi.com)

 原子炉の制御棒が抜け落ちるなど事故やトラブルが相次いだ問題で、定期検査などで停止中の原発でも、運転時と同程度の危険性があることがわかった。経済産業省原子力安全・保安院は、停止中の原発の安全強化に向け、24日に検討会を立ち上げる。8月までに指針をまとめる。全原発で定期検査の作業手順の見直しが必要となりそうだ。
続きを読む

当局は「おてもり調査」がおすき(福島の原発周辺「断層活動なし」 東電が地質調査)

■『河北新報』の福島県版の記事から。

福島の原発周辺「断層活動なし」 
東電が地質調査

 東京電力は8日、福島第一原発(福島県大熊町、双葉町)と同第二原発(楢葉町、富岡町)の耐震安全性の再評価に向けて行った周辺の地質調査結果をまとめ、活断層「双葉断層」の南側で活断層とされる断層活動は確認されなかったと発表した。活断層の最新活動時期の基準が拡大されたことを受けて、基礎データを補充する必要が生じていた。

 東電が活断層と評価している双葉断層(約18キロ)の南端に近い南相馬市馬場地区で2006年度、ボーリング調査を実施。新たな基準となった「約12万―13万年前以降」に断層活動がないことを確認したという。

 東電は今後、双葉断層で活断層でないと評価している北側延長部についても従来の調査結果を補完する調査を行うほか、浪江町周辺の畑川断層についても活断層でないことを再確認する方針。

 東電はこうした基礎データを踏まえ、新指針に対応した両原発の再評価を09年3―6月までに終える計画だ。
2007年06月09日土曜日

-----------------------------------------
■東京電力は、ソボクな疑問にこたえてほしい。でないと、全然信用ならない。
続きを読む

発電を再開 東通原発1号機(東奥日報)

■先日の『東奥日報』などから、記事を数件紹介。

発電を再開 東通原発1号機
 東北電力は9日、定期検査中の東通原発1号機(青森県東通村、出力110万キロワット)の発電を再開した、と発表した。1カ月程度の調整運転を経て国の最終検査を受けた上で、6月上旬にも営業運転に戻る見通し。
 1号機は今年1月7日から、初の定期検査に入り、今月5日、原子炉を再起動していた。

2007年05月09日水曜日(東奥日報)




東通原発1号機 原子炉を再起動 
営業運転は来月
 定期検査中の東北電力東通原発1号機(青森県東通村、出力110万キロワット)は5日、原子炉を再起動した。近く発電機を送電系統につなぐ併入を実施。1カ月程度の調整運転を経て国の最終検査を受けた上で、6月上旬にも営業運転に戻る見通し。
 1号機は2005年12月8日に営業運転を開始。今年1月7日から、初の定期検査に入っていた。4月下旬の再起動を予定していたが、一部暖房用ボイラーの安全弁の点検作業に時間がかかり、1週間ほど遅れた。

2007年05月05日土曜日(河北新報)
続きを読む

志賀原発99年の制御棒脱落、出力急上昇の「即発臨界」か(読売)

■まずは『読売』の記事から。

志賀原発99年の制御棒脱落、
出力急上昇の「即発臨界」か
 1999年の北陸電力志賀原子力発電所1号機(石川県志賀町)の臨界事故は、出力を調整する制御棒が3本脱落した後、出力が瞬間的に運転時の15%まで上昇した恐れがあることが同電力の解析で分かった。

 ウラン燃料の核分裂反応が急速に進み出力が急上昇する「即発臨界」という危険な状態だった可能性があり、経済産業省原子力安全・保安院は専門家の意見を聞きながら分析を進めている。
続きを読む
記事検索
最新コメント
プロフィール

haranatakamasa

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ