石原慎太郎 を含む記事

こんな連中のために、特攻兵たちは犬死したのか

■ことしのなつは、映画版『夕凪の街 桜の国』をみたこともあり、原爆関連の記事をたくさんかいた記憶があるが、非戦闘員のこうむった惨劇だけでなく、兵士たちの無残な末路も無視できないのは、いうまでもない。■とりわけ、戦地で収奪などをしたわけではなく、敵軍に打撃をあたえるという目的だけで犠牲となった兵士たちの「犬死」ぶりは、わすれるべきでない存在だ。かれらを英霊としてもちあげる策動もあるし。
■そんななか、感染症や飢餓、負傷などでしんでいった兵士の無念さも、さることながら、「英霊」の象徴としてさかんに称揚されてきたのが「特攻隊」であることは、いうまでもない。「同期の桜」など軍歌が、右翼街宣車からながれることはマレではあるが、それがイメージされるところに、特攻隊の政治的意味が象徴的にしめされている。■犬死以外のなにものでもない、作戦上の「外道」である「特攻隊」については、つい最近もふくめて何度もかいてきたが、おととしの8月15日には、保坂正康氏の本を書評するかたちで、「あの戦争は何だったのか」という記事で、かなりたちいったことをかいた。■それと関連して、とても気になるブログがみつかったので、一部転載する(「第259号 私の昭和史5 日本の特攻作戦」)。

 石原慎太郎の映画「俺は君のためにこそ死にに行く」を見た。すこし遅れたので冒頭の部分を若干見落とした。

 私が見たのは、多分玉井副長が関大尉に大西司令官の意向を伝え、最初の特攻指揮官として突入してくれと依頼する場面からだった。大西司令官は日本の敗北を予期しており、特攻攻撃でどれほど犠牲を出しても、それで局面を転換できるとは考えていなかった。しかも、なお特攻戦術を発案し、強行したのはなぜか。
続きを読む

久間氏にとっての「政治的な言動」

■安倍政権の象徴的な人物のひとりであった久間氏。またまた、名物の一言居士ぶりを発揮。■『長崎新聞』から。

久間氏「不愉快な思いさせた」 
県庁で謝罪会見

 自民党の久間章生元防衛相(衆院長崎2区選出)は十三日、県庁で記者会見し、防衛相辞任につながった六月の原爆「しょうがない」発言について、「被爆者やご遺族らに大変不愉快な思いをさせたことを深くおわびしたい」とあらためて陳謝した。

 その上で発言の真意について「原爆を容認するものではない。許せないという気持ちは今も持っている」と述べた。被爆者団体への直接の謝罪は「結局、お会いするのは団体のトップになり、そうした方々は政治的な言動をされる。今のところ考えていない」とした。

 会見を受け、久間元防衛相の辞任直前、直接抗議した田上長崎市長は、「直接おわびしたいという思いの表れ」と一定の理解を示し、「被爆県選出の国会議員として核兵器廃絶に力を尽くしてほしい」と話した。

 一方、長崎原爆遺族会の下平作江会長は「今更謝られても心に響かない」。県被爆者手帳友の会の井原東洋一会長は「自民党の要職に就いて活動するため、とげを抜きたかったのでは」と冷ややか。被爆者団体のトップを「政治的な言動をする」とした発言に「なぜ長崎まで来て被爆者の感情を逆なでするのか」と批判した。
続きを読む

サラリーマン川柳とレジスタンス川柳

サラリーマン川柳は、いわゆるサラリーマンだけが投稿可能ではなく、ひろく募集されているが、20回をむかえたというのは、ある意味すごいことだ。■実は、そのとしのベストテンはともかくとして、年間1位作品というのは、あまり感心しないものがおおい。

続きを読む

従軍慰安婦問題、「軍が調達した事実はない」 石原知事(朝日)=いわゆる「従軍慰安婦」問題について24

■ひよこ氏と、「石原氏ネタで立脚点の比較ができるといいですね。■そのうち、また暴言がとびだすはずですんで(あの感覚は、一種のビョーキだとおもいます)、そのときにでも(笑)。」などと冗談めかしにいっていたものの、そのおなじ日にかくネタを提供してくれるとは、さすがに石原御大。期待どおりというより、想像をこえている(笑)。■『朝日』の記事から。

従軍慰安婦問題、
「軍が調達した事実はない」
 
石原知事
2007年05月18日10時37分(asahi.com)

 ニューヨークでの世界大都市気候変動サミットに参加している石原慎太郎・東京都知事は17日、日米交流団体「ジャパン・ソサエティー」の会合に出席し、従軍慰安婦問題について「軍が調達した事実はない」と述べた。

 講演後、報道陣に認識を問われた石原知事は「戦争中に軍がそういう女性たちを調達した事実はまったくありません。ただ、便乗して軍にそういうものを提供することを商売にした人間はいましたな」と答えた。

 米国では1月、米下院の与野党議員が首相の公式謝罪を求める決議案を提出、安倍首相が「狭義の強制性」を否定して反発が広がり、首相が従軍慰安婦に「申し訳ない気持ちでいっぱいだ」と述べるなど、関心事になっている。

 従軍慰安婦問題では93年、「慰安婦の募集は、軍の要請を受けた業者が主として当たり、官憲等が直接加担したこともあった」と、軍当局の関与を認める河野官房長官談話が発表されている。

続きを読む

増補版Wikipedia 泉陽興業

■ジェットコースター死傷事件のエキスポランドの背後にあるのは、おなじ山田三郎氏をいただく泉陽興業。■ウィキペディアから。

泉陽興業

泉陽興業株式会社(せんようこうぎょう)は大阪市に所在する、遊園地・リゾート施設の設備・企画・運営会社。 観覧車の建設に強いことで知られている。

山田三郎会長が兼務する関連会社のエキスポランドで発生した「エキスポランド風神雷神II 脱線事故」の製造、管理、運営責任を問われている。

概要
本社所在地
〒556-0016 大阪市浪速区元町1丁目8番15号(泉陽ビル)

関連会社
・泉陽機工株式会社 - 製造部門
・株式会社常陸サンライズパーク

企画・運営に関わった主な遊園地
エキスポランド山田三郎会長が兼務する関連会社)
石景山遊楽園
よこはまコスモワールド

問題視されている案件
・エキスポランド脱線事故の製造・管理責任。(運営責任はエキスポランド社)
・石景山遊楽園の著作権違反についてどの程度関与しているか。

計画のみの案件
・伊勢崎市の大観覧車設置

外部リンク
泉陽興業
続きを読む
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ