解剖 を含む記事

「きまりて」じゃあるまいし、集団リンチの致命傷を特定してどうするの(時津風部屋事件)

■いわゆる「変死」事件としての「時津風親方を立件へ 力士急死巡り傷害容疑 愛知県警(朝日)」「親方「バットはやめとけ」 力士死亡問題、暴行の兄弟子注意(中日)」「力士急死で検視怠る 愛知県警、病死と判断(朝日)」「愛知県警と犬山中央病院の言い分をタレながす地元メディア」「「当初から隠ぺい」は兄弟子たちだけじゃないはず」の続編。


急死力士の死因を再鑑定へ 
 大相撲の時津風部屋の序ノ口力士、時太山=当時(17)、本名斉藤俊(たかし)さん=が急死した問題で、愛知県警捜査一課と犬山署は死因について、新潟大の鑑定結果では傷害致死容疑の立証には不十分として、十八日までに名古屋大に再鑑定を依頼することを決めた。

 今週半ばに新潟大に保管されている遺体の臓器などを受け取り、あらためて名古屋大に依頼する。再鑑定の結果が出るまでには一カ月以上かかるといい、部屋関係者の年内の立件は厳しくなりそうだ。

 県警によると、斉藤さんは死亡前日の六月二十五日夜に兄弟子から金属バットなどで暴行されたが、翌二十六日には通常通り朝げいこに参加。その後のぶつかりげいこ後、意識不明になり死亡した。

 二十五-二十六日のどの時点の外傷が直接の死因になったかの判断が難しく、立件の壁になっているもようだ。
続きを読む

「当初から隠ぺい」は兄弟子たちだけじゃないはず

■いわゆる「変死」事件としての「時津風親方を立件へ 力士急死巡り傷害容疑 愛知県警(朝日)」「親方「バットはやめとけ」 力士死亡問題、暴行の兄弟子注意(中日)」「力士急死で検視怠る 愛知県警、病死と判断(朝日)」「愛知県警と犬山中央病院の言い分をタレながす地元メディア」の続編。

兄弟子ら、当初から隠ぺい 
力士死亡、救急に「けいこのけが」

2007年10月21日 09時00分

 大相撲時津風部屋の力士、斉藤俊さん=当時(17)、しこ名・時太山(ときたいざん)=が愛知県犬山市の同部屋宿舎で死亡した問題で、斉藤さんに暴行したとされる兄弟子らは事情聴取した警察官だけでなく、最初に宿舎に到着した救急隊員に対しても、斉藤さんの体の傷を「けいこ中のけが」と強調していたことが分かった。当初から暴行を意図的に隠そうとしたとみられる。救急隊は疑問を抱き、現場の状況から不審死と判断していた。

続きを読む

愛知県警と犬山中央病院の言い分をタレながす地元メディア

■いわゆる「変死」事件としての「時津風親方を立件へ 力士急死巡り傷害容疑 愛知県警(朝日)」「親方「バットはやめとけ」 力士死亡問題、暴行の兄弟子注意(中日)」「力士急死で検視怠る 愛知県警、病死と判断(朝日)」の続編。


力士死亡で愛知県警初動遅れ  
「病死」疑問も対応とれず
2007年10月17日 朝刊

 大相撲時津風部屋の序ノ口力士、斉藤俊(たかし)さん=当時(17)、しこ名・時太山(ときたいざん)=が死亡した問題で、愛知県警は初動の段階で事件性を見逃した。斉藤さんの遺体の写真は犬山署長も確認し、遺体の不審な点に気付きながらも事件性はないと判断。慎重な捜査に踏み込まなかった県警本部の対応も重なった。

 県警によると、斉藤さんは名古屋場所前の六月二十六日午前、犬山市の時津風部屋宿舎で、約三十分間のぶつかりげいこの後に倒れた。同日午後二時すぎ、犬山中央病院で死亡を確認後、傷やあざがあったにもかかわらず、犬山署刑事課員が事件性はないと判断。事件性がないのを前提に死因を特定する目的で行う「行政検視」を医師立ち会いの下で実施した。


続きを読む

力士急死で検視怠る 愛知県警、病死と判断(朝日)

■いわゆる不審死についての「死因」問題では、何度か記事をかいてきたが、今回は話題の力士急死問題。

力士急死で検視怠る 
愛知県警、病死と判断
2007年10月15日15時05分

 大相撲の序ノ口力士だった斉藤俊(たかし)さん(当時17)=しこ名・時太山=が名古屋場所前の6月26日、愛知県犬山市でけいこ後に急死した問題で、直後に遺体をみた犬山署が事件性は全くないと判断し、刑事訴訟法に定める司法検視をしていなかったことがわかった。また、遺体が運ばれた同市の犬山中央病院は死因を急性心不全と診断していたが、同署は虚血性心疾患と変更して発表していた。

 犬山市消防本部によると、斉藤さんは26日午後1時15分ごろ病院に運ばれたが、心肺停止状態だった。搬送中、犬山署に「労働災害の可能性あり。不審死の疑い」と連絡した。

 病院は脳に異常がみられず、心臓が肥大していたことなどから急性心不全と診断した。犬山署の事情聴取に、前時津風親方や兄弟子らは「激しいぶつかりげいこで倒れた」と説明。遺体の目視や診断した医師らからの聴取などから、同署は病死と判断し、県警本部に検視官の出動を要請せず、死体取扱規則に基づく死体見分調書しか作成していなかった。
続きを読む

親方「バットはやめとけ」 力士死亡問題、暴行の兄弟子注意(中日)

■「時津風親方を立件へ 力士急死巡り傷害容疑 愛知県警(朝日)」の続報。


親方「バットはやめとけ」 
力士死亡問題、暴行の兄弟子注意
2007年9月28日 朝刊

記者会見中、涙があふれる時太山(斉藤俊さん)の父
正人さん=27日午後、東京都千代田区で

affd932e.jpg
◆父親が会見で明かす
 大相撲序ノ口力士の斉藤俊さん=当時(17)、しこ名・時太山、新潟県出身=が名古屋場所前の六月末、愛知県犬山市の時津風部屋宿舎でけいこ中に急死した問題で、斉藤さんが亡くなる前に兄弟子たちから金属バットなどで殴られる暴行があり、時津風親方(57)=元小結双津竜=が「バットは、やめとけ」と注意していたことが分かった。

 愛知県警の調べに対し時津風親方らが暴行を認めたことが分かったのを受け、斉藤さんの父正人さん(50)が二十七日、東京都千代田区で記者会見を開き、明らかにした。

 暴行は斉藤さんがけいこ場を一時抜け出した六月二十五日から翌日にかけ、複数回あった。斉藤さんは翌日午前の「ぶつかりげいこ」で倒れた。

 正人さんによると、斉藤さんに対して通常のけいこ以上の暴行があったとの疑惑を週刊誌が報じた直後の八月上旬、時津風親方が新潟県の正人さん宅を訪れた。
続きを読む
記事検索
最新コメント
プロフィール

haranatakamasa

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ